イタチ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
イタチ科
オナガオコジョ
オナガオコジョ Mustela frenata
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: 食肉目 Carnivora
亜目 : イヌ型亜目 Caniformia
下目 : クマ下目 Arctoidea
小目 : イタチ小目 Mustelida
上科 : イタチ上科 Musteroidea
: イタチ科 Mustelidae
学名
Mustelidae Fischer, 1817[1]
和名
イタチ科[2][3][4]
亜科(現生)

イタチ科(イタチか、Mustelidae)は、哺乳綱食肉目に分類される

長くほっそりとした体つきで、短い四肢をしている。他のネコ目の動物と異なる特徴として、全ての足指に爪のある5本の指をもつ点が挙げられる。非常に鋭い歯をもつ。肛門の近くに臭腺をもち、なわばりの主張などに用いている。

体の大きさは種によって大きく異なる。手のひらに乗るようなイイズナ(ネコ目中最小の種)から、イヌと同程度の体格をもつラッコクズリまで。イタチ科に属している。

主に地上に住むイタチ、地中に深い巣穴を掘るアナグマ、樹上性のテン、水生のカワウソラッコなど、多様な生活様式をもつ。このため、異なるイタチ科の動物同士が、異なるニッチを分け合うことで、同じ地域に生息している例がしばしば見られる。

分類[編集]

Law et al. (2018)[5]による分子系統樹

以前はスカンクアナグマ属などを含めたアナグマ亜科・テン属などを含めたイタチ亜科・カワウソ亜科・スカンク亜科(スカンク科に分割)・ラーテル亜科で本科を構成する説もあった[3]。核遺伝子による分子系統解析では、以前のイタチ亜科は側系統・アナグマ亜科は多系統という結果が得られている[6]

以下の分類はSato (2016)[7]、和名は主として川田ら (2018)[2]に従う。

日本の種[編集]

日本では汎存種としてイイズナオコジョクロテンシベリアイタチ(自然分布は対馬のみ)・ラッコ固有種としてアナグマ(ニホンアナグマ)・ニホンイタチニホンテンが分布する[10]。また、朝鮮半島のシベリアイタチが本州に、北米のミンク(アメリカミンク)が北海道および本州に移入分布する[10]。そのほか、長崎県対馬においてユーラシアカワウソの少数個体の生息が確認されている[11]

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ W. Christopher Wozencraft (2005). “Order Carnivora”. In Don E. Wilson & DeeAnn M. Reeder (eds.). Mammal Species of the World: A Taxonomic and Geographic Reference (3rd ed.). Johns Hopkins University Press. pp. 532-628. https://www.departments.bucknell.edu/biology/resources/msw3/browse.asp?id=14001075 
  2. ^ a b 川田伸一郎・岩佐真宏・福井大・新宅勇太・天野雅男・下稲葉さやか・樽創・姉崎智子・横畑泰志「世界哺乳類標準和名目録」『哺乳類科学』第58巻 別冊、日本哺乳類学会、2018年、1-53頁。
  3. ^ a b c d e 斉藤勝・伊東員義・細田孝久・西木秀人「イタチ科の分類」『世界の動物 分類と飼育2(食肉目)』今泉吉典監修、東京動物園協会、1991年、22-46頁。
  4. ^ a b Pat Morris and Amy-Jane Beer「イタチ科」鈴木聡訳『知られざる動物の世界 8 小型肉食獣のなかま』本川雅治監訳、朝倉書店、2013年、26-29頁。
  5. ^ Chris J. Law, Graham J. Slater, and Rita S. Mehta (2018), “Lineage Diversity and Size Disparity in Musteloidea: Testing Patterns of Adaptive Radiation Using Molecular and Fossil-Based Methods”, Systematic Biology, Volume 67, Issue 1, Pages 127–144.
  6. ^ 佐藤淳「食肉目及び齧歯目哺乳類を対象とした進化遺伝学的研究」『哺乳類科学』第52巻 2号、日本哺乳類学会、2012年、253-255頁。
  7. ^ Jun J. Sato (2016). “Chapter 1: The Systematics and Taxonomy of the World's Badger Species – A Review”. In Gilbert Proulx and Emmanuel Do Linh San (eds.). Badgers: systematics, biology, conservation and research techniques. Alpha Wildlife Publications. pp. 1-30 
  8. ^ 佐藤淳・石田浩太朗「日本産テン類の系統地理学的研究」『タクサ:日本動物分類学会誌』第32巻、日本動物分類学会、2012年、13-19頁。
  9. ^ Klaus-Peter Koepfli, Kerry A Deere, Graham J Slater, Colleen Begg, Keith Begg, Lon Grassman, Mauro Lucherini, Geraldine Veron, and Robert K Wayne (2008), “Multigene phylogeny of the Mustelidae: Resolving relationships, tempo and biogeographic history of a mammalian adaptive radiation”, BMC Biology, Volume 6, No. 10.
  10. ^ a b 増田隆一「序章 食肉類のなかの哺乳類学」『日本の食肉類―生態系の頂点に立つ哺乳類』増田隆一編、東京大学出版会、2018年、1-20頁。
  11. ^ 環境省 (2019年6月4日), “平成30年度の長崎県対馬におけるカワウソの調査結果について” (プレスリリース), https://www.env.go.jp/press/106863.html 2020年1月28日閲覧。 

外部リンク[編集]