SONIKA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
SONIKA
開発元 ZERO-G
対応OS Windows XPVista
使用エンジン VOCALOID2
種別 音声合成DTM
ボーカルシンセサイザー(歌唱合成)
公式サイト Sonika-Vocaloid by Zero-G
テンプレートを表示

SONIKA(ソニカ)は、イギリスのZERO-Gから発売されている英語用の音声合成デスクトップミュージック(DTM)ソフトウェアである。メロディと歌詞を入力することでパソコン上で歌声を合成することが出来る。発売は2009年7月15日[1]。日本国内の販売はクリプトン・フューチャー・メディアが行っており、2009年8月7日に発売された[2]

製品[編集]

SONIKAはヤマハの開発した人の歌声をサンプリングしたライブラリを用いて歌声を合成する音声合成システム「VOCALOID2」を使用した英語用の女声ボーカル音源である。甘く澄んだ(sweet and pure)[3]声が特徴とされ、サンプリング音声には「歌手」や「声優」ではない人物を起用しているという[4]。製品名は「sonic」(音響)に由来し、それにヨーロッパ女性の名前に多い「a」を付けている[5]

SONIKAは、それまでのZERO-GのVOCALOID製品の硬派な路線とは異なり、皆が楽しめるようなVOCALOIDというコンセプトで企画された[5]。パッケージはLEON、LOLAといった先に発売された同社製のVOCALOID製品では人格を想起させないデザイン[6]となっていたがSONIKAには少女のキャラクター画像が使われており、クリプトン・フューチャー・メディアキャラクター・ボーカル・シリーズからの影響をうかがわせるものとなっている[7]。キャラクターとしてのプロフィールも設定されており、またTwitterのアカウントも所持、SONIKAとして雑誌インタビューに応じたこともある。

製品パッケージのデザインは2009年7月の販売当初のものと、発売後変更されたものが存在する。また、台湾での発売のためパッケージではオリジナルのキャラクターイラストが用いられる[8]。製品名の表記は初代の製品パッケージでは一文字だけ小文字のSONiKAとなっているが、2代目の製品パッケージでは頭文字のみ大文字のSonika、公式サイトやZERO-G社の紹介コーナーでもSonikaや全て大文字のSONIKAといった表記も使われており統一はされていない。

キャラクター[編集]

キャラクターの容姿はパッケージでは緑色の髪に黄色い服を着た物であるが初代のパッケージと新しいパッケージでは髪型、服装、絵柄などが異なりまたその他にも髪の色や服の異なるイラストも存在する[5]。左腕には日本語で「ソニカ」のタトゥーが書かれており、これはイギリスで日本語や中国語のタトゥーが流行しているためだという[5]

SONIKAの紹介サイト[3]には以下のようなプロフィールが記載されている。

  • 年齢:17
  • 身長:167cm
  • 体重:58Kg

またDTMマガジン2009年9月号で行われたバーチャルインタビュー[5]によると生まれはリバプールの近くで誕生日は1992年5月1日、好きな食べ物は和食ではマグロ刺身、洋食ではハッシュドビーフ、音楽はジョン・レノンが好きでAC/DCもよく聴き日本の歌手では林原めぐみが好きだという。持たせてほしいアイテムとして赤いモンキーレンチを指定している。ZERO-Gの担当者はSONIKAの人柄について「彼女は大胆で、ハッピーで、皆を幸せにしたいと願っている」[5]と説明している。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “Zero-G shipping Vocaloid Sonika” (英語). rekkerd.org. (2009年7月15日). http://rekkerd.org/zero-g-shipping-vocaloid-sonika/ 2010年7月13日閲覧。 
  2. ^ 大類洋輔 (2009年8月7日). “クリプトン、“英語で歌う”バーチャル歌手「SONIKA」”. Impress Watch (インプレス). http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20090807_307870.html 2009年11月10日閲覧。 
  3. ^ a b Welcome to the world of Sonika” (英語). Sonika-Vocaloid by Zero-G. 2009年11月10日閲覧。
  4. ^ Zero-G、Vocaloid音源「Vocaloid Sonika」を発売! - MusicMaster.jp ~音楽制作ニュース&ポッドキャストポータルサイト~ News” (日本語). MusicMaster,inc. 2009年11月10日閲覧。
  5. ^ a b c d e f 「英国産歌姫「SONIKA」」、『DTM magazine』第2009.9号、寺島情報企画、 49項。
  6. ^ 増田聡 「データベース、パクリ、初音ミク」『思想地図. v.1』特集・日本、東浩紀北田暁大編、日本放送出版協会2008年、172頁。ISBN 978-4-14-009340-5
  7. ^ “次のVOCALOIDは、キュートにガールズ・ポップを歌い上げるリードシンガー「SONIKA」”. BARKS (ITmedia). (2009年8月10日). http://www.barks.jp/gakki/news/?id=1000051872 2009年11月10日閲覧。 
  8. ^ 『ボカロ Plus vol.2』 徳間書店、2011年、21頁。ISBN 978-4197203437

関連項目[編集]

外部リンク[編集]