オコジョ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
オコジョ
オコジョ
保全状況評価[1]
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: ネコ目(食肉目) Carnivora
: イタチ科 Mustelidae
亜科 : イタチ亜科 Mustelinae
: イタチ属 Mustela
: オコジョ M. erminea
学名
Mustela erminea Linnaeus1758
和名
オコジョ
ヤマイタチ
英名
Ermine
Stoat

オコジョは、ネコ目(食肉目)イタチ科に属する動物である。学名Mustela erminea。別名、ヤマイタチ(山鼬)、くだぎつね(管狐)。イギリスを含むヨーロッパ中北部、アジア中北部、北米に生息している。また、移入されたオコジョがニュージーランドに生息している[1]

形態[編集]

体長はオスで16–33cm、体重は150–320g程度。

イタチ科は一般に胴長短足であるが、オコジョの後ろ足は比較的長く、これによる強力な跳躍力を有している。目から鼻にかけてのが短く、イタチ科にしては丸顔をしている。耳も丸い。

一年に2回換毛をし、は背側が茶色で腹側が白い。は全身が白になる。尾の先は黒い。

生態[編集]

気性が荒く、ノネズミなどを食べる他、自分の体よりも大きいノウサギライチョウを捕食することがある。

単独で生活し、岩や樹根の隙間に営巣したり、ネズミの巣穴を乗っ取って自分の物にすることもある。

他のイタチ科と同様、オコジョには着床遅延という現象があることが知られている。交尾後、受精卵は長期間にわたり発生を休止し、妊娠、出産に適した暖かい季節になって初めて子宮壁に着床する。妊娠期間は1ヶ月程度である。

動きはきわめて敏捷で、木登りや泳ぎなども得意。

分類[編集]

夏毛のオコジョ
冬毛のオコジョ

オコジョは35以上の亜種に分類される。一般に哺乳類は寒い地方ほど大型化する傾向があり、ベルクマンの法則として知られているが、オコジョでは北方に生息するものほど小型化する傾向がある。このため、ロシアなど北方に分布するオコジョは、今後別種として分類される可能性もある。代表的な亜種を以下に記す。日本には2亜種が生息する。

ホンドオコジョ M. e. nippon Cabrera1913
青森県から本州中部にかけて生息する。尾の先の黒い部分が尾長の1/3程度と小さいことが特徴である。
エゾオコジョ M. e. orientalis Ognev1928
北海道ロシア極東に生息する。ホンドオコジョに比べ、一回り大きい。東シベリアM. e. kaneii Baird1857シノニムとする説もある。

保全状態評価[編集]

オコジョ Mustela erminea
LEAST CONCERN (IUCN Red List Ver. 3.1 (2001))[1]
Status iucn3.1 LC.svg
亜種 ホンドオコジョ Mustela erminea nippon
準絶滅危惧(NT)環境省レッドリスト
Status jenv NT.svg
亜種 エゾオコジョMustela erminea orientalis
準絶滅危惧(NT)環境省レッドリスト
Status jenv NT.svg
亜種 Mustela erminea ferghanae (インド産亜種)
ワシントン条約附属書III

人間との関わり[編集]

毛皮[編集]

アーミンをあしらったドレスを着たマリア・テレジアの肖像

オコジョの毛皮外套ストールの縁取り用に珍重され、特に純白の冬毛が好まれた。イギリス英語では冬毛のオコジョのみを「アーミン」("ermine")と呼んで区別する(北アメリカでは夏毛のオコジョもアーミンと呼ばれる)。

ヨーロッパでは、アーミンは王族の象徴とされた。中世の王侯貴族はこの冬毛のオコジョの毛皮をいくつも並べて1枚に縫わせ、それをガウンの裏地などに好んで用いた。王族や貴族の肖像画やトランプのクィーンやキングの絵札で黒い点のある白い縁のある服を見かけるが、その部分がアーミンである。イギリス貴族院議員の正装の上着にもアーミンがあしらわれているが、現在は人工毛皮が使用される。アーミンは西洋の紋章学で毛皮模様を表すティンクチャーのひとつともなっている。

伝説[編集]

ルネサンス期には、冬毛のオコジョは純白の毛皮を汚されるよりも死を選ぶと信じられたため、純潔の象徴ともされた。

群馬県長野県山梨県の一部では、オコジョは山の神十二様の使いであり、人に祟ったり憑いたりすると伝えられる[2]。地域によってはオサキクダの正体とされる[2](オサキやクダは全国的にはの変種とされる)。

オコジョの登場する作品[編集]

小説[編集]

短編集[編集]

漫画[編集]

テレビアニメ[編集]

ドラマ[編集]

ゲーム[編集]

楽曲[編集]

  • 空へ - 岡本知高の作品。2005年10〜11月『みんなのうた』にて放送され、映像パートではオコジョと白イルカの友情が描かれた。

絵画[編集]

マスコット・キャラクター[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c Reid, F., Helgen, K. & Kranz, A. (2015年). "Mustela erminea". IUCN Red List of Threatened Species. Version 2016. International Union for Conservation of Nature. 2018年5月20日閲覧.  (英語)
  2. ^ a b 伊藤龍平 『江戸幻獣博物誌』 青弓社2010年、52-53頁。ISBN 978-4-7872-2040-0

外部リンク[編集]

関連項目[編集]