MEIKO

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
MEIKO
開発元 クリプトン・フューチャー・メディア
対応OS Windows XP/2000(XPを推奨)
種別 音声合成DTM
ボーカルシンセサイザー(歌唱合成)
公式サイト クリプトン | MEIKO(音楽ソフトウエア)
テンプレートを表示

MEIKO(めいこ)とはクリプトン・フューチャー・メディアが販売している音声合成デスクトップミュージック(DTM)ソフトウェアである。2004年11月5日発売[1]

製品概要[編集]

クリプトン・フューチャー・メディアが開発販売しているボーカル音源の一つで、ヤマハの開発した音声合成エンジン「VOCALOID(ボーカロイド)」を採用した初めての日本語版ソフトである。シンガーソングライター拝郷メイコ[注 1]の音声を素材として歌声をデータベース化、音階歌詞を入力することで、ボーカルパートやバックコーラスを作成することが出来る。適する音楽ジャンルなどは特に明示されておらずポップス、ロック、ジャズ、R&B、童謡まで幅広く歌いこなすとされている[2]。MEIKOの名前は音声を担当した拝郷メイコの名前から取られた[3]

2014年2月4日には、VOCALOID3に対応した「MEIKO V3」が発売された[4]

パッケージイラスト[編集]

MEIKOのパッケージにはマイクを握った女の子のアニメ風の絵が描かれている[3][5][6][注 2]。バーチャルインストゥルメント(仮想楽器)のパッケージにはそのソフトが再現する楽器のイメージが描かれるのが一般的であった[3]。先行して発売されていた英ZERO-G社製VOCALOIDのLEONとLOLAでは唇のリアルな画像が描かれていた。MEIKOでは当初マイクのイラストが候補として挙がっていたという[5]。しかしDTM未経験者も興味を持ちやすいようにとの考えから、マイクの案は破棄され「歌っている人格」をアピールするためMEIKOの名前をイメージした女の子のイラストを採用することになった。イラストについては、動きがあり躍動感やリズムを感じさせることにこだわったという[3]。なお、このパッケージイラストを手がけたのは、プロの漫画家イラストレーターではなく、クリプトンの社員である[8]。なお、MEIKO V3のイラストは、初音ミク V3のイラストを手がけたiXimaが担当している。なお初代MEIKOとは若干ながらも一部装飾品が変更されている(ネックレスブレスレットの追加など。ただし初代ともKAITO以降にあるヘッドセットマイクは無い)。

このパッケージイラストは同ソフトヒットの一因とされ[6]、キャラクターイラストの使用という路線は後のCVシリーズなどの同社製VOCALOIDにも引き継がれている。

なおパッケージイラストについてはキャラクター化を意図したものではなかったが[9]、2009年6月に発表された同社製品のキャラクターの利用についての規約「ピアプロ・キャラクター・ライセンス」においてはMEIKOもキャラクターとして扱われるようになっている[10]。キャラクターの利用についてはピアプロ#キャラクターのライセンスを参照。

反響[編集]

発売~2006年[編集]

肉声と比べればまだまだ不自然さの残るMEIKOの歌声に対し業界の反応は良くはなかったが[11]特別な設備も人脈も必要なく個人のパソコンのみで女性ボーカルが作成できることからアマチュアDTM愛好家の支持を得[12]、1000本売れればヒットとされるバーチャルイスントゥルメント市場にあって初年度だけで約3000本もの売り上げを記録した[11]。DTM専門誌DTMマガジンでは2005年3月号よりMEIKOを使いこなすための連載記事が組まれた他、当時の読者投稿コーナー「超★極辛道場」にもMEIKOを使用した投稿作品が多数寄せられ2005年7月号ではMEIKOのモデルの拝郷メイコ本人がこのコーナーのオーディオ番組にゲスト出演をした。2006年にはMEIKOを使った楽曲のコンテストも行われ[13]、コンテストの優秀作品については拝郷メイコによるレコーディングが行われている。しかし音楽製作ソフトとしては異例のヒットを遂げたMEIKOではあったが当時はアマチュアDTM愛好家の間での話題性に留まり[12]、広く知られることはなかった。

2007年以降[編集]

2007年の半ば、すでに廃れていたはずのMEIKOの売れ行きが伸び始めた[11]。当時急速にユーザー数を増やしていた動画投稿サイトニコニコ動画にMEIKOで作成された歌唱を使用した動画が投稿され、人気を集めていた[14]。更に同年8月31日、MEIKOと同じクリプトン・フューチャー・メディアからVOCALOIDの後継であるVOCALOID2を使用したキャラクター・ボーカル・シリーズの第1弾初音ミクが発売されると初音ミクを使用した動画もニコニコ動画へ投稿されそれをきっかけに初音ミクはMEIKOを凌ぐ大ヒットを記録、MEIKOを含むVOCALOIDシリーズの存在はDTM愛好家以外にも広く知られるようになった。

初音ミクをはじめとするキャラクター・ボーカル・シリーズはキャラクターが歌うというイメージを前面に押し出した商品である。初音ミクのキャラクターとしての人気が高まるにつれ元々キャラクター商品ではなかったMEIKOをもまた「初音ミクの関連キャラクター」として受容されるようになり[15]、キャラクターとしての人気を広げた。

2007年以降、MEIKOを用いて作成されたオリジナル曲やカバー曲、パッケージのキャラクターを用いたPVなどが多数制作されニコニコ動画などに投稿されている。また、2007年9月にニコニコ動画に投稿されたワンカップPによる動画「初音ミクが来ないのでまだスネています」でMEIKOで歌わせた「ワンカップを一気飲み 明日は届くといいな」という歌詞をきっかけに酒好きというイメージが広まり[16]、2011年に発売されたMEIKOのフィギュアにも、一升瓶にワンカップ、グラスなどの小物を付属させるといった形で取り入れられている[17]

メディアミックス[編集]

主な音楽CD[編集]

収録曲のアーティスト名の中にMEIKOの名前が明記されている音楽CD。

タイトル アーティスト レーベル 発売日
Vocalostar オムニバス EXIT TUNES 2009年6月17日
Vocalogenesis オムニバス EXIT TUNES 2010年5月19日
初音ミク -Project DIVA- 2nd
NONSTOP MIX COLLECTION
オムニバス ソニー・ミュージックダイレクト 2010年7月28日
Vocaloanthems オムニバス EXIT TUNES 2010年9月15日
Cinnamon Philosophy OSTER project feat.初音ミク 5pb.Records 2010年10月27日
悪ノ王国 〜Evils Kingdom〜 mothy_悪ノP feat.鏡音リン、鏡音レン EXIT TUNES 2010年12月22日
Vocalonexus オムニバス EXIT TUNES 2011年1月19日
VOCALO LOVERS オムニバス ドリーミュージック 2011年3月2日
カラフル×メロディ ちーむMOER feat.初音ミク&鏡音リン MOER 2011年3月9日
Vocalonation オムニバス EXIT TUNES 2011年7月6日
THE VOCALOID produced by Yamaha オムニバス VOCALOID RECORDS 2011年9月14日
Vocalocluster オムニバス EXIT TUNES 2011年10月19日
初音ミク-Project DIVA- extend
Complete Collection
オムニバス ソニー・ミュージックダイレクト 2011年11月9日
Vocalodream オムニバス EXIT TUNES 2012年1月18日
OSTERさんのベスト OSTER project feat.初音ミク dmARTS 2012年1月18日
花楽里漫葉集 オムニバス HPQ 2012年4月25日
V love 25〜cantabile〜 オムニバス BinaryMixx Records 2012年6月13日
V love 25〜Desire〜 オムニバス BinaryMixx Records 2012年9月19日
V Love 25 〜Exclamation〜 オムニバス BinaryMixx Records 2013年1月9日
Vocalosensation オムニバス EXIT TUNES 2013年2月20日
初音ミク -Project DIVA- F Complete Collection オムニバス ソニー・ミュージックダイレクト 2013年3月6日

KarenTによる配信[編集]

以下はクリプトン・フューチャー・メディアのレーベル「KarenT」によりiTunes StoreAmazonMP3、moraなどで販売されている、MEIKOを用いた楽曲が収録されているアルバム。

タイトル アーティスト リリース日
春告草 稲敷常州 2009年5月22日
忘却心中 OPA
15 a.m ゴゼン
Various Feelings "shu-t's Works" shu-t 2009年5月29日
Evils Theater mothy 2009年6月17日
Lovely Diva MineK 2009年7月22日
スズメノナミダ 虹原ぺぺろん 2009年11月5日
Feel so easily MineK
Electric Intoxication BingoBongoP
Hello,Beautiful Days ゴゼン
夏の迷路 オレジナルP
空切りシザーズ ~ Dear★Super☆Star OPA
はつゆき◇リマインド negoto a.k.a. ドッP
糸竹 稲敷常州
ピエロプレイ No.D
in the BOX shu-t
AIMS shu-t 2010年5月4日
坂の町と雨 稲敷常州 2010年6月9日
Dancing Love MineK 2010年7月31日
あなたのいる場所 -Important Place- shu-t 2010年8月31日
言の葉の姫 稲敷常州 2010年11月5日
Fragments shu-t
残光 ゴゼン
鉄の華 Maharo
Spirit and Love MineK
Snow by snow 0-9
E.O.S. shu-t 2011年3月18日
壊セ壊セ E.L.V.N 2011年5月18日
Lovely Diva MineK 2011年6月1日
Make up Love MineK
FILL e TUA hinayukki@仕事してP 2011年6月22日
EVILS COURT mothy 2011年9月2日
遠い花火 稲敷常州 2011年11月4日
Passing Season shu-t
ARTEMIS みじぴんP
Script Imager MineK
百代連理 Maharo
美しき代謝 0-9
Winter notes みじぴんP 2012年1月19日
Too much Love MineK 2012年3月28日
Stay with me shu-t 2012年10月3日
きとんて〜る☆ -コネコノキモチ- 斜め上P 2012年10月5日
ドリィムメルティックハロウィン マチゲリータ 2012年10月31日
比賽 稲敷常州 2012年11月5日
WISH shu-t
Sing Your Song! ゴゼン
Real Love Part2 MineK
約束の扉 hinayukki@仕事してP
月下の廻廊 みじぴんP
生命の讃歌 OPA
バラ色の夜明け OPA

漫画・書籍[編集]

はちゅねミクの日常 ろいぱら!
初音ミクのデフォルメキャラクター、はちゅねミクを主人公にしたおんたまによる4コマ漫画。MEIKOをモデルにした[18]メィコというキャラクターが登場する。月刊コンプエース2008年2月号より連載。
初音ミクMIXING BOX(講談社
2008年9月25日発売。クリプトン・フューチャー・メディアの運営する投稿サイト「ピアプロ」で公募された楽曲やイラスト等の作品を収録しており、MEIKOを用いた作品も収録されている。
悪ノ娘」ノベルシリーズ(作:悪ノP(mothy)、出版:PHP研究所
悪ノP(mothy)が鏡音リン・レンを用いて発表した「悪ノ娘」をはじめとする楽曲の小説化。2010年8月から2012年3月にかけて全4巻が発売された。MEIKOをモデルにしたキャラクター「ジェルメイヌ=アヴァドニア」が登場する。
悪ノ召使(漫画:猫山宮緒、原案:mothy_悪ノP、出版:ジャイブ
悪ノP(mothy)が鏡音リン・レンを用いて発表した楽曲の漫画化。VOCALOIDをモデルにしたキャラクターが登場する。「月刊コミックラッシュ」2010年11月号より連載。
週刊 はじめての初音ミク(作:林健太郎、出版:集英社
週刊ヤングジャンプ』2010年40号より連載のギャグ4コマ漫画で、MEIKOも登場する。
ちびミクさん(作:みなみ、出版:マイクロマガジン社
初音ミクをデフォルメした「ちびミク」を主人公とする4コマ漫画で、MEIKOも登場する。連載はWEB上で行われ、2011年9月にコミック第1巻が発売された。
桜ノ雨(原作・原案:halyosy、著:藤田遼、スタジオ・ハードデラックス、出版:PHP研究所)
halyosy(森晴義)が初音ミクを用いて発表した曲「桜ノ雨」の小説化。MEIKOをモデルにしたキャラクター「芽依子」が登場する。2012年3月に発売。
囚人と紙飛行機(作:猫口眠@囚人P、出版:PHP研究所)
猫口眠@囚人Pが鏡音リン・レンを用いて発表した曲「囚人」および「紙飛行機」の小説化。MEIKOをモデルにしたキャラクター「メイカ・ファロウス」が登場する。2012年5月に発売。
秘密警察(原作:ぶりる、著:石沢克宜、出版:PHP研究所)
ぶりるが初音ミクを用いて発表した楽曲「秘密警察」を元にした小説。MEIKOをモデルにしたキャラクター「メイコ」が登場する。2012年11月に発売。
悪ノ大罪 ヴェノマニア公の狂気(作:悪ノP(mothy)、出版:PHP研究所)
悪ノP(mothy)が神威がくぽ等を用いて発表した楽曲「ヴェノマニア公の狂気」を元にした小説。MEIKOをモデルにしたキャラクター「メイリス=ベルゼニア 」が登場する。2012年12月に発売。
千本桜(原作:黒うさP/WhiteFlame、著:一斗まる、出版:アスキー・メディアワークス
黒うさPが初音ミクを用いて発表した楽曲「千本桜」を元にした小説。MEIKOをモデルにしたキャラクター「紅音鳴子」が登場する。2013年3月~2015年3月までに3巻まで発売。 KADOKAWA/アスキー・メディアワークスの『MIKU-Pack』で漫画が連載されている。
悪ノ大罪 悪食娘コンチータ(作:悪ノP(mothy)、出版:PHP研究所)
悪ノP(mothy)がMEIKOと鏡音リン・レン等を用いて発表した楽曲「悪食娘コンチータ」を元にした小説。MEIKOをモデルにしたキャラクター「バニカ=コンチータ」が登場する。2013年9月に発売。
東京電脳探偵団(原作:Polyphonic Branch、著:石沢克宜、イラスト:MONO、出版:PHP研究所)
PolyphonicBranchが初音ミク等を用いて発表した楽曲「東京電脳探偵団」を元にした小説。MEIKOをモデルにしたキャラクターが登場する。2013年10月に発売。
誰でもいいから付き合いたい(原作:卓球少年、作画:夢乃ハルカ、出版:PHP研究所)
卓球少年が鏡音レンを用いて発表した楽曲「誰でもいいから付き合いたい」を元にした漫画。MEIKOをモデルにしたキャラクターが登場する。2014年4月発売。
メランコリック(原作:Junky、著:ココロ直、出版:PHP研究所)
Junkyが鏡音リンを用いて発表した楽曲「メランコリック」を元にした小説。MEIKOをモデルにしたキャラクターが登場する。2014年5月発売。2011年11月よりKADOKAWA/アスキー・メディアワークスの『MIKU-Pack』で漫画が連載されている。
Bad∞End∞Night(原作・著:ひとしずくP、出版:一迅社)
ひとしずくPが初音ミク・鏡音リン・鏡音レン・巡音ルカ・KAITO・MEIKO・GUMI・神威がくぽを用いて発表された楽曲「Bad ∞ End ∞ Night」を元にした小説。MEIKOをモデルにしたキャラクターが登場する。2014年11月発売。
Alice in Musicland(原作:OSTER project、著:狐塚冬里、出版:PHP研究所)
OSTER projectが初音ミクAppend・鏡音リン・鏡音レン・巡音ルカ・KAITO・MEIKOを用いて発表された楽曲「Alice in Musicland」を元にした小説。MEIKOをモデルにしたキャラクターが登場する。2015年3月発売。
からくり卍ばーすと(作:ひとしずくP、出版:PHP研究所)
ひとしずくPが鏡音リンAppend・レンAppendを用いて発表した曲「からくり卍ばーすと」の小説化。MEIKOをモデルにしたキャラクターが登場する。上巻が2015年11月、下巻が12月に発売。
恋色病棟 OSTER project コミックコレクション(原曲:OSTER project、作画:たま・NEGI・佐藤夕子・小杉繭、出版:KADOKAWA/アスキー・メディアワークス)
OSTER projectが初音ミクを用いて発表された楽曲「恋色病棟」「恋スルVOC@LOID」、鏡音リン・鏡音レンを用いて発表された楽曲「trick and treat」、鏡音リンを用いて発表した楽曲「狐ノ嫁入リ」のコミックセレクション。「恋色病棟」にMEIKOをモデルにしたキャラクターが登場する。「恋色病棟」「trick and treat」が富士見書房の『ミルフィ』に、「狐ノ嫁入リ」がアスキー・メディアワークスの『MIKU-Pack』に掲載され、「恋スルVOC@LOID」は書き下ろし。2016年3月発売。
ミスルトウ(箸:ひとしずくP、出版社:booklista(電子書籍)・一迅社)
ひとしずくPとやま△が鏡音リン・レンを用いて発表された楽曲「ミスルトウ~魂の宿り木~」「ミスルトウ~転生の宿り木~」を元にした小説。MEIKOをモデルにしたキャラクターが登場する。楽曲を収録したアルバムCDの初回限定ノベル同梱盤に付属した小説だったが、後に電子書籍として単独で2016年2月に発売、これの続編が紙媒体で2016年3月発売。

ゲーム[編集]

スカッとゴルフ パンヤゲームポット
2009年6月25日から7月9日までMEIKO衣装と、MEIKOを元に創作された派生キャラクターである咲音メイコの衣装が販売された[19]
初音ミク -Project DIVA-セガ
初音ミクを主役とするPlayStation Portable用ゲームソフト。2009年7月2日発売の第1弾よりMEIKO、咲音メイコがキャラクターとして登場、2010年7月29日発売の「初音ミク -Project DIVA- 2nd」にはMEIKOを用いた楽曲も収録されている。
トキメキファンタジー ラテールゲームポット
2009年12月に、背中ファッション装備「ねんどろいどぷち MEIKO・KAITO」が実装された[20]
初音ミク ボカロ×ライブ!(クリプトン)
VOCALOIDのキャラクターをプロデューサーとして育成する携帯電話向けの育成型シミュレーションゲーム[21]モバゲータウンで2010年5月20日より[21]GREEで同年8月10日より[22]提供されている。
TinierMe、アットゲームズジークレスト
英語版のTinierMeで2010年7月20日より[23]、日本語版のアットゲームでは8月3日より[24]期間限定でMEIKOになりきれるアイテムなどを販売。
初音ミク and Future Stars Project mirai(セガ)
2012年3月8日発売のニンテンドー3DS用音楽ゲーム。
攻城戦記◆バハムートグリード(コアエッジ)
2013年9月19日より9月22日までコラボレーションイベント「囚われし歌姫たち~1~」[25]、10月7日より10月14日まで「囚われし歌姫たち~2~」が開催され「踊り子「MEIKO」」が配布された[26]
ファンタジーアース ゼロ(GMOゲームポット)
2014年5月23日から開始され6月23日の定期メンテナンス開始まで、『初音ミク』をはじめとしたボーカロイドたちをモチーフとした衣装(防具やアクセサリー)が登場した他、コラボレーション期間中、ゲーム内の「システム>オプション>操作」タブから、『初音ミク』がデザインされたチャットエモーションに変更することができた[27]
ディバインゲート(ガンホー・オンライン・エンターテイメント)
2014年6月24日から7月6日にかけてコラボレーションしたイベントエリアが4回あり、『ディバインゲート』のお馴染みのユニットがバーチャル・シンガーに扮した姿で各ダンジョンに登場する[28]。MEIKOとしてはコラボスクラッチのユニットとして配布される[28]
ポケットランド(ジークレスト)
2014年6月24日より「初音ミク」らバーチャル・シンガーキャラクターとのコラボレーション企画が開始された[29]
ぼくのレストラン3(Enish
2014年10月15日から『初音ミク』らバーチャル・シンガーとのコラボを実施した[30]
ガルショ☆(Enish)
2014年10月16日から『初音ミク』らバーチャル・シンガーとのコラボを実施した[30]
ぼくのレストランII(Enish)
2014年10月29日から『初音ミク』らバーチャル・シンガーとのコラボを実施した[30]
ケリ姫スイーツ(ガンホー・オンライン・エンターテイメント)
2015年4月30日より2015年5月15日まで「初音ミク」らバーチャル・シンガーとのコラボレーション企画が開始された[31]。また、2016年8月29日から9月12日まで「マジカルミライ 2016」開催記念コラボを実施[32]
乖離性ミリオンアーサースクウェア・エニックス
2015年8月31日から9月30日まで『初音ミク』らバーチャル・シンガーとのコラボを実施した[33][34]
消滅都市(Wright Flyer Studios)
2016年2月10日から2月24日まで『初音ミク』らバーチャル・シンガーとのコラボを実施した[35]

グッズ・関連商品[編集]

ねんどろいどぷち ボーカロイド#01(グッドスマイルカンパニー)
2009年11月発売。デフォルメフィギュアのシリーズ商品で、MEIKOと咲音メイコのフィギュアもラインナップされている。
ねんどろいどぷらす ぬいぐるみシリーズ06 「MEIKO」(製造・発売:Gift、販売:グッドスマイルカンパニー)
2010年1月発売。可動式のぬいぐるみ。
ねんどろいど MEIKO(グッドスマイルカンパニー
2011年12月発売。デフォルメフィギュアで、ワンカップや酒のパーツがついている[17]
[プーリップ]MEIKO[(グルーヴ)]
2012年5月発売。VOCALOIDシリーズ発売1周年記念モデルとして発売。

その他コラボレーション[編集]

アメーバピグ ミクミクエリア
2012年9月18日より期間限定で「アメーバピグ」内でコスプレが楽しめるエリア「なりきり通り」内に、「ミクミクエリア」をオープンし、「初音ミク」や「巡音ルカ」「鏡音リン、レン」など各キャラクターになりきるコスプレアイテムや、ギターやシンセサイザーなどの音楽アイテム、部屋に飾るキャラクターフィギュアなど計40種類のピグアイテムを80アメゴールドから販売する。さらに、エリア内では利用者のピグが5人揃って、あるアクションを行うと「初音ミク」が登場する仕掛けも用意されている[36]。また、利用者自身がDJ(ディスクジョッキー)となって、「YouTube」に投稿された音楽動画の中から選択し、他の利用者とともに動画配信を楽しめる「ピグチャンネルフロア」でも、「初音ミク」専用エリアとして「ミクミクフロア」をオープン。利用者は、「初音ミク」になりきりながら、「初音ミク」の音楽動画を他の利用者と一緒に楽しむことができる[36]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 発売当時はヤマハミュージックコミュニケーションズ所属。
  2. ^ ユーザーからは「大人の女性」として見られる向きもある[7]

出典[編集]

  1. ^ メディアファージ事業部”. クリプトン・フューチャー・メディア. 2004年12月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年10月10日閲覧。
  2. ^ クリプトン VOCALOID特設ページ”. クリプトン・フューチャー・メディア. 2007年12月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年10月12日閲覧。
    VOCALOID PDFカタログ (PDF)”. クリプトン・フューチャー・メディア. 2008年10月12日閲覧。
  3. ^ a b c d “クリエイターを支えるクリエイターでありたい クリプトン・フューチャー・メディア社長 伊藤博之氏(前編)”. Impress Watch. http://internet.watch.impress.co.jp/cda/president/2008/05/12/19477.html 
  4. ^ MEIKO V3(メイコ V3)”. クリプトン・フューチャー・メディア. 2015年9月22日閲覧。
  5. ^ a b 『日経エレクトロニクス』(971)[2008.2.11]、 110頁。
  6. ^ a b “クリプトン・フューチャー・メディアに聞く(2):「初音ミク」ができるまで”. ITmedia. http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0802/22/news013.html 
  7. ^ 『初音ミクMIXING BOX』33頁。
  8. ^ 『日経エレクトロニクス』(972) [2008.2.25]、 130頁。
  9. ^ 「CVシリーズの開発を終えて」、『DTM magazine』(通号 184)2009.5増刊CV03巡音ルカ、寺島情報企画、 54頁。
  10. ^ ピアプロ・キャラクター・ライセンス”. クリプトン・フューチャー・メディア. 2009年12月30日閲覧。
  11. ^ a b c “初音ミクの誕生は僕にとって必然だった 伊藤 博之 クリプトン・フューチャー・メディア代表取締役”. ITpro. http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/Interview/20080123/291865/ 
  12. ^ a b 『DTM magazine』(通号 173)2008.8、 22頁。
  13. ^ “ボーカロイド・コンテスト作品募集開始!”. DTMマガジン. (2006年4月14日). オリジナル2008年10月22日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20081022224650/http://www.dtmm.co.jp/archives/2006/04/post_169.html 2008年10月5日閲覧。 
  14. ^ 『日経エレクトロニクス』(973)[2008.3.10]、 124頁。
  15. ^ 『DTM magazine』(通号 173)2008.8、 32頁。
  16. ^ 『初音ミクMIXING BOX』 講談社、2008年、初音ミク スペシャルファンブック30頁。ISBN 978-4-06-358260-4
  17. ^ a b 伊藤真広 (2011年12月8日). “パッケージイラストも再現可能、ねんどろいどのMEIKOが登場”. ASCII.jp (アスキー・メディアワークス). http://ascii.jp/elem/000/000/655/655214/ 2011年12月16日閲覧。 
  18. ^ 『コンプエース』(通号 16) 2008.9、角川書店、 132頁。
  19. ^ “【リリース】「パンヤ」MEIKO,KAITOに加え二次創作キャラ「咲音メイコ」衣装も”. 4Gamer.net (Aetas). (2009年6月25日). http://www.4gamer.net/games/014/G001477/20090625034/ 2009年6月25日閲覧。 
  20. ^ “【リリース】「ラテール」に鏡音リン&レン衣装が登場&クリスマスイベント情報”. 4Gamer.net (Aetas). (2009年12月16日). http://www.4gamer.net/games/029/G002986/20091216045/ 2009年12月17日閲覧。 
  21. ^ a b “クリプトン、モバゲー用「初音ミク ボカロ×ライブ!」”. GAME Watch (インプレス). (2010年5月20日). http://game.watch.impress.co.jp/docs/news/20100520_368299.html 2010年11月4日閲覧。 
  22. ^ “GREE Platformにソーシャルゲーム第一弾を公開 『初音ミク ボカロ×ライブ!』を提供開始”. ValuePress!. (2010年8月10日). http://www.value-press.com/pressrelease.php?article_id=62657 2010年11月4日閲覧。 
  23. ^ “『初音ミク』×『TinierMe(タイニアーミー)』海外でのタイアップキャンペーン開始のお知らせ”. 4Gamer.net (Aetas). (2010年7月21日). http://www.4gamer.net/games/042/G004287/20100721036/ 2010年8月3日閲覧。 
  24. ^ “アットゲームズ,初音ミクなどのアバターアイテムが本日発売”. 4Gamer.net (Aetas). (2010年8月3日). http://www.4gamer.net/games/031/G003147/20100803030/ 2010年8月3日閲覧。 
  25. ^ “「バハムートグリード」と「初音ミク ぐらふぃコレクション」のコラボキャンペーンが開催中”. 4Gamer.net (Aetas). (2013年9月20日). http://www.4gamer.net/games/212/G021237/20130920031/ 2014年2月4日閲覧。 
  26. ^ “「攻城戦記◆バハムートグリード」,“初音ミク”コラボイベント第2弾がスタート”. 4Gamer.net (Aetas). (2013年10月7日). http://www.4gamer.net/games/212/G021237/20131007046/ 2014年2月4日閲覧。 
  27. ^ “『初音ミク』×『ファンタジーアース ゼロ』コラボレーション決定!”. ファンタジーアースゼロ イベント. (2014年5月19日). http://www.fezero.jp/notice_eventview.aspx?seq=943 2014年5月19日閲覧。 
  28. ^ a b “「攻城戦記◆バハムートグリード」,“初音ミク”コラボイベント第2弾がスタート”. ソーシャルゲームインフォ (ガンホー). (2014年6月23日). http://gamebiz.jp/?p=131607 2014年2月4日閲覧。 
  29. ^ “「ポケットランド」が“初音ミク”とコラボ。アバター衣装や限定アイテムが登場”. 4gamer.net. (2014年6月25日). http://www.4gamer.net/games/219/G021997/20140625004/ 2015年7月19日閲覧。 
  30. ^ a b c “enishの『ガルショ』、『ぼくのレストランⅡ』、『ぼくのレストラン3』に 『初音ミク』との限定コラボアイテムが初登場!!”. Enish. (2014年10月15日). http://www.enish.jp/news/2014/11307 2015年7月19日閲覧。 
  31. ^ “『ケリ姫スイーツ』×「初音ミク」コラボ開催♪ ミクたちの歌声がケリ姫スイーツを盛り上げる!”. アニメイトTV. (2015年5月4日). http://www.animate.tv/app/details.php?id=1430459305 2015年7月19日閲覧。 
  32. ^ “「ケリ姫スイーツ」,初音ミク「マジカルミライ 2016」の開催を記念したコラボがスタート”. .4Gamer.net. (2016年8月29日). http://www.4gamer.net/games/191/G019185/20160829003/ 2017年2月18日閲覧。 
  33. ^ “スクエニ、『乖離性ミリオンアーサー』と『初音ミク』とのコラボイベントでサポートキャラや騎士カードに「初音ミク」が登場!”. Social Game Info. (2015年9月2日). http://gamebiz.jp/?p=149044 2016年3月24日閲覧。 
  34. ^ “NEWS一覧/初音ミクコラボミックスガチャ登場!”. ファミ通攻略wiki『乖離性ミリオンアーサー』攻略wiki. (2015年9月18日). http://wiki.famitsu.com/kairi/NEWS%E4%B8%80%E8%A6%A7/%E5%88%9D%E9%9F%B3%E3%83%9F%E3%82%AF%E3%82%B3%E3%83%A9%E3%83%9C%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%82%AC%E3%83%81%E3%83%A3%E7%99%BB%E5%A0%B4%EF%BC%81 2016年3月24日閲覧。 
  35. ^ “『消滅都市』にて初音ミクとのコラボイベントが開催!”. スマッシュ!. (2016年2月10日). http://smash.tokyo/news/syoumetu_20160210/ 2016年3月24日閲覧。 
  36. ^ a b “サイバーエージェントの「アメーバピグ」が「初音ミク」とコラボ…ボーカロイドのコスプレアイテムを発売”. ソーシャルゲームインフォ (Impress Watch). (2012年9月18日). http://gamebiz.jp/?p=75909 2014年6月26日閲覧。 

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]