小清水亜美と喜多村英梨のコンチェルトゲートパーティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
小清水亜美と喜多村英梨のコンチェルトゲートパーティ
ラジオ
愛称 コンチェルト
放送期間 2009年4月11日 - 10月3日
放送局 文化放送
放送時間 土曜日 25:30 - 26:00
放送回数 全26回
ネット局 超!A&G+ 木曜日 23:00 - 23:30
コンチェルトゲート フォルテ』公式サイト
パーソナリティ 小清水亜美喜多村英梨
構成作家 今浪祐介
提供 コンチェルトゲート フォルテ
テンプレート - ノート

小清水亜美と喜多村英梨のコンチェルトゲートパーティ』(こしみずあみときたむらえりのコンチェルトゲートパーティ)は、文化放送のラジオ番組である。パーソナリティ小清水亜美喜多村英梨。2009年4月11日放送開始。

文化放送の番組表では「小清水亜美と喜多村英梨のコンチェルトゲートパーティ」だが、超!A&G+では「小清水亜美と喜多村英梨のコンチェルトゲート パーティ」(スペースが入る)になっている。そのほか、報道等では表記に揺らぎがあることも多い。

ゲームポット社(2009年4月より移管)のMMORPGコンチェルトゲート フォルテ』のプロモーション番組である。

放送・配信[編集]

コーナー[編集]

各々の企画は番組タイトルにちなみ「○○パーティ」と名づけられる。コーナーの多くは不定期で、毎週やるコーナーは少ない。

オープニング
番組開始時の挨拶は「○○(週変わりのお題)は○○○○、はーいコンチェルト、○○こと○○○○(自己紹介)です」と2人が順に述べ、そのあとお題についてトーク。
普通のおたよりパーティ
ふつおた
こっさん・きたえり無敗のゲームパーティ
主に、ゲストが来た週にゲストと対戦する。パーソナリティ2人は「チームコンチェルト」としてチームを組むこともある。
行われたゲームの内容

Not10・20・30&シークレットドボン(個人戦)

ルール
  • ゲームを行う前に紙に30までの数字を1つ書く。(もちろん10・20・30を書いてはいけない。)
  • 1~30の数字を順番に最大3つまで言う。
  • 30まで言い終わったら、いったん終了。10・20・30を誰が言ったかを発表する。その後、紙に書かれた数字を発表しそれを合わせて、より言わなかった方が勝ち。

粉雪ロングボイス対決(チーム戦)

ルール
  • レミオロメン粉雪のサビ「粉雪」をいかに長く(息継ぎなしで)歌えるかで対決。
  • 対戦順はスタッフが決める。
  • 先に2勝した方が勝ち。ただし、2戦終わって1勝ずつのときは勝った方同士で決定戦を行う。

ゲスト[編集]

podcast[編集]

文化放送での放送直後、podcastで「反省会」が配信される。

エピソード[編集]

  • 番組発表は、2009年3月21日東京国際アニメフェア2009の文化放送ブースでのイベントで発表された。この放送枠の4月新番はタイトルも内容も未公開で、イベントのタイトル・内容も直前まで秘密だった。
  • 番組での小清水亜美の愛称は「こっさん」。リスナー投票により、第4回で決定した。
  • 第12、13回放送では、通常のスタジオではなく文化放送13階のリラックスフロアで収録が行われた。パーソナリティ2人とゲストの井口裕香は浴衣を着、流しそうめんなどが行われた[2]
  • 第26回放送は最終回となり、公開録音の模様が放送された。

脚注[編集]

  1. ^ 第26回(最終回)は2009年10月7日24:30-25:00(リピート放送は2009年10月8日12:30-13:00)に放送された。
  2. ^ 小清水亜美&喜多村英梨の『コンチェルトゲートパーティ』収録現場潜入レポート

外部リンク[編集]

文化放送 土曜25:30-26:00枠
前番組 番組名 次番組
小清水亜美と喜多村英梨のコンチェルトゲートパーティ
超!A&G+ 木曜23:00-23:30枠
小清水亜美と喜多村英梨のコンチェルトゲートパーティ
ラジオどっとあい
(水曜23:00より放送枠移動)