京山将弥

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
京山 将弥
横浜DeNAベイスターズ #48
170616 Masaya Kyoyama.jpg
横浜スタジアムにて(2017年6月16日)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 滋賀県大津市
生年月日 (1998-07-04) 1998年7月4日(19歳)
身長
体重
180 cm
74 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2016年 ドラフト4位
年俸 550万円(2017年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

京山 将弥(きょうやま まさや、1998年7月4日 - )は、横浜DeNAベイスターズに所属するプロ野球選手投手[1]。背番号48

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

滋賀県大津市出身[2][3]。晴嵐小学校1年に晴嵐スポーツ少年団で野球を始めた。この頃から頭一つ飛び抜けており、絶対的エースとしてチームを県ベスト8まで導いた。準々決勝では小学校の運動会と重なっており無念の辞退。北大路中学校では草津シニアに入団[3]

近江高校では1年夏からベンチ入り[3]。2年春に甲子園に出場し、2回戦の県岐阜商戦で登板[3]。3年夏の滋賀県大会では4試合26イニングで失点ゼロ、奪三振30[2]。決勝では高島高校を相手に二塁を踏ませない投球で被安打3、10三振を奪って完封勝利[3]。また六回の先制のチャンスでは2点適時二塁打を打った[3]甲子園では、初戦敗退だった[2]

2016年秋のドラフト会議横浜DeNAベイスターズからドラフト4位指名を受ける。そして2016年11月14日熊本市内のホテルで契約金4000万円、年俸550万円で仮契約を結んだ[4]。背番号は48。横浜DeNAについては「常勝球団というイメージ」[2]

プロ入り後[編集]

2017年春季キャンプは二軍スタート[5]イースタン・リーグ公式戦では主に先発として16試合に登板し、チーム唯一の規定投球回(99回1/3)に到達。6勝6敗、防御率4.17をマークした[6]。またフレッシュオールスターゲームにも選出され、1イニングを投げ三者凡退に抑えた[7]11月25日から台湾で開催されるアジアウインターベースボールリーグにおいて、NPBイースタン選抜に選出される[8]

選手としての特徴・人物[編集]

最速147キロでしなやかなフォームが特徴的[4]。打者の手元で伸びるストレートと、両サイドを厳しく突く制球力を武器としている[9]。横浜DeNAは「行きたい球団だった」といい、「プロでは先発を目指したい」という[2]。あこがれは金子千尋、対戦したい打者は中田翔坂本勇人[2]

詳細情報[編集]

背番号[編集]

  • 48 (2017年 - )

代表歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 選手名鑑 横浜DeNAベイス背番号ターズ”. 横浜DeNAベイスターズ公式サイト. 2017年3月5日閲覧。
  2. ^ a b c d e f 【ドラフト】近江高・京山投手「行きたい球団、うれしい」 横浜4位”. 産経WEST (2016年10月21日). 2017年3月5日閲覧。
  3. ^ a b c d e f 聖地を近江一色にしまっせ!プロ注目右腕・京山、圧巻3安打0封/滋賀”. サンケイスポーツ (2016年7月28日). 2017年3月5日閲覧。
  4. ^ a b DeNAドラ4京山が仮契約「早く1軍で登板」”. 日刊スポーツ (2016年11月14日). 2017年3月5日閲覧。
  5. ^ キャンプ一軍スタートの新人は何人いる?”. ベースボールキング (2017年1月31日). 2017年2月22日閲覧。
  6. ^ 2017年度 イースタン・リーグ 個人投手成績(規定投球回以上) | NPB.jp 日本野球機構” (2017年10月1日). 2017年10月6日閲覧。
  7. ^ 2017年度フレッシュオールスター・ゲーム 試合結果 | NPB.jp 日本野球機構” (2017年7月13日). 2017年10月6日閲覧。
  8. ^ a b 2017アジアウインターベースボールリーグ(AWB)NPBメンバー一覧”. NPB.jp (2017年11月17日). 2017年11月19日閲覧。
  9. ^ 京山 将弥 - 横浜DeNAベイスターズ”. スポーツナビ. 2017年3月5日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]