CUL (VOCALO Revolution)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

CUL(カル)は、VOCALO Revolution(ボカロレボリューション)のキャラクター、およびその歌声として作られた音楽製作用のボーカル音源である。2011年1月放送のテレビ番組『VOCALO Revolution』にて3DCGモデルとして登場し、同年12月22日にインターネット社から、ヤマハが開発した歌唱用の音声合成技術VOCALOIDを採用したパソコン向けのボーカル音源「VOCALOID3 CUL」が発売された。

概要[編集]

CULは、2011年1月にボカロレボリューション製作委員会が製作し独立局6局でテレビ放送された、地上波初のVOCALOID専門番組『VOCALO Revolution』の番組オリジナルキャラクターとして登場した[1]。番組は、VOCALOIDを用いた作品をインターネット上で発表しているクリエイターのインタビューや、PVなどを取り上げたもので、その番組内で紹介する作品としてネットで既に発表されているPVだけでなく、何か新しい作品も作りたいという意向から、作品に使用するためのキャラクターとしてCULが生み出された[2]。CULの名称はカルチャー(Culture)からとられている[2]。キャラクターのビジュアルは3DCGモデル製作者のLatにより、番組プロデューサーのヒロトPと協議しながら、MikuMikuDance用の3DCGモデルとして作成された[2]。声については、2011年1月に行われた『VOCALO Revolution』の放送では、ビープラッツが発売していたキャラクター無しのVOCALOID「VY1」の声を当てていた[2]

「VY1」の歌声を使ったキャラクターとして登場したCULであるが、番組放送後、借り物でないCULの声が欲しいといった要望があったこともあり、CUL自身の声のVOCALOID用音源の制作が行われることになる[2]。製品の開発、製造販売は、インターネット社が担当している。ライブラリのベースとなる音声の提供者は、VOCALOIDに理解があり、声に特徴があるということから、声優の喜多村英梨を起用した[2]。推奨するテンポは40BPM〜200BPM、推奨する音域は F2〜E4。低音域から中・高音域まであらゆるジャンルをパワフルに歌いこなすとされる[3]。パッケージのキャラクターイラストは、番組に使用された落ち着いた雰囲気のデザインから、声にあわせたロックなイメージに描き直されており、ゴスパンク風の衣装となっている[4][5]

関連企画・商品[編集]

ボカロレボリューション製作委員会による企画[編集]

『VOCALO Revolution』
2011年1月にKBS京都サンテレビ千葉テレビテレビ神奈川三重テレビテレビ埼玉で放送され、CULが初めて登場したボカロレボリューション製作委員会製作のテレビ番組。CULの3DCGモデルが番組で紹介するPVに使用されたが、歌声については「VY1」を使用している。
『歌ウデイズ』
「キタエリ×CUL2.5次元写真集」と銘打った、CULと音声を担当した喜多村英梨による写真集[2]。「VOCALOID3 CUL」のアナザーストーリー[2]
拝啓、あなたはボーカロイドを知っていますか?
制作委員会代表幹事の北條俊正による、VOCALOIDを用いた作品を発表する女子高校生を主人公にVOCALOIDの文化を描いた小説[2]。小説独自の設定のVOCALOIDとしてCULが登場する。2012年5月発売。

主な音楽CD[編集]

CULが曲に使用されていることが明記された主な音楽CD。

タイトル アーティスト レーベル 発売日
V love 25〜Brave Heart〜 オムニバス BinaryMixx Records 2012年3月14日
坊歌ろいど 〜火の巻〜 オムニバス U-Rythmix records 2012年4月27日
世迷言ユニバース ゆうゆ 日本クラウン 2012年5月23日

KARENTによる音楽配信[編集]

クリプトン・フューチャー・メディアのレーベル「KARENT」により、iTunes Storeなどの音楽配信サイトから、「CUL」の名前が明記された楽曲を収録し販売されているアルバム。

タイトル アーティスト リリース日
Muse otetsu 2012年2月27日
YELL -Bitter & Sweet- キセノンP 2013年2月4日

脚注[編集]

  1. ^ “地上波初のボカロ番組 テレビ神奈川などで来年1月に”. ITmedia. (2010年12月8日). http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1012/08/news075.html 2013年2月6日閲覧。 
  2. ^ a b c d e f g h i 『ボカロ Plus vol.3』 徳間書店、2012年、31-43頁。ISBN 978-4197203451
  3. ^ 『VOCALOIDをたのしもう Vol.8』 ヤマハミュージックメディア、2012年、15頁。ISBN 978-4636885538
  4. ^ 『ボカロ Plus vol.4』 徳間書店、2012年、36-37頁。ISBN 978-4197203482
  5. ^ 『VOCALOIDをたのしもう Vol.8』 ヤマハミュージックメディア、2012年、49頁。ISBN 978-4636885538

関連項目[編集]

外部リンク[編集]