畠世周

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
畠 世周
読売ジャイアンツ #45
Giants hatake28.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 広島県呉市
生年月日 (1994-05-31) 1994年5月31日(28歳)
身長
体重
186 cm
82 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 投手
プロ入り 2016年 ドラフト2位
初出場 2017年7月6日
年俸 3300万円(2023年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

畠 世周(はたけ せいしゅう、1994年5月31日 - )は、広島県呉市出身のプロ野球選手投手)。右投左打。読売ジャイアンツ所属[2]

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

呉市立川尻中学校の軟式野球部から近大福山高等学校に進学した。入学時の球速は133km/hであったが、3年時には142km/hを計測するまで成長した[3]。チームのエースを務めた3年次は広島県ベスト16の成績を残した[4]。4回戦の広島新庄高等学校戦では後に巨人でチームメイトとなる田口麗斗(田口は当時2年生)と対戦。田口が先発で7回1安打無失点と好投したのに対し、リリーフした畠は2回を7失点と力を出せず、チームも0-12で敗退した[5]

近畿大学に進学し、大学通算46試合に登板、13勝13敗、防御率2.03、216奪三振を記録。2016年10月20日に行われたドラフト会議で、読売ジャイアンツに2位指名を受けた。11月15日、契約金7000万円、年俸1200万円で契約(金額は推定)[6]。ドラフト後に右肘の遊離軟骨除去手術を行った[7]。担当スカウトは益田明典[8]

巨人時代[編集]

2017年は右肘手術の影響でキャンプを三軍で迎える。4月30日に二軍で初登板し、5回無失点だった[9]。7月6日の広島東洋カープ戦で一軍デビューし、4回4失点[10]。7月19日の中日ドラゴンズ戦で7回1/3を7安打2失点でプロ初勝利を挙げた[11]。その後も先発ローテーションに定着し勝ち星を重ねた。しかし、9月30日の阪神タイガース戦では初回に2番打者の上本博紀の頭部に死球を当ててしまい、当時のNPB一軍公式戦史上最速となる「試合開始から4球目での危険球退場処分」という記録を残した[12]。また、対戦打者数でも風張蓮と並ぶ最速タイ[13][注 1]。翌日10月1日の阪神戦で5回から2番手として登板。最初の打者は打ち取るも、前日危険球を投じた上本と、続く糸井嘉男に二者連続でソロ本塁打を打たれた。その後は無失点に抑え7回までを投げ3回2失点で降板したがチームはこの試合に敗れ11年ぶりにBクラスが決定した[15][16]。シーズン全体では13試合に登板し、6勝4敗と勝ち越して防御率も2.99と良好だった。オフに、1200万円増の推定年俸2400万円で契約を更改した[17]

2018年は、2月のキャンプ中に腰を痛め、三軍での調整となった。治療と調整が長引き、三軍での実戦復帰が8月11日、二軍合流が9月4日と大きく出遅れた[18]。9月11日に一軍シーズン初昇格。手薄なリリーフ陣を補うため、この年は先発では一切投げず、中継ぎに専念した。9月23日の阪神タイガース戦で5番手として登板。チームが逆転勝ちを収め初勝利。10月9日の阪神タイガース戦でも2番手として登板し勝利投手となった。CSファーストステージのヤクルト戦で7回の1イニングを無失点に抑える。ファイナルステージの広島戦では第2戦に7回から登板するも2イニング目の8回に二死走者なしから打ち込まれ1回2/3を4失点と打ち込まれ逆転負けを喫した[19]。オフに、480万円減の推定年俸1920万円で契約を更改した[20]。背番号が31に変更されることも発表された[21]

2019年は、開幕から先発ローテーションに入るも、2試合続けて5回を持たずに5失点以上で降板したこと[22]から4月15日に二軍降格。4月30日に中継ぎとして一軍に復帰したが、5月6日に二軍で再調整となった[23]。7月18日に3年前同様の右肘の遊離軟骨除去手術を受け[24]、再度一軍に昇格することはできなかった。オフには、290万円減の推定年俸1630万円で契約を更改した[25]

2020年、春季キャンプ中の2月29日に右肩の肉離れで一軍から離脱することが発表された[26]。7月31日の広島戦でシーズン初登板・初先発を果たしたが、1点リードで迎えた5回に會澤翼に頭部死球を与え、2度目の危険球退場となった[27]。8月には3試合に先発するも3連敗を喫し、8月23日に登録を抹消された[28]。9月20日に再登録されると[29]、以降はローテーションを守った。11月1日のヤクルト戦でプロ初完封勝利を記録した[30]。最終的には、すべて先発で12試合に登板し、4勝4敗、防御率2.88を記録。11月25日のソフトバンクとの日本シリーズ第4戦に先発するも、柳田悠岐甲斐拓也にそれぞれ2ランを打たれ、2回途中で降板した[31]。オフには、570万円増の推定年俸2200万円で契約を更改した[32]。背番号が45に変更されることも発表された[32]

2021年は4月14日の中日ドラゴンズ戦で初勝利[33]。6月からはリリーフに転向し、自己最多となる52試合に登板した[34]。またシーズンを通して横浜DeNAベイスターズとの相性の良さを見せた[35]。オフには1430万円増となる推定3630万円で契約更改した[36]

選手としての特徴[編集]

グラブを頭上に掲げ、これを下ろす反動で右腕を高く跳ね上げる縦振りの投球フォームが特徴[37]。プロ2年目の2018年に三軍で速球が自己最速となる156km/hを記録[18]。変化球はスライダー[38]カットボール[39]カーブ[40]フォークチェンジアップを駆使する[41]

人物[編集]

  • 世周という名前には「世の中が自分にとってプラスに回るように」という意味がある[3]
  • 田口麗斗とは遠い親戚関係に当たる[42]
  • 2017年から地元・呉市の「くれ観光特使」を務める[43]
  • 筋金入りのBanG Dream!ファン(バンドリーマー)として知られており、推しのバンドはRoseliaで、登場曲をRoseliaによる楽曲にしているほどである[44]。2021年は、劇場版「BanG Dream! Episode of Roselia I:約束」の公開時期に差し掛かっていたことから、オリジナル曲の「約束」となった。
  • 涼宮ハルヒシリーズのファンでもあり、「涼宮ハルヒの直観」が発売した際には応援コメントも寄せている[45][46]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2017 巨人 13 12 0 0 0 6 4 0 0 .600 288 72.1 53 9 23 0 2 72 1 0 27 24 2.99 1.05
2018 9 0 0 0 0 2 0 0 3 1.000 41 9.2 10 0 2 0 0 10 1 0 3 3 2.79 1.24
2019 5 3 0 0 0 0 1 0 0 .000 76 15.2 26 2 5 0 1 14 0 0 14 12 6.89 2.07
2020 12 12 1 1 0 4 4 0 0 .500 265 65.2 47 5 23 0 4 49 1 0 22 21 2.88 1.07
2021 52 9 0 0 0 4 3 1 11 .571 390 96.2 83 13 25 1 4 97 2 1 37 33 3.07 1.12
2022 27 0 0 0 0 3 0 1 5 1.000 122 28.2 22 3 14 2 0 22 1 0 11 10 3.14 1.26
NPB:6年 118 36 1 1 0 19 12 2 19 .613 1182 288.2 241 32 92 3 11 264 6 1 114 103 3.21 1.15
  • 2022年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別守備成績[編集]



投手












2017 巨人 13 0 8 1 1 .889
2018 9 0 2 0 0 1.000
2019 5 0 4 1 0 .800
2020 12 1 10 0 1 1.000
2021 52 3 15 0 0 1.000
2022 27 2 6 0 0 1.000
通算 118 6 45 2 2 .962
  • 2022年度シーズン終了時

記録[編集]

初記録
投手記録
打撃記録

背番号[編集]

  • 28(2017年 - 2018年)
  • 31(2019年 - 2020年)
  • 45(2021年 - )

登場曲[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 2021年7月2日に埼玉西武ライオンズ佐々木健が1人目3球で更新[14]

出典[編集]

  1. ^ 巨人 - 契約更改 - プロ野球”. 日刊スポーツ. 2022年11月26日閲覧。
  2. ^ “【巨人】ドラ2・畠、近大先輩の阪神・糸井を恐れず内角攻め”. スポーツ報知. (2016年12月11日). オリジナルの2016年12月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161213024333/https://www.hochi.co.jp/giants/20161210-OHT1T50298.html 2021年4月17日閲覧。 
  3. ^ a b “ハタケで鍛えたハタケ。異色キャラの巨人・畠世周がプロ初勝利に挑む”. Sportiva. (2017年7月19日). https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/baseball/npb/2017/07/19/___split______split_12/ 2017年8月20日閲覧。 
  4. ^ “【20日ドラフト連載 オレも大谷世代】(中)MAX152キロ右腕!近大・畠世周”. スポーツ報知. (2016年10月18日). オリジナルの2016年10月22日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161022152723/https://www.hochi.co.jp/baseball/ama/20161017-OHT1T50241.html 2021年4月17日閲覧。 
  5. ^ 第94回全国高校野球選手権広島大会 試合結果”. 朝日新聞デジタル (2012年7月22日). 2021年4月17日閲覧。
  6. ^ 巨人ドラ2畠「目標は桑田さん」仮契約で意気込む”. 日刊スポーツ (2016年11月15日). 2021年3月16日閲覧。
  7. ^ 巨人ドラ2畠ブルペン20球「焦らずに少しずつ」”. 日刊スポーツ (2017年2月17日). 2017年8月28日閲覧。
  8. ^ 2016年プロ野球ドラフト会議指名選手、担当スカウトたちのコメント一挙公開”. ベースボールチャンネル (2016年10月21日). 2021年4月17日閲覧。
  9. ^ 巨人ドラ2畠、2軍初登板5回0封 最速152キロ”. 日刊スポーツ (2017年4月30日). 2017年8月28日閲覧。
  10. ^ 巨人畠「反省」地元広島で4回4失点ほろ苦デビュー”. 日刊スポーツ (2017年7月6日). 2017年8月28日閲覧。
  11. ^ 巨人D2・畠がプロ初勝利! 7回1/3を2失点”. サンケイスポーツ (2017年7月19日). 2017年7月19日閲覧。
  12. ^ 【巨人】畠が初回、頭部危険球で退場!プレーボールから4球目は過去最少”. スポーツ報知 (2017年9月30日). 2017年9月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年9月30日閲覧。
  13. ^ “巨人・畠 最速タイ打者2人目、最速4球目での危険球退場”. スポーツニッポン (スポーツニッポン新聞社). (2017年10月1日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2017/10/01/kiji/20170930s00001173426000c.html 2018年2月27日閲覧。 
  14. ^ 西武佐々木健、わずか3球で危険球退場 先発が打者1人で退場は史上初”. 日刊スポーツ (2021年7月2日). 2021年11月5日閲覧。
  15. ^ 巨人畠が連投 危険球退場明けも上本、糸井に被弾”. 日刊スポーツ (2017年10月1日). 2017年10月1日閲覧。
  16. ^ 巨人畠「悔しい」試合前に危険球謝罪の上本から被弾”. 日刊スポーツ (2017年10月1日). 2017年10月1日閲覧。
  17. ^ 巨人畠世周は倍増の2400万円で更改、今季6勝”. 日刊スポーツ (2017年12月6日). 2021年3月16日閲覧。
  18. ^ a b “【巨人】畠世周、156キロマークで最終兵器に名乗り 腰痛で3軍調整も復活へ”. スポーツ報知. (2018年9月5日). https://www.hochi.co.jp/giants/20180905-OHT1T50023.html 2018年9月5日閲覧。 
  19. ^ 巨人 逆転負けで崖っぷち…8回、畠が打たれるも高橋監督「引っ張ったのは僕ですから”. Sponichi Annex (2018年10月18日). 2018年10月18日閲覧。
  20. ^ 巨人畠世周480万円減、ケガで出遅れ「鍛える」”. 日刊スポーツ (2018年11月28日). 2021年3月16日閲覧。
  21. ^ 巨人畠は「28」→「31」に、吉川大も…各球団発表、28日の背番号は?” (日本語). Full-Count (2018年11月28日). 2018年11月28日閲覧。
  22. ^ 巨人・畠が大炎上 3回2被弾6失点で2戦連続5回持たず…原監督も曇り顔”. デイリースポーツ (2019年4月14日). 2021年4月17日閲覧。
  23. ^ 【巨人】異例の助っ人4人同時入れ替え…アダメス、マル昇格でゲレ、ビヤ2軍”. スポーツ報知 (2019年5月6日). 2021年4月17日閲覧。
  24. ^ 巨人畠 右肘手術が無事終了 遊離軟骨摘出”. 日刊スポーツ (2019年7月18日). 2021年3月16日閲覧。
  25. ^ 【巨人】畠が290万円減でサイン 今季は右肘のクリーニング手術で「長期離脱して悔しい」”. スポーツ報知 (2019年11月21日). 2021年3月16日閲覧。
  26. ^ 巨人畠、大竹が右肩周辺の肉離れでファーム調整へ”. 日刊スポーツ (2020年2月29日). 2021年4月17日閲覧。
  27. ^ 巨人畠、今季初登板初先発も危険球退場 5回1死から會澤に頭部死球、勝利投手の権利目前で”. Full-Count (2020年7月31日). 2021年4月17日閲覧。
  28. ^ 巨人が畠と石川を抹消し、桜井と直江を登録 23日のプロ野球公示”. BASEBALL KING (2020年8月23日). 2021年4月17日閲覧。
  29. ^ 【20日の公示】巨人は畠、宮国を登録 ソフトBは上林を抹消”. スポーツニッポン (2020年9月20日). 2021年4月17日閲覧。
  30. ^ “【巨人】畠プロ初完封で4勝目…ヤクルト戦試合経過”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2020年11月1日). https://hochi.news/articles/20201101-OHT1T50213.html?page=1 2020年11月1日閲覧。 
  31. ^ 日本シリーズ4連覇に王手のソフトバンク 柳田&甲斐の2ランで巨人・畠をKO”. BASEBALL KING (2020年11月25日). 2021年4月17日閲覧。
  32. ^ a b 巨人畠は570万増「自分を褒めてあげたい」”. 日刊スポーツ (2020年12月21日). 2021年3月16日閲覧。
  33. ^ 【巨人】畠世周 今季初勝利も「悔しいです」完封目前でA・マルティネスに被弾、ピンチ招き降板を反省:中日スポーツ・東京中日スポーツ” (日本語). 中日スポーツ・東京中日スポーツ. 2022年4月17日閲覧。
  34. ^ 【巨人】畠世周が緊急先発で3回2失点「0点でかえってこれなかったのが悔しいです」” (日本語). スポーツ報知 (2021年10月2日). 2022年4月17日閲覧。
  35. ^ 【巨人】畠世周が緊急先発 山口登板回避乗り越えた7人リレー” (日本語). スポーツ報知 (2021年10月3日). 2022年4月17日閲覧。
  36. ^ 【巨人】畠世周が65%アップの年俸3630万円で契約更改” (日本語). スポーツ報知 (2021年12月21日). 2022年4月17日閲覧。
  37. ^ 畠世周 | 読売ジャイアンツ | 選手” (日本語). 週刊ベースボールONLINE. 2021年12月21日閲覧。
  38. ^ 畠世周、今村信貴、山崎伊織…来季のブレークが期待される巨人の投手たち | 野球コラム” (日本語). 週刊ベースボールONLINE (2021年12月13日). 2021年12月21日閲覧。
  39. ^ 日本テレビ (2021年4月15日). “由伸氏 畠の変化球絶賛「打者には難しい」|日テレNEWS24” (日本語). 日テレNEWS24. 2021年12月21日閲覧。
  40. ^ 巨人畠世周3回3失点3被弾でKO、捕手大城とともにバッテリーごと交代” (日本語). 日刊スポーツ (2021年5月28日). 2021年12月21日閲覧。
  41. ^ 【巨人】畠世周、先発4本柱の一角に立候補「いろんなことにチャレンジしたい」” (日本語). スポーツ報知 (2021年12月22日). 2021年12月21日閲覧。
  42. ^ 巨人・田口「ジャイアンツに1人ガチの親戚がいる」インスタライブで衝撃の事実明かす”. デイリースポーツ (2020年5月10日). 2020年5月10日閲覧。
  43. ^ Giants(読売巨人軍), Yomiuri (2017年7月5日). “畠世周投手が「くれ観光特使」に就任” (日本語). 読売巨人軍公式サイト. 2021年12月21日閲覧。
  44. ^ TBS「炎の体育会TV」巨人軍が今年最後の大暴れSPに畠世周選手の”いま一番会いたい人”としてRoseliaが登場しました”. Twitter (2020年12月26日). 2021年4月17日閲覧。
  45. ^ SPECIAL |『涼宮ハルヒ』シリーズ | 角川スニーカー文庫
  46. ^ 涼宮ハルヒの公式さんはTwitterを使っています 「【#涼宮ハルヒの直観 発売記念】 SOS団の100人応援コメント第6弾を公開! プロ野球選手・読売ジャイアンツの畠 世周さんのコメントを紹介します! https://t.co/M6V9Kbooa7 https://t.co/AUlsOS6J9Q」 / Twitter
  47. ^ 巨人D2・畠はホロ苦デビュー 広島で“凱旋登板”も4回4失点”. サンスポ (2017年7月6日). 2017年7月6日閲覧。
  48. ^ “巨人・畠、デビュー2戦目で待望プロ初勝利 6回まで二塁踏ませず」”. スポニチ Sponichi Annex (スポーツニッポン). (2017年7月19日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2017/07/19/kiji/20170719s00001173305000c.html 2017年7月19日閲覧。 
  49. ^ “巨人 畠、待望の初勝利 途中まで完封ペースも「実力不足…次回できるように」”. スポニチ Sponichi Annex (スポーツニッポン). (2017年7月19日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2017/07/19/kiji/20170719s00001173347000c.html 2017年7月19日閲覧。 
  50. ^ “【巨人】畠7回0封&プロ初安打初打点!DeNAとの最後の直接対決制す”. スポーツ報知. (2017年9月18日). オリジナルの2017年9月18日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170918043438/https://www.hochi.co.jp/giants/20170918-OHT1T50009.html 2017年9月18日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]