mothy

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
mothy
別名 悪ノP
職業 作詞家
作曲家
編曲家
小説家
公式サイト the heavenly yard
著名使用楽器
鏡音リン・レン初音ミクMEIKOKAITO巡音ルカMegpoidがくっぽいど氷山キヨテル歌愛ユキ猫村いろはSF-A2 開発コード mikiLily

mothy(モッチー)は、日本音楽家小説家。男性。悪ノPとも呼ばれる。音声合成技術VOCALOIDを使った鏡音リン・レンなどのソフトウェアをボーカルに用いた楽曲を発表するほか、小説の執筆も手がけている。

略歴[編集]

中学生時代に親に買ってもらったフォークギターで音楽をはじめ、大学時代にはバンドサークルでベースを弾く[1]。プロを目指しバンドでベーシストとして活動したが、20代の半ばにバンドが解散し、いったんは音楽をやめ、普通の会社員としての仕事をしていた[1]。しかしその後、動画共有サイトニコニコ動画に投稿されていたMEIKOをボーカルに使用した動画を見てVOCALOIDを知り、さらに2007年8月にキャラクター・ボーカル・シリーズの第一弾として発売された初音ミクを用いた楽曲の発表の盛り上がりに触発され、自作の曲の発表を志すようになる[1]。当時、初音ミクは既に多くの人に使われていたことから、2007年12月発売のキャラクター・ボーカル・シリーズ第二弾鏡音リン・レンを購入し、ニコニコ動画で楽曲を発表するようになった[2]

ニコニコ動画で最初に発表した曲は当初のニコニコ動画での曲の流行に合わせかわいらしい曲を目指したものであったが、自分の方向性では無いと感じて自分の好きなようにやるようになり、3曲目まで発表したが、それらの曲は人気を得ることは出来なかった[1][2]。そこで、聞き手のことを考えて2008年4月に物語風の楽曲「悪ノ娘」、「悪ノ召使」を発表、両曲は大きな人気を集めることとなった[2]。この楽曲を元にネット上などではPVや小説、漫画などの二次創作作品が数多く発表され[3]、舞台化、漫画化もされている。また、「悪ノ娘」、「悪ノ召使」を『七つの大罪シリーズ』の一部と位置づけ、これ以降も同一の世界のさまざまな時代の物語を描いた曲を発表している[4]。なお、悪ノPという別名は「悪ノ娘」からファンのコメントにより付けられたものである(Pはプロデューサーの略)[2]。鏡音リン・レン以外のVOCALOID製品を使用した楽曲も発表するが、最初に使ったものであることと表現したい世界に合うため鏡音リン・レンが一番好きなVOCALOIDだという[2]

音楽活動を続ける一方、ちょうど仕事を辞めて時間が出来たタイミングで編集者から提案を受けたことがきっかけで小説の執筆を開始し[1]、2010年8月にPHP研究所より発売された「悪ノ娘」の小説『悪ノ娘 黄のクロアテュール』で小説家としてデビュー。同年12月にはEXIT TUNESよりアルバム『悪ノ王国 〜Evils Kingdom〜』を発売し、音楽家としてもメジャーデビューした。

商業作品[編集]

音楽[編集]

CD[編集]

  • 悪ノ王国 〜Evils Kingdom〜』(EXIT TUNES、2010年12月22日発売)
    • EXIT TUNESよりリースしたメジャーデビューアルバム。アルバムのアーティスト名は「mothy_悪ノP feat. 鏡音リン、鏡音レン」。2011年1月3日付オリコン週間アルバムランキングで10位にランクインしている。
  • 七つの罪と罰』(Warner Music Japan、2015年2月25日発売)
    • Warner Music Japanよりリリースの2ndメジャーアルバム。アルバムのアーティスト名は「悪ノ王国」と同様の「mothy_悪ノP feat. 鏡音リン、鏡音レン」。初回限定ノベル同梱盤には七つの大罪シリーズをテーマに書き下ろした小説がついている。

配信[編集]

鏡音リン・レンなどの発売元のクリプトン・フューチャー・メディア直営のレーベル「KarenT」より発売。ネット配信。

  • 『Evils Theater』(KarenT、2009年6月17日発売)
    1. 悪ノ娘 (feat. 鏡音リン)
    2. 悪ノ召使 (feat. 鏡音レン)
    3. 言葉遊び(feat. 鏡音リン)
    4. ぜんまい仕掛けの子守唄(feat. 鏡音リン)
    5. 置き去り月夜抄 (feat. 鏡音リン・レン)
    6. 箱庭の少女 (feat. 初音ミク)
    7. 悪食娘コンチータ (feat. MEIKO)
    8. 10分の恋 (feat. 鏡音リン)[5]
    9. リグレットメッセージ (feat. 鏡音リン)
    10. Re_birthday (feat. 鏡音レン)
    11. South North Story (feat. 鏡音リン・レン)
  • 『EVILS FOREST』(KarenT、2010年8月10日発売)
    1. 森へようこそ
    2. master of the graveyard(feat. 鏡音リン&鏡音レン&MEIKO)
    3. moonlit bear(feat. 初音ミク&KAITO)
    4. 最後のリボルバー(feat. メグッポイド)
    5. ハートビート・クロックタワー(feat. KAITO)
    6. 円尾坂の仕立屋(feat. 巡音ルカ)
    7. ヴェノマニア公の狂気(feat. がくっぽいど&初音ミク&巡音ルカ&MEIKO&メグッポイド)
    8. 無口な君へ(feat. 鏡音リン)
    9. 白ノ娘(feat. 弱音ハク(初音ミク))
    10. ネジと歯車とプライド(feat. 鏡音リン&鏡音レン)
    11. トワイライトプランク(feat. 鏡音リン&鏡音レン)
  • 『EVILS COURT』(KarenT、2011年9月2日発売)
    1. 開廷5分前(instrumental)
    2. master of the court (feat. 初音ミク)
    3. クロノ・ストーリー (feat. 巡音ルカ&鏡音リン&鏡音レン)
    4. 追想のオルゴール (feat. 巡音ルカ)
    5. 樹の乙女~千年のヴィーゲンリート~ (feat. 初音ミク)
    6. 眠らせ姫からの贈り物 (feat. 初音ミク)
    7. 五番目のピエロ (feat. 鏡音レン&巡音ルカ&メグッポイド)
    8. マダム・メリーゴーランド (feat. 初音ミク)
    9. 悪徳のジャッジメント (feat. KAITO)
    10. 茶番カプリシオ (feat. 初音ミク&鏡音リン&鏡音レン&巡音ルカ&MEIKO&KAITO&がくっぽいど&メグッポイド)
    11. 赤い靴のパレード (feat. 初音ミク&鏡音リン&鏡音レン&巡音ルカ)

小説[編集]

PHP研究所から発売。

KADOKAWAから発売。

  • 「拷問塔は眠らない」シリーズ
    • 『拷問塔は眠らない -拷問卿の三姉妹-』(2013年8月27日 初版発行、ISBN 978-4-04-891872-5
    • 『拷問塔は眠らない -エメラルドの少女-』(2013年10月26日 初版発行、ISBN 978-4-04-891873-2
    • 『拷問塔は眠らない -悪の円環-』(2014年4月26日 初版発行、ISBN 978-4-04-866521-6)

楽曲提供・参加作品[編集]

CD[編集]

  • Prism』(Peertone、2009年6月10日発売)
    • 鏡音リン・レンのサンプリング音声を担当した声優下田麻美による、鏡音リン・レンを用いて発表された人気楽曲のカバーアルバム。「ぜんまい仕掛けの子守唄」、「South North Story」(編曲: ゆにめもP)を提供。
  • EXIT TUNES PRESENTS Vocalolegend feat.初音ミク』(EXIT TUNES、2010年1月20日発売)
  • 悪ノ娘〜凄艶のジェミニ〜 ボーカル&サウンドトラック』(Linkstage、2010年2月3日発売)
    • 舞台『悪ノ娘〜凄艶のジェミニ〜』 のサウンドトラックアルバム。下田麻美による「悪ノ娘」、「悪ノ召使」、「リグレットメッセージ」と新曲「トワイライトプランク」を収録。
  • 『EXIT TUNES PRESENTS STARDOM 3』(EXIT TUNES、2010年2月3日発売)
    • ネットで人気のミュージシャンの楽曲を収録したコンピレーション・アルバム。「リグレットメッセージ」を提供。
  • 『EXIT TUNES PRESENTS Supernova 2』(EXIT TUNES、2010年3月3日発売)
    • ネットで人気のミュージシャンの楽曲を収録したコンピレーション・アルバム。「満月の実験室」を提供。
  • EXIT TUNES PRESENTS Vocalogenesis feat.初音ミク』(EXIT TUNES、2010年5月19日発売)
    • EXIT TUNESボカロコンピシリーズの4作目。「リグレットメッセージ」を提供。
  • 『EXIT TUNES PRESENTS Supernova 3』(EXIT TUNES、2010年7月7日発売)
    • ネットで人気のミュージシャンの楽曲を収録したコンピレーション・アルバム。「砂漠のBLUEBIRD」を提供。
  • EXIT TUNES PRESENTS Vocaloanthems feat.初音ミク』(EXIT TUNES、2010年9月15日発売)
    • EXIT TUNESボカロコンピシリーズの5作目。「悪食娘コンチータ」を提供。
  • 『EXIT TUNES PRESENTS イケメンボイスパラダイス 2』(EXIT TUNES、2010年12月1日発売)
    • ネット上で人気の歌い手たちによる楽曲を収録したコンピレーション・アルバム。「悪ノ召使」を提供。歌い手はコゲ犬。
  • 『EXIT TUNES PRESENTS SEKIHAN the BEST』(EXIT TUNES、2011年2月2日発売)
    • 赤飯のアルバム。「ヴェノマニア公の狂気」、「悪ノ召使」、「円尾坂の仕立屋」を提供。
  • 『EXIT TUNES PRESENTS 煌百花繚乱舞踏会 feat. 神威がくぽ from がくっぽいど』(EXIT TUNES、2011年4月20日発売)
    • がくっぽいどを用いた曲を収録したコンピレーション・アルバム。「ヴェノマニア公の狂気」を提供。
  • VOCALOID BEST from ニコニコ動画 (あお)』(ドワンゴ・ミュージックエンタテインメント、2011年6月22日発売)
    • ニコニコ動画でVOCALOIDを用いて発表された曲を集めたベストアルバム。「悪ノ召使」を提供。
  • THE VOCALOID produced by Yamaha』(VOCALOID RECORDS、2011年9月14日発売)
    • 各VOCALOID毎の有名楽曲を集めたコンピレーション・アルバム。「悪ノ召使」を提供。
  • 『VOCALO APPEND feat.初音ミク』(FARM RECORDS、2012年1月11日発売)
    • 初音ミク APPENDなどの追加ライブラリを用いた曲を集めたコンピレーション・アルバム。「プラトーの花」を提供。
  • EXIT TUNES PRESENTS Vocalogemini feat.鏡音リン、鏡音レン』(EXIT TUNES、2012年4月4日発売)
    • 鏡音リン・レンを用いた楽曲を収録したコンピレーション・アルバム。「悪ノ召使」を提供。
  • 『花楽里漫葉集 feat.初音ミク』(エイベックス・マーケティング、2012年4月25日発売)
    • VOCALOIDを用いた和風の楽曲を収録したコンピレーション・アルバム。「円尾坂の仕立屋」を提供。
  • EXIT TUNES PRESENTS Vocaloconnection feat.初音ミク』(EXIT TUNES、2012年8月1日発売)
    • EXIT TUNESボカロコンピシリーズの10作目。「魔女ザルムホーファーの逃亡」を提供。
  • 『vocantabile 〜storia〜』(TEAM Entertainment、2013年1月30日発売)
    • 文学作品などの物語を表現した曲を集めたコンピレーションアルバム。「僕らを見ていた」を提供。

原作・原案[編集]

  • 悪ノ娘〜凄艶のジェミニ〜』(X-QUEST)
    • 「悪ノ娘」、「悪ノ召使」、「リグレットメッセージ」の3作品を元にしたX-QUESTによる舞台。初公演は2010年1月27日。
  • 『悪ノ召使』(ジャイブ
    • 「悪ノ娘」、「悪ノ召使」の物語を原案とした猫山宮緒による漫画。2010年9月より月刊コミックラッシュにて連載開始。

その他[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 「巻頭大特集 グラビア&スペシャルインタビュー mothy_悪ノP」、『ボカロPライフ』第2巻、学研マーケティング、2011年11月、 18-25頁。
  2. ^ a b c d e “人気ボカロP「悪ノP」が語る、リンとレン、そのストーリー”. BARKS (ITmedia). (2010年1月17日). http://www.barks.jp/news/?id=1000057374 2010年2月7日閲覧。 
  3. ^ 『VOCALOIDをたのしもう2』 ヤマハミュージックメディア、2009年、6頁。ISBN 978-4-636-84438-2
  4. ^ 『VOCALOIDをたのしもう6』 ヤマハミュージックメディア、2011年、33-34頁。ISBN 978-4636865844
  5. ^ レーベルゲートの音楽配信サイト「mora」のVOCALOID特集では、この曲がmothyのデビュー作と紹介されている。

外部リンク[編集]