思想地図

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

思想地図』(しそうちず)は、日本で刊行された思想誌。第1期(2008年から2010年まで)はNHK出版から、第2期『思想地図β』(しそうちずベータ、2010年から)は株式会社ゲンロン[1]から刊行されている。

概要[編集]

第1期は東浩紀北田暁大が編集を務め、2008年4月に創刊されNHK出版から刊行された。

2007年1月にNHKブックスより刊行された東浩紀と北田暁大の対談本『東京から考える―格差・郊外・ナショナリズム』が出発点となり、その2人が編集を務める形で2008年4月に創刊された。

刊行前から論文の募集を行い、若手の論客の論文を多く載せている。3号より東と北田のどちらかが編集を務める方式に移行し、3号・4号は東浩紀が、5号は北田暁大が責任編集を務めた。

これを引き継ぐ形で、第2期を出版するために合同会社コンテクチュアズを設立し、2010年12月に『思想地図β』(不定期刊)として新創刊され、2012年4月1日からは株式会社ゲンロンに社名を変更して刊行している。

刊行リスト(第1期)[編集]

すべて、NHK出版よりNHKブックス別巻として刊行。

東浩紀・北田暁大 編集
東浩紀 編集
北田暁大 編集

刊行リスト(第2期)[編集]

歌川国芳作『東都三ツ股の図』(「思想地図βVol.3」の表紙に使われている。)

Vol.1、2は合同会社コンテクチュアズ、Vol.3以降は株式会社ゲンロンから刊行。

『思想地図β』としての刊行はVol.4の2冊をもって終了し、今後は新・批評誌『ゲンロン』(2015年10月から刊行予定)が継承する。[2]

関連シンポジウム[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]