山下峻

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
山下 峻
20140505 Shun Yamashita, pitcher of the Yokohama DeNA BayStars, at Yokosuka Stadium.JPG
DeNA投手時代
(2014年5月5日、横須賀スタジアム)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 広島県安芸郡府中町
生年月日 (1991-08-19) 1991年8月19日(28歳)
身長
体重
182 cm
73 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2013年 ドラフト6位
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

山下 峻(やました しゅん、1991年8月19日 - )は、広島県安芸郡府中町出身の元プロ野球選手投手)。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

府中南小学校への在学中に、ソフトボールの投手として府中南ソフトボールクラブに在籍。6年時には、チームを広島県大会の3位に導いた。緑ヶ丘中学校への進学後に、安芸イーグルスで野球をスタート[1]

卒業後は広島国際学院高校へ進学し、3年生夏の選手権広島大会で、背番号10ながら全試合で先発投手に起用。しかし、準々決勝で如水館高校に敗れた。在学中には春夏とも阪神甲子園球場での全国大会への出場はなかった[1]

松本大学への進学後は、1年時から関甲新学生野球の2部リーグ戦に登板。2年の春季2部リーグ戦では、新潟大学打線を相手に、5回参考記録ながら2四死球を出しただけのノーヒットノーランを達成した[1]。チーム史上初めて1部リーグで迎えた3年時には、春秋通算で3勝7敗をマーク。2部に降格した4年時には、春季リーグ戦こそ股関節痛の影響で不振だったものの、秋季リーグ戦で3勝(2完封勝利)、防御率0.20という好成績を残した。

2013年のプロ野球ドラフト会議で、横浜DeNAベイスターズから6巡目で指名。契約金2,700万円、年俸720万円(金額は推定)という条件で入団した[2]。背番号は48

プロ入り後[編集]

入団以来2014年から一軍昇格の機会がないまま、2016年10月2日に球団から戦力外通告を受け[3]、現役を引退した。12月2日付で、NPBから自由契約選手として公示[4]

現役引退後[編集]

2016年12月から、保険代理店の営業部員に転身している[5]

選手としての特徴・人物[編集]

しなやかな腕の振りから繰り出す最速144km/hのストレートと、落差の大きなカーブで打ち取る投球が身上。松本大学の2年生まで中央球界で無名だったが、3年時に関甲新学生野球の1部リーグ戦で好投したことを機に、NPBの複数球団のスカウトから注目されるようになった[1]

DeNA1年目の2014年8月29日にチームメイトの柿田裕太が運転する自家用車に同乗したところ、柿田が当て逃げ事故を起こした。柿田がこの事故を警察に届け出ていなかったことが後に判明したため、同乗していた山下も球団から3日間の謹慎処分を受けた[6]

中学生時代には、大病を患った影響で半年間の入院と1年半にわたる通院を経験していた。松本大学への進学後も、DeNAで現役を引退するまでたびたび故障に見舞われた[1][5]。ちなみに引退を機に保険代理店への就職を決めたのは、「自分が未来につなげられることは、小さい頃に病気にかかったことと、プロ野球選手としてお金を稼いだことだけなので、『人のためになりたい』と思ったから」だという[5]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]

  • 一軍公式戦出場なし

背番号[編集]

  • 48 (2014年 - 2016年)

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 山下峻プロフィール(松本大学公式サイト)201年10月24日
  2. ^ 横浜DeNA:6位山下と仮契約(カナロコ) 2013年11月13日。
  3. ^ 2017年度 選手契約について”. 横浜DeNAベイスターズ公式サイト (2016年10月2日). 2016年10月2日閲覧。
  4. ^ 自由契約選手|2016年度公示”. NPB.jp 日本野球機構 (2016年12月2日). 2016年12月3日閲覧。
  5. ^ a b c DeNA山下峻は営業マンで再出発「人のために」”. 日刊スポーツ (2017年1月4日). 2017年1月4日閲覧。
  6. ^ DeNA当て逃げ同乗選手いた 中畑監督「逃げちゃいけない」スポーツニッポン2014年9月10日配信

関連項目[編集]