堀岡隼人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
堀岡 隼人
読売ジャイアンツ #95
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 神奈川県秦野市
生年月日 (1998-09-11) 1998年9月11日(22歳)
身長
体重
183 cm
87 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2016年 育成選手ドラフト7位
初出場 2019年8月1日
年俸 700万円(2021年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

堀岡 隼人(ほりおか はやと、1998年9月11日 - )は、神奈川県秦野市出身[2]プロ野球選手投手)。右投右打。読売ジャイアンツ所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

秦野市立東小学校1年生から野球を始め、秦野市立東中学校では「秦野シニア」に所属する[2]

高校は青森県青森市青森山田高等学校に進学。1年生の春からベンチ入りした[2]。2年生の秋には背番号1番を付け、三森大貴とともに、秋季東北地区大会を同校として初優勝し、第46回明治神宮野球大会に初出場[2][3]東邦高等学校に4対3で勝利し、ベスト4に進出する[4]。3年生の春に第88回選抜高等学校野球大会に同校として11年ぶり2回目の出場を果たすが[5]、1回戦で前年の神宮大会の準決勝で敗れた敦賀気比高等学校と対戦、山崎颯一郎と投げ合い、8回を被安打3、失点1の好投をみせるが、1対0で初戦敗退となった[6]。3年生の夏の第98回全国高等学校野球選手権青森大会では、4回戦の大湊高校戦で2番手で8回から登板したが3失点しチームは敗退。春夏連続の甲子園出場はならなかった[7]

入団テスト合格を経て、2016年10月20日に行われたプロ野球ドラフト会議にて、読売ジャイアンツから育成選手ドラフト7巡目で指名され[8]、支度金200万円、年俸240万円(金額は推定)で入団に合意した[9]。背番号は013

プロ入り後[編集]

2017年10月に右肘のクリーニング手術を受けた影響もあり[10]2018年まで三軍暮らしが続いたが、2019年は二軍で15試合登板、0勝0敗3セーブ、防御率0.86と好成績を残し、7月26日に支配下登録された[11][12]。推定年俸は420万円となり、背番号は95に変更された[12]読売ジャイアンツの高卒育成投手としては、球団史上初の支配下登録となった[13]。8月1日の広島東洋カープ戦で一軍初登板を果たし[14]、シーズンとしては3試合に登板し、防御率6.23を記録。オフに、40万円増の推定年俸460万円で契約を更改した[15]

2020年、7月5日に出場登録され同日にシーズン初登板し2回1安打無失点と好投するも、チーム事情でわずか1日で登録抹消[16]。8月6日の阪神タイガース戦では、0-4の8回から登板し、満塁弾を含む4安打2四球7失点で一死しか取れず降板し、野手である増田大輝が登板するきっかけを作った[17]。賛否両論があった増田登板について[18]、試合後に原辰徳監督は「堀岡を投げさせることの方がはるかに失礼なこと」とコメントし、翌8月7日に登録抹消となった[19]。シーズン終盤には二軍で先発に挑戦し3戦連続でハイ・クオリティ・スタートを記録するなど、成長の跡を見せた[20]。11月8日の東京ヤクルトスワローズ戦でプロ初ホールドを記録。最終的に、一軍では12試合登板、0勝0敗1ホールド、防御率7.82を記録。オフに、240万円増の推定年俸700万円で契約を更改した[13]

選手としての特徴・人物[編集]

ゆったりとしたフォームから、スライダーとチェンジアップを操る投球が持ち味[2]。高校時代の最速は144km/hであったが、プロ入り後には最速154km/hを記録[21][11]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2019 巨人 3 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 18 4.1 5 1 3 0 0 2 1 0 3 3 6.23 1.85
2020 12 0 0 0 0 0 0 0 1 ---- 62 12.2 16 2 8 0 0 11 0 0 13 11 7.82 1.89
通算:2年 15 0 0 0 0 0 0 0 1 ---- 80 17.0 21 3 11 0 0 13 1 0 16 14 7.41 1.88
  • 2020年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



投手












2019 巨人 3 0 1 0 0 1.000
2020 12 0 2 1 0 .667
通算 15 0 3 1 0 .750
  • 2020年度シーズン終了時

記録[編集]

背番号[編集]

  • 013 (2017年 - 2019年7月25日)
  • 95 (2019年7月26日 - )

登場曲[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ 巨人 - 契約更改 - プロ野球”. 日刊スポーツ. 2020年12月16日閲覧。
  2. ^ a b c d e 【巨人】育成7位右腕・堀岡隼人、ピンチで燃える強心臓”. スポーツ報知 (2017年2月17日). 2017年2月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年4月7日閲覧。
  3. ^ 青森山田、初出場Vだ 明治神宮大会13日開幕”. 日刊スポーツ (2015年11月10日). 2017年4月7日閲覧。
  4. ^ 高松商、青森山田が4強/明治神宮大会詳細”. 日刊スポーツ (2015年11月15日). 2017年4月7日閲覧。
  5. ^ 青森山田11年ぶりセンバツ「冬の成果を全国舞台で」”. 日刊スポーツ (2016年1月30日). 2017年4月2日閲覧。
  6. ^ 青森山田1点に泣く 昨年王者と互角も初戦敗退”. 日刊スポーツ (2016年3月26日). 2017年4月7日閲覧。
  7. ^ 大湊が青森山田破り4年ぶり8強!野崎V打/青森”. 日刊スポーツ (2016年7月15日). 2017年4月7日閲覧。
  8. ^ プロ野球 ドラフト 2球団が青森山田の三森、堀岡選手に指名あいさつ 両選手入団の意思 /青森”. 毎日新聞・地方版 (2016年10月25日). 2017年4月7日閲覧。
  9. ^ 巨人、D6指名の大江と合意 契約金3000万円”. SANSPO.COM (2016年11月16日). 2017年4月7日閲覧。
  10. ^ 巨人育成ルーキー堀岡が右肘クリーニング手術”. 日刊スポーツ (2017年10月20日). 2021年4月25日閲覧。
  11. ^ a b 堀岡隼人投手と支配下選手契約、背番号は「95」”. 読売巨人軍公式サイト (2019年7月26日). 2021年4月25日閲覧。
  12. ^ a b 巨人・堀岡、背番号「95」支配下選手登録「160キロも目指したい」”. サンケイスポーツ (2019年7月26日). 2021年4月25日閲覧。
  13. ^ a b 巨人・堀岡が240万円増の700万円で更改 来季は「脱・弱気」で一軍定着目指す”. 東京スポーツ (2020年12月16日). 2021年4月25日閲覧。
  14. ^ 巨人堀岡「チャンスもらえ嬉しい」初登板で初奪三振”. 日刊スポーツ (2019年8月1日). 2021年4月25日閲覧。
  15. ^ 巨人堀岡40万円増「1軍定着を」今季支配下に”. 日刊スポーツ (2019年11月22日). 2021年4月25日閲覧。
  16. ^ 【巨人】堀岡隼人、緊張で足ガクガクも先輩京田をK斬り 1日限定1軍で2回0封”. スポーツ報知 (2020年7月6日). 2021年4月25日閲覧。
  17. ^ 【巨人】「のろのろ~っ」投げの堀岡隼人が阿部2軍監督からの助言を受け変身中”. スポーツ報知 (2021年2月17日). 2021年3月19日閲覧。
  18. ^ 中居正広 賛否両論噴出した野手・増田大の登板に言及「僕は最っ高に楽しかったですね」”. スポーツニッポン (2020年8月23日). 2021年4月25日閲覧。
  19. ^ 【巨人】堀岡隼人が2軍へ 前夜の甲子園で7失点、野手の増田大輝と途中交代”. スポーツ報知 (2020年8月7日). 2021年4月25日閲覧。
  20. ^ 【巨人】堀岡隼人が3試合連続でハイクオリティースタートクリア 2軍西武戦”. スポーツ報知 (2020年10月30日). 2021年3月19日閲覧。
  21. ^ 「育成の巨人」証明へ 大化け途中の3人の速球派右腕たち!”. 高校野球ドットコム (2019年10月30日). 2021年4月25日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]