柿田裕太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
柿田 裕太
20140505 Yuta Kakita pitcher of the Yokohama DeNA BayStars,at Yokosuka Stadium.JPG
2014年5月5日、横須賀スタジアムにて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 長野県松本市
生年月日 (1992-08-27) 1992年8月27日(26歳)
身長
体重
182 cm
86 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2013年 ドラフト1位
年俸 900万円(2017年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

柿田 裕太(かきた ゆうた、1992年8月27日 - [2])は、日本の元プロ野球選手投手)。

2014年5月5日 横須賀スタジアムにて

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

長野県松本市出身[3]。小学校1年から野球をはじめ、明善中時代は「松本南シニア」に所属[4]松本工時代は、1年秋からエースとなり背番号1を背負う。3年夏の県予選では延長3試合を含む6試合を全て一人で投げきり、松本工を春夏通じて初めての甲子園に導いた[4]。 しかし甲子園では初戦の九州学院(熊本)戦で5回12失点と乱調、プロ志望を表明していたが指名されなかった。

高校卒業後、日本生命に入社し、同社硬式野球部に所属。2年目は日本選手権で3試合登板、3年目からは先発の一角を任され[4]、最速145キロ、平均140km/h前後の速球を中心に、カーブフォークツーシームといった変化球と、強気の内角攻めを持ち味とする投手へと成長した[要出典]

DeNA時代[編集]

2013年プロ野球ドラフト会議で、横浜DeNAベイスターズから1巡目で指名され入団。背番号は「13」。横浜は1位指名の松井裕樹をくじ引きで外した後の指名で、阪神タイガース北海道日本ハムファイターズとのくじ引きの末、交渉権を引き当てている。またこの年のドラフト会議では、柿田を含め日本生命の選手4人(小林誠司吉原正平井上晴哉)がプロから指名を受け、入団している。

2014年はルーキーながら一軍キャンプスタートを切ったものの[5]、キャンプ中に右肘を故障し二軍に降格[6]。そのまま、開幕を二軍で迎えた。7月17日に行われたフレッシュオールスターゲームのイースタン代表選手に選出。中継ぎで登板し、2回を無安打に抑えた。8月29日に神奈川県内で自動車を運転中に車との当て逃げ事故を起こし、届け出なかったとして神奈川県警に事情聴取を受け、9月9日に球団から1週間の謹慎処分(同乗していた同僚の山下峻関根大気は3日間の同処分)と無期限の運転禁止処分を受けた[7]。この年は二軍で13試合に登板し、7勝5敗、防御率3.93だった[8]

2015年4月28日に、「侍ジャパン大学日本代表 対 NPB選抜」のNPB選抜にチームから唯一選出された[9]。一軍公式戦への登板機会は無く、二軍では18試合の登板で、5勝3敗1セーブ、防御率3.88だった[10]

2016年も一軍登板がなく、二軍では13試合の登板で5勝1敗1セーブ、防御率5.29だった[11]。シーズン終了後の10月30日に背番号が「91」となることが発表された[12]

2017年にも一軍公式戦への登板がなく、二軍でも5試合で防御率14.54の成績に終わり10月5日に球団から戦力外通告された[13]

DeNA退団後[編集]

11月15日の12球団合同トライアウトマツダスタジアム)に参加し、対戦打者4人全員を三振に抑える[14]

選手としての特徴[編集]

左足を高々と上げる投球フォーム[15]から最速146km/hの変化するストレート[16]を軸にスライダーカーブフォークツーシームなど多彩な変化球を投げ分ける[17]

詳細情報[編集]

背番号[編集]

  • 13 (2014年 - 2016年)
  • 91 (2017年)

代表歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ DeNA - 契約更改 - プロ野球.日刊スポーツ.2016年11月6日閲覧。
  2. ^ スポニチアネックス
  3. ^ 柿田、DeNAと仮契約 契約金1億円「先発の一角に」 信濃毎日新聞(2013年11月19日)
  4. ^ a b c 「週刊ベースボール」 2013年11月11日号【2013ドラフト総決算号】ベースボール・マガジン社 JANコード:4910204421135
  5. ^ “DeNA・D1柿田ら新人5選手が1軍スタート”. サンケイスポーツ. (2014年1月25日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20140125/den14012517420000-n1.html 2014年7月17日閲覧。 
  6. ^ “右肘の炎症のDeNA・柿田、2軍キャンプで調整へ”. サンケイスポーツ. (2014年2月27日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20140227/den14022704020001-n1.html 2014年7月17日閲覧。 
  7. ^ DeNA当て逃げ同乗選手いた 中畑監督「逃げちゃいけない」スポーツニッポン2014年9月10日配信
  8. ^ 2014年度 横浜DeNAベイスターズ 個人投手成績(イースタン・リーグ)”. 日本野球機構. 2016年11月9日閲覧。
  9. ^ ユニバーシアード 日本代表壮行試合「侍ジャパン大学日本代表 対 NPB選抜」 NPB選抜チームに柿田選手が選出されました 横浜DeNAベイスターズ公式サイト (2015年4月28日) 2015年5月24日閲覧
  10. ^ 2015年度 横浜DeNAベイスターズ 個人投手成績(イースタン・リーグ)”. 日本野球機構. 2016年11月9日閲覧。
  11. ^ 2016年度 横浜DeNAベイスターズ 個人投手成績(イースタン・リーグ)”. 日本野球機構. 2016年11月9日閲覧。
  12. ^ 背番号変更のお知らせ”. 横浜DeNAベイスターズ (2016年10月30日). 2016年11月9日閲覧。
  13. ^ 2018年シーズン 選手契約について 横浜DeNAベイスターズ 2017年10月5日
  14. ^ “【トライアウト】前DeNA・柿田、打者全4人を三振「1軍で投げたい。全力でやります」”. スポーツ報知. (2017年11月15日). http://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20171115-OHT1T50102.html 2017年11月19日閲覧。 
  15. ^ DeNAドラ1柿田 韓国強打者斬った“汚い直球”実戦向き”. スポニチ Sponichi Annex (2014年2月8日). 2015年11月14日閲覧。
  16. ^ DeNAドラ1柿田「小林絶対倒す」”. 日刊スポーツ (2013年11月19日). 2015年11月14日閲覧。
  17. ^ 2013年 ドラフト情報” (2013年10月24日). 2015年11月14日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]