SeeU

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
SV01 시유(SeeU)
開発元 SBS A&T
初版 韓国 2011年10月21日
日本 2011年12月16日
対応OS Windows XP/Vista/7
対応言語 韓国語, 日本語
種別 音声合成, DTM
公式サイト ヤマハ社の公式サイト
テンプレートを表示

SeeU(시유、シユ)はSBS A&Tが製作した、ヤマハのボーカル音声合成ソフトウェアVOCALOID3をベースにしたソフトウェア、およびそのキャラクターである。VOCALOID3の製品であり、最初の韓国語VOCALOIDである。

概要[編集]

SBS A&TソフトウェアVOCALOID SVシリーズ第一弾で、ヤマハ音声合成エンジンVOCALOID3を採用して製作された。韓国語日本語の両方をサポートする。韓国語ライブラリでは簡単な英語もサポートしている[1]。声のデータベースは「キム・ダヒ」(女性アイドルグループGlam)[2]の声を採用している。キャラクターデザインは、2011年8月30日に初めて公開され、 イラストは有名女性イラストレーター 「KKUEM」が担当した。

日本語ライブラリの発音は、変な部分もあるが可愛いとの評判を受けた。(日本語の母音を表現するために子音が調整されているが、イントネーションに韓国語っぽさが出てしまった。)(日本語ライブラリで「る」の音を発音させると、韓国語とは異なる日本語のuの発音と可愛さが強調されているため、GEN(性別転換)を使って調質しなければならないほどであった。)

韓国語ライブラリに関しては、初め韓国語の発音が不自然なことについて批判があった。(特に終声規則に関する問題で、韓国語を韓国語として発音できない現象があった。(「가」が「카」または「까」の音になるところで「가」としてしまうなど)(韓国語ライブラリは英語用の特殊な発音を備えているが、韓国語の発音より優れている場合もあり、それによってカバーするなどされた。)

また、韓国ではDTMマニアが日本ほど多くいなかったため、韓国での売り上げは低迷した。SeeUが「SBS人気歌謡」に登場した際には、賛否両論であった[3]

2014年9月2日に、SeeUの声提供者のキム・ダヒが、イ・ジヨンと共にイ・ビョンホンを脅迫した疑いがあるとして、警察に逮捕された。2015年1月15日、キム・ダヒとイ・ジヨンに、この疑いに対して懲役1年の判決が下された[4]。この影響で、開発予定であったSeeUの改善版(仮名称「SeeUアペンド」)の開発が中止となった。

公式キャラクタープロフィール[編集]

  • 名前: SV01 시유(SeeU)
  • 年齢: 17歳
  • 身長: 159cm
  • 体重: 44.5kg
  • 得意とするジャンル: K-POP、バラードポップ
  • 得意とする音域: C3~C5
  • 得意とするテンポ: 60~170BPM
  • 公式男性版: 지유(ZeeU)
  • 非公式男性版: 시우(SeeWoo)

[編集]

韓国語テーマ曲[編集]

  1. RUN
  2. 죽어도 못 보내(死んでも離さない) (Remix)[5]
  3. Shining Star
  4. I=Fantasy
  5. 우산(雨傘)

日本語テーマ曲[編集]

  1. 願いを込めて
  2. 明日を向いて
  3. Mission (日本語バージョン)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ SBSアートテックのころの公式サイトには、韓国語ライブラリでは一部英語をサポートすると表記されていた。
  2. ^ OSEN2011-06-09
  3. ^ “글램 무대에 오른 보컬로이드 시유는 누구?”. 마이데일리. (2012年7月23日). http://www.mydaily.co.kr/new_yk/html/read.php?newsid=201207231203241131 
  4. ^ “'이병헌 협박사건' 이지연 징역 1년2월, 다희 징역 1년”. (2015年1月15日). http://www.tvreport.co.kr/?c=news&m=newsview&idx=639036 
  5. ^ アイドルグループ2AMの「死んでも離さない」のリメイクである。

外部リンク[編集]