Lily (音声合成ソフトウェア)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

Lily(リリィ)はインターネットより発売されている音楽製作用のボーカル音源の名称、および同製品に用いられているキャラクターの名称である。音楽グループm.o.v.eのボーカルyuriの声を録音し作成された歌声ライブラリを収録しており、メロディと歌詞を入力することでパソコン上でyuriの声をもとにした歌声を合成することが出来る。

製品[編集]

ヤマハの開発した歌声合成技術VOCALOIDに対応したボーカル音源で、VOCALOID2エンジン対応の製品が2010年8月25日に、VOCALOID3エンジン対応の製品が2012年4月19日に発売された。推奨するテンポは90BPM〜180BPM、推奨する音域はVOCALOID2版はD2からD4、VOCALOID3版はD2からG4。

本製品のパッケージには製品名と同じLilyという名前の女性キャラクターのイラストが用いられている。Lilyは元々エイベックス・マネジメント所属の音楽グループm.o.v.eが2009年8月19日に発売したアニメソングカバーアルバム『anim.o.v.e 01』の企画で作られたキャラクターである[1]。アルバムのジャケットに描かれているキャラクターLilyの「声優」をyuriが務めている、という形となっている[1]。キャラクターデザインは初音ミクなど、クリプトン・フューチャー・メディアキャラクター・ボーカル・シリーズのデザインを手がけたKEIが担当した。本来はVOCALOIDの製品企画とは無関係に作られたキャラクターであった。

yuriの声をサンプリングし収録したVOCALOID、Lilyの企画は『anim.o.v.e 01』制作の際にKEIと出会ったこと[1]、m.o.v.eメンバーのmotsuが元々VOCALOIDを使用していたことが影響して生まれたものだという[2]。VOCALOIDを発売することによるm.o.v.eの宣伝としての効果も期待された[2]。VOCALOID2版は、歌声を収録したライブラリをインターネットではなくエイベックスとヤマハが開発し、販路とユーザーサポートをインターネットが担当する形で、2010年8月25日に発売された[2]。そのため、インターネット製のライブラリとは目指す方向性が異なり、人間的らしさではく合成音声的な声を追求したライブラリとなっている[3]。インターネットがこれ以前に発売したがくっぽいどMegpoidの2製品は歌声の提供者の声で歌う製品でアーティストボーカルと銘打っているが、本製品はキャラクターのLilyが先にあってそのキャラクターの声で歌うことをコンセプトとしており[1]、ボーカロイドアーティストとされている。

2012年4月19日に発売されたVOCALOID3版のライブラリでは開発をインターネットが行った[3]。パッケージには、VOCALOID2版の合成音背的な方向性の声を再現したライブラリと、新しく録音しなおされた歌声を元に、人間らしさを追求しつつyuriの声の再現を目指し作られたライブラリの2種類を収録している[3][4]

キャラクターについては「キャラクター使用に関するガイドライン[5]」に基づき二次創作物の公開、配布が許諾されている[6]。クリプトン・フューチャー・メディアの運営する投稿サイト「ピアプロ」への投稿も可能[2]

関連商品[編集]

m.o.v.e関連[編集]

anim.o.v.e 01』(avex tune、2009年8月19日発売)
m.o.v.eのアニメソングカバーアルバム。キャラクターLilyが最初に登場した[1]
『anim.o.v.e 02』(avex tune、2010年8月25日発売)
VOCALOIDのLilyと同時発売されたm.o.v.eのアニメソングカバーアルバム。m.o.v.eによるカバーだけでなくLilyをボーカルに用いたカバーも収録されている[7]。Lilyの体験版、リリィシーケンサー、Lilyの登場するKEI描き下ろしの16P 読み切りコミック「Schwarzgazer」を同梱[7]
『anim.o.v.e 03』(avex tune、2011年9月7日発売)
m.o.v.eのアニメソングカバーアルバム第3弾。Lilyによる歌は収録されていないが、ジャケットにLilyのキャラクターイラストが用いられている。

その他の主な音楽CD[編集]

Lily曲に使用されていることが明記された主なCD。

タイトル アーティスト レーベル 発売日
DJ Lily Presents SUPER VOCALOID オムニバス avex tune 2011年4月27日
Lilyをボーカルに用いた曲をはじめとするVOCALOID関連楽曲のノンストップリミックス・アルバム。LilyがDJとなり、選曲やリミックスを担当したという設定[8]
THE VOCALOID produced by Yamaha オムニバス VOCALOID RECORDS 2011年9月14日
VOCALOID3 meets TRF VRF avex trax 2013年3月27日

KarenTによる音楽配信[編集]

クリプトン・フューチャー・メディアのレーベル「KarenT」により、iTunes Storeなどの音楽配信サイトから、「Lily」の名前が明記された楽曲を収録し販売されているアルバム。

タイトル アーティスト リリース日
キミノ・・・/SAKURA AVTechNO! 2010年9月8日
Progressive Android YS 2011年2月23日
Turn Back Time shu-t 2012年8月1日

書籍[編集]

悪ノ娘」ノベルシリーズ(作:悪ノP(mothy)、出版:PHP研究所
悪ノP(mothy)が鏡音リン・レンを用いて発表した「悪ノ娘」をはじめとする楽曲の小説化。2010年8月から2012年3月にかけて全4巻が発売された。Lilyをモデルにしたキャラクター「リリアンヌ=ムーシェ」が登場する。
桜ノ雨(原作・原案:halyosy、著:藤田遼、スタジオ・ハードデラックス、出版:PHP研究所)
halyosy(森晴義)が初音ミクを用いて発表した曲「桜ノ雨」の小説化。Lilyをモデルにしたキャラクター「友梨」が登場する。2012年2月発売。
悪ノ大罪 ヴェノマニア公の狂気(作:悪ノP(mothy)、出版:PHP研究所)
悪ノP(mothy)が神威がくぽ等を用いて発表した楽曲「ヴェノマニア公の狂気」を元にした小説。Lilyをモデルにしたキャラクター「リリエン=ターナ」が登場する。2012年12月に発売。
ミスルトウ(箸:ひとしずくP、出版社:booklista(電子書籍)・一迅社)
ひとしずくPとやま△が鏡音リン・レンを用いて発表された楽曲「ミスルトウ~魂の宿り木~」「ミスルトウ~転生の宿り木~」を元にした小説。Lilyをモデルにしたキャラクター「リリィ」が登場する。楽曲を収録したアルバムCDの初回限定ノベル同梱盤に付属した小説だったが、後に電子書籍として単独で2016年2月に発売、これの続編が紙媒体で2016年3月発売。

フィギュア[編集]

ねんどろいど Lily(グッドスマイルカンパニー
2013年3月29日発売。デフォルメフィギュア。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 「8月25日anime.o.v.e 02と同時発売 新VOCALOID「Lily」発売決定」、『DTM magazine』(通号 199)2010.8、寺島情報企画、 13頁。
  2. ^ a b c d “「頭文字D」歌手がなぜボーカロイドに? 「Lily」発売元に聞く”. ASCII.jp (アスキー・メディアワークス). (2010年8月7日). http://ascii.jp/elem/000/000/538/538213/ 2010年8月25日閲覧。 
  3. ^ a b c 『ボカロplus vol.5』 徳間書店2012年、122-125頁。ISBN 978-4197203505
  4. ^ “インターネット、YAMAHAが開発した最新の歌声合成エンジン“VOCALOID3”専用の歌声ライブラリ「VOCALOID3 Lily」を発売!”. mu-mo エンタメニュース. (2012年3月16日). オリジナル2012年3月17日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120317144340/http://news.mu-mo.net/view/21504 2012年3月16日閲覧。 
  5. ^ VOCALOIDシリーズ キャラクター使用に関するガイドライン”. 製品案内. 株式会社インターネット. 2015年9月22日閲覧。
  6. ^ “ニコニコ静画で「VOCALOID2 Lily」が当たる「イラスト描いてみた」コンテスト開催”. BARKS (ITmedia). (2010年7月29日). http://www.barks.jp/gakki/news/?id=1000063051 2010年8月25日閲覧。 
  7. ^ a b “アニソンカヴァー集『anim.o.v.e 02』と「VOCALOID2 Lily」が同時発売!”. リッスンジャパン. (2010年8月16日). http://listen.jp/store/musicnews_30560_all.htm 2010年8月25日閲覧。 
  8. ^ “DJ Lily : 人気ボカロ楽曲をノンストップミックス化 アルバム発売”. まんたんウェブ (毎日新聞デジタル). (2011年4月21日). オリジナル2011年4月26日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20110426081329/http://mantan-web.jp/2011/04/21/20110421dog00m200059000c.html 2011年4月27日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]