Sinsy

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

Sinsy(しぃんしぃ、Singing Voice Synthesis System)は、名古屋工業大学で開発された歌声合成技術及び同技術を応用したボーカルシンセサイザー。メロディーのデータと歌詞を入力することで歌声を合成することができる。

概要[編集]

歌声を合成する同様の技術には他にもヤマハが開発したVOCALOIDアクエストAquesToneフリーウェアUTAUなどがある。

Sinsyは合成技術にHMM(Hidden Markov Model、隠れマルコフモデル)を採用しており、少ないメモリでも動作するのが特徴[1]。メロディーと歌詞の入力データにはMusicXMLというXMLベースの楽譜データを用いる。公式サイト上でシステムを公開しており、誰でも無料で利用可能。

現行では3種類の女性の日本語音声と、1種類の女性と1種類の男性の英語音声に対応している。

参考文献[編集]

  1. ^ 第429回:シンポジウム 「歌声情報処理最前線! 」レポート その2 ~オープンソースの歌声合成や、“オンチ補正”システムなど ~ - AV Watch

関連項目[編集]

外部リンク[編集]