2016年の横浜DeNAベイスターズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
2016年の横浜DeNAベイスターズ
成績
CSファイナルステージ敗退 
CSFinal 1勝4敗(対広島
CS1st 2勝1敗(対巨人
セントラル・リーグ3位
69勝71敗3分 勝率.493
本拠地
都市 神奈川県横浜市
球場
横浜スタジアム
Yokohama Stadium 2007 -3.jpg
球団組織
オーナー 南場智子
経営母体 ディー・エヌ・エー (DeNA)
監督 アレックス・ラミレス
« 2015
2017 »

2016年の横浜DeNAベイスターズでは2016年横浜DeNAベイスターズの動向についてまとめる。

この年の横浜DeNAベイスターズは、アレックス・ラミレス監督の1年目のシーズンである。

開幕前[編集]

  • 1月4日
    • 2016年のチームスローガンを『WE PLAY TO WIN』としたことを発表。
  • 1月9日
    • 親会社変更5周年を記念しビジターユニホームを変更したことを発表。
  • 2月1日

シーズン中の出来事[編集]

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 白崎浩之
2 荒波翔
3 ロペス
4 筒香嘉智
5 ロマック
6 倉本寿彦
7 柴田竜拓
8 戸柱恭孝
9 井納翔一
2016年セントラル・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 最終成績
1位 巨人 -- 広島 -- 広島 -- 広島 -- 広島 -- 広島 --
2位 広島 0.5 中日 2.5 巨人 9.0 巨人 8.0 巨人 12.0 巨人 17.5
3位 中日 1.5 DeNA 2.5 DeNA 9.5 DeNA 10.0 DeNA 17.5 DeNA 19.5
4位 阪神 2.5 巨人 2.5 中日 10.0 阪神 15.0 ヤクルト 19.0 阪神 24.5
5位 ヤクルト 3.5 阪神 3.0 阪神 11.0 中日 16.0 阪神 21.0 ヤクルト 25.5
6位 DeNA 7.0 ヤクルト 4.5 ヤクルト 12.0 ヤクルト 17.5 中日 24.0 中日 30.5
期間
成績
9勝18敗2分
勝率.333
16勝7敗1分
勝率.696
9勝13敗
勝率.409
13勝11敗
勝率.542
10勝14敗
勝率.417
12勝8敗
勝率.600

[注 1]

最終成績
順位 球団 勝率
優勝 広島東洋カープ 89 52 2 .631
2位 読売ジャイアンツ 71 69 3 .507 17.5
3位 横浜DeNAベイスターズ 69 71 3 .493 19.5
4位 阪神タイガース 64 76 3 .457 24.5
5位 東京ヤクルトスワローズ 64 78 1 .451 25.5
6位 中日ドラゴンズ 58 82 3 .414 30.5

対戦成績[編集]

セントラル・リーグ
チーム 広島 巨人 DeNA 阪神 ヤクルト 中日
広島 - 13-12-0 13-12-0 18-7-0 17-8-0 17-7-1
巨人 12-13-0 - 10-14-1 15-9-1 14-11-0 11-13-1
DeNA 12-13-0 14-10-1 - 9-15-1 14-11-0 13-11-1
阪神 7-18-0 9-15-1 15-9-1 - 12-12-1 14-11-0
ヤクルト 8-17-0 11-14-0 11-14-0 12-12-1 - 16-9-0
中日 7-17-1 13-11-1 11-13-1 11-14-0 9-16-0 -

セ・パ交流戦[編集]

日本生命セ・パ交流戦2016 最終成績
順位 球団 勝率
優勝 福岡ソフトバンクホークス 13 4 1 .765 --
2位 千葉ロッテマリーンズ 12 6 0 .667 1.5
3位 広島東洋カープ 11 6 1 .647 2.0
4位 東北楽天ゴールデンイーグルス 11 7 0 .611 2.5
5位 北海道日本ハムファイターズ 10 8 0 .556 3.5
6位 埼玉西武ライオンズ 9 9 0 .500 4.5
7位 読売ジャイアンツ 9 9 0 .500 4.5
8位 中日ドラゴンズ 7 11 0 .389 6.5
9位 横浜DeNAベイスターズ 7 11 0 .389 6.5
10位 阪神タイガース 7 11 0 .389 6.5
11位 東京ヤクルトスワローズ 6 12 0 .333 7.0
12位 オリックス・バファローズ 5 13 0 .278 8.0

[注 2]


クライマックスシリーズ[編集]

2016 アットホーム クライマックスシリーズ セ ファーストステージ
日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場
10月8日(土) 第1戦 横浜DeNAベイスターズ 5 - 3 読売ジャイアンツ 東京ドーム
10月9日(日) 第2戦 横浜DeNAベイスターズ 1 - 2 読売ジャイアンツ
10月10日(月) 第3戦 横浜DeNAベイスターズ 4 - 3 読売ジャイアンツ
勝者:横浜DeNAベイスターズ
2016 マツダ クライマックスシリーズ・セ ファイナルステージ
日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場
アドバンテージ 横浜DeNAベイスターズ 広島東洋カープ
10月12日(水) 第1戦 横浜DeNAベイスターズ 0 - 5 広島東洋カープ MAZDA Zoom-Zoom
スタジアム広島
10月13日(木) 第2戦 横浜DeNAベイスターズ 0 - 3 広島東洋カープ
10月14日(金) 第3戦 横浜DeNAベイスターズ 3 - 0 広島東洋カープ
10月15日(土) 第4戦 横浜DeNAベイスターズ 7 - 8 広島東洋カープ
勝者:広島東洋カープ

個人成績[編集]

投手成績[編集]

色付きは規定投球回数(143イニング)以上の選手





































石田健大 25 0 0 9 4 0 0 .692 153.0 128 21 36 132 53 53 3.12
井納翔一 23 2 1 7 11 0 0 .389 151.2 156 14 47 113 65 59 3.50
須田幸太 62 0 0 5 3 0 28 .625 53.2 54 2 18 49 17 16 2.68
田中健二朗 61 0 0 5 3 0 28 .625 44.0 46 2 18 39 16 12 2.45
山崎康晃 59 0 0 2 5 33 7 .333 57.2 57 7 23 61 27 23 3.59
三上朋也 59 0 0 2 4 2 34 .333 58.2 47 7 18 36 21 17 2.61
ザガースキー 32 0 0 3 1 0 6 .750 32.2 37 3 19 34 19 18 4.96
加賀繁 26 0 0 0 0 0 6 .000 16.2 19 2 6 17 10 10 5.40
今永昇太 22 0 0 8 9 0 0 .471 135.1 108 16 38 136 47 44 2.93
小杉陽太 20 0 0 0 0 0 0 .000 26.2 26 3 10 19 12 11 3.71
山口俊 19 5 3 11 5 0 0 .688 138.2 112 10 44 121 48 44 2.86
熊原健人 18 0 0 1 1 0 0 .500 29.0 31 0 15 25 18 16 4.97
砂田毅樹 17 0 0 2 2 0 0 .500 52.1 64 5 18 34 26 22 3.78
大原慎司 16 0 0 0 0 0 1 .000 12.2 15 4 6 14 7 7 4.97
久保康友 15 1 1 5 8 0 0 .385 96.1 102 5 28 80 44 38 3.55
ペトリック 15 0 0 3 2 0 0 .500 52.1 48 10 12 22 31 29 5.51
モスコーソ 13 0 0 5 7 0 0 .417 80.0 88 15 19 65 47 46 5.18
久保裕也 9 0 0 0 0 0 0 .000 12.0 10 1 7 8 7 7 5.25
藤岡好明 9 0 0 0 1 0 2 .000 8.0 7 0 2 3 2 1 1.13
野川拓斗 6 0 0 0 0 0 0 .000 7.0 7 0 6 7 6 2 2.57
福地元春 6 0 0 0 1 0 0 .000 6.2 11 2 6 5 9 9 12.15
長田秀一郎 6 0 0 0 0 0 0 .000 4.0 8 0 3 3 4 4 9.00
ブロードウェイ 5 0 0 0 0 0 0 .000 6.0 7 3 2 3 7 3 4.50
三嶋一輝 4 0 0 1 1 0 0 .500 24.0 24 5 8 15 13 10 3.75
平田真吾 4 0 0 0 0 0 0 .000 3.1 7 2 3 2 9 8 21.60
三浦大輔 3 0 0 0 3 0 0 .000 14.2 29 3 4 14 18 18 11.05
国吉佑樹 1 0 0 0 0 0 0 .000 1.2 4 0 3 2 4 4 21.60
小林寛 1 0 0 0 0 0 0 .000 1.3 1 1 0 0 1 1 27.00

野手成績[編集]

色付きは規定打席(447打席)以上の選手



































筒香嘉智 133 561 489 89 151 28 4 44 110 0 0 2 87 105 .322 .430
倉本寿彦 141 566 534 38 157 19 2 1 38 2 5 3 22 98 .294 .323
桑原将志 133 522 462 80 131 23 2 11 49 19 8 0 38 93 .284 .356
梶谷隆幸 107 450 396 69 108 20 4 18 56 26 1 0 49 110 .273 .359
ロペス 123 518 483 66 127 27 1 34 95 0 0 7 24 75 .263 .299
戸柱恭孝 124 393 367 25 83 8 0 2 23 0 4 1 20 63 .226 .267
宮崎敏郎 101 335 302 31 88 16 0 11 36 0 0 0 25 30 .291 .3610
石川雄洋 95 329 297 35 62 8 2 2 14 6 11 1 18 67 .209 .258
白崎浩之 92 214 203 20 42 11 0 6 12 0 2 0 6 32 .207 .241
エリアン 79 274 257 30 56 12 2 5 33 2 3 0 13 57 .218 .258
関根大気 70 106 98 15 20 1 1 0 7 4 4 0 2 18 .204 .235
下園辰哉 67 85 74 5 20 2 0 1 14 0 0 1 9 13 .270 .353
山下幸輝 62 100 98 11 22 2 1 0 7 3 0 1 1 18 .224 .230
乙坂智 55 124 115 12 31 9 0 1 8 3 1 0 7 28 .270 .317
高城俊人 47 103 92 4 15 2 0 0 9 0 2 0 8 31 .163 .238
荒波翔 36 96 87 8 17 2 1 0 7 0 1 0 7 17 .195 .263
ロマック 30 85 71 7 8 1 0 0 2 0 0 1 12 30 .113 .247
後藤G武敏 27 30 23 2 6 1 0 1 6 0 0 0 7 9 .261 .433
柳田殖生 23 24 21 2 1 0 0 0 0 0 1 0 2 6 .048 .130
柴田竜拓 19 46 39 4 8 0 1 0 2 1 2 0 5 8 .205 .295
飛雄馬 17 38 35 3 5 0 0 1 1 0 0 0 0 0 .143 .211
井手正太郎 11 29 27 4 7 0 0 1 4 0 0 1 1 5 .259 .276
嶺井博希 11 17 15 2 5 1 0 0 3 0 0 0 0 2 .333 .412
松本啓二朗 11 14 13 1 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .154 .214
西森将司 6 3 3 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 .000 .000
白根尚貴 3 4 4 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 .000 .000
  • 太字はリーグ最高。

タイトル・表彰[編集]

入団・退団[編集]

シーズン開幕前[編集]

本節では、前シーズン終了から本シーズン開幕までの入退団について記述する。なお、退団の去就はスポーツ関係又は芸能関係の職業に転身した場合のみを記載し、空欄は前述以外の一般職業に転身もしくは去就不明を示す。

入団[編集]

選手名 前所属 備考
投手
00 久保裕也 読売ジャイアンツ 移籍
1 熊原健人 仙台大学 ドラフト2位
21 今永昇太 駒澤大学 ドラフト1位
45 綾部翔 霞ヶ浦高 ドラフト5位
58 野川拓斗 鷺宮製作所 ドラフト7位
67 ペトリック カージナルス傘下 新外国人
捕手
10 戸柱恭孝 NTT西日本 ドラフト4位
内野手
31 柴田竜拓 國學院大學 ドラフト3位
52 ロマック ダイヤモンドバックス 新外国人
60 白根尚貴 福岡ソフトバンク 移籍
外野手
57 青柳昴樹 大阪桐蔭高 ドラフト6位
育成選手
100 網谷圭将 千葉英和高 育成ドラフト1位
101 山本武白志 九州国際大学付属高 育成ドラフト2位
103 田村丈 関西学院大学 育成ドラフト3位

退団[編集]

選手名 去就
投手
東野峻 DeNA打撃投手
岡島秀樹 オリオールズ傘下
ビロウ メッツ傘下
土屋健二
高橋尚成 解説者
大田阿斗里 オリックス育成選手
加賀美希昇 JR西日本
捕手
靍岡賢二郎 DeNAブルペン捕手
内野手
バルディリス 韓国・ライオンズ
加藤政義 DeNA球団職員
グリエルJr 亡命してメジャーに挑戦
外野手
多村仁志 中日ドラゴンズ育成
赤堀大智 社会人・セガサミー
育成選手
今井金太

シーズン開幕後[編集]

本節では、本シーズン開幕から本シーズン終了までの入退団について記述する。

入団[編集]

選手名 前所属 備考
投手
68 藤岡好明 北海道日本ハム トレード[1]
69 ザガースキー 広島 移籍[2]
97 ブロードウェイ ジャイアンツ 新外国人
内野手
42 エリアン ブルワーズ 新外国人

選手・スタッフ[編集]

  • 背番号変更
  • 砂田毅樹 68→47
  • 登録名変更
  • 後藤武敏G.→後藤G武敏

マツダオールスター2016[編集]

  • 選出選手及びスタッフ
ポジション 名前 選出回数
抑え投手 山﨑康晃 2
投手 山口俊 3
石田健大
三上朋也 2
井納翔一 2
捕手 戸柱恭孝
外野手 筒香嘉智 2
  • 太字はファン投票による選出、他は監督推薦による出場。
  • ※山口の辞退による追加招集

2016 野球日本代表 強化試合選出選手[編集]

ドラフト[編集]

順位 選手名 守備 所属 結果
1位 濱口遥大 投手 神奈川大学
2位 水野滉也 投手 東海大学北海道キャンパス
3位 松尾大河 内野手 秀岳館高
4位 京山将弥 投手 近江高
5位 細川成也 外野手 明秀日立高
6位 尾仲祐哉 投手 広島経済大学
7位 狩野行寿 内野手 平成国際大学
8位 進藤拓也 投手 JR東日本
9位 佐野恵太 内野手 明治大学
育成選手ドラフト
1位 笠井崇正 投手 信濃グランセローズ

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 勝率が同率で並んだ場合、(1)当該球団間の対戦勝率(2)交流戦を除くリーグ戦勝率(3)前年度順位で順位が決定される
  2. ^ 勝率が同率で並んだ場合、(1)勝利数(2)当該チーム間の当年度交流戦の直接対決成績(3チーム以上並んだ場合は省略)(3)得点/攻撃イニング-失点/守備イニング(4)前項を自責点に置き換えたもの(5)チーム打率(6)前年度の交流戦順位で順位が決定される。

出典[編集]

  1. ^ 藤岡好明選手 獲得のお知らせ 2016年3月30日 横浜DeNAベイスターズ公式サイト(2016年6月14日閲覧)
  2. ^ マイク・ザガースキー選手 獲得のお知らせ 2016年4月3日 横浜DeNAベイスターズ公式サイト(2016年6月14日閲覧)