今井金太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
今井 金太
20121123 Kinta Imai, pitcher of the Yokohama DeNA BayStars, at Yokohama Stadium.JPG
DeNA時代
(2012年11月23日、横浜スタジアムにて)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 広島県広島市
生年月日 (1994-06-19) 1994年6月19日(24歳)
身長
体重
178 cm
78 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2012年 育成選手ドラフト1位
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
派遣歴

今井 金太(いまい きんた、1994年6月19日 - )は、広島県広島市出身の元プロ野球選手投手)。右投右打。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

小学6年時に、広島東洋カープジュニアチームの一員として第2回NPB12球団ジュニアトーナメントに出場した。

広島市立国泰寺中学校時代は広島ジャガーズに所属。3年夏にNOMOジャパンに選出され、米国遠征を経験した。

広島国際学院高等学校では、1年秋に中国大会ベスト8進出。安来高を5安打13奪三振1失点の完投で[1]、8年ぶりの初戦突破を達成。続く創志学園高戦でも6安打13奪三振2失点完投と好投を披露するも敗戦。3年時の夏は、初戦となる広島県予選2回戦の海田高戦で自己最多となる18奪三振を記録するが[2]、準々決勝で宇佐美塁大擁する県立広島工業高に打ち込まれ12安打8四死球の乱調で8失点完投負けを喫した。甲子園出場経験は無し。

2012年のプロ野球育成ドラフト会議横浜DeNAベイスターズから1巡目指名を受けたことから、育成選手として[3]入団した[4]。背番号は100[5]

プロ入り後[編集]

2013年には、イースタン・リーグ公式戦10試合に登板。1勝1敗、防御率3.60という成績を残した。

2014年には、DeNAに籍を置いたまま、5月1日からBCリーグ群馬ダイヤモンドペガサスへ派遣された[6][7]。当初の派遣期間は6月30日までだったが、後に(プレーオフ期間を含む)シーズン終了にまで延長[8][9]。チームトップの7勝を挙げたが、防御率は6.39であった。10月10日の派遣期間満了[10]を機に、DeNAへ復帰。イースタン・リーグの公式戦では、6試合の登板で0勝2敗、防御率6.75を記録している。

2015年には、イースタン・リーグ公式戦2試合に登板。投球回数はわずか2イニングで、支配下登録選手への移行を果たせないまま、10月4日に球団から戦力外通告を受けた[11]。なお、通告後の11月10日には、シートバッティング形式の12球団合同トライアウト草薙球場)へ参加。打者3人に対して、1被安打1奪三振という結果を残した[12]

選手としての特徴・人物[編集]

サイドスロー気味のスリークォーターから繰り出す最速147km/hのストレートとキレの良いスライダーが持ち味で、カットボールカーブフォークシュートといった多彩な変化球も操る[13][14][15]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]

  • 一軍公式戦出場なし

独立リーグでの投手成績[編集]













































W
H
I
P
2014 群馬 23 0 7 3 0 .700 320 69.0 74 3 36 9 41 8 0 55 49 6.39 5.35 1.59
通算:1年 23 0 7 3 0 .700 320 69.0 74 3 36 9 41 8 0 55 49 6.39 5.35 1.59

背番号[編集]

  • 100 (2013年 - 2015年)
  • 45 (2014年)※群馬ダイヤモンドペガサスでの背番号

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “芸州の金ちゃん”今井金太、13奪三振 デイリースポーツ 2010年10月23日掲載
  2. ^ 【夏雲】絶好調18奪三振 朝日新聞デジタル マイタウン広島 2012年7月20日掲載
  3. ^ 2012年ドラフト会議 契約交渉権獲得選手について”. 横浜DeNAベイスターズ (2012年10月25日). 2014年2月28日閲覧。
  4. ^ DeNA、育成ドラフト1位の今井と合意”. スポニチ Sponichi Annex (2012年11月16日). 2014年2月28日閲覧。
  5. ^ マルハTBS経営時代は、「球団に対して貢献のある複数の著名人」のための永久欠番としていたが、DeNAの経営となった際に失効させている。
  6. ^ 横浜DeNAベイスターズからの育成選手受け入れについて”. 群馬ダイヤモンドペガサス (2014年4月25日). 2014年4月25日閲覧。
  7. ^ プロ野球独立リーグ・BCリーグに今井金太選手を派遣”. 横浜DeNAベイスターズ (2014年4月25日). 2014年4月25日閲覧。
  8. ^ 今井金太選手 派遣期間延長のお知らせ”. 群馬ダイヤモンドペガサス (2014-06-257). 2014年7月6日閲覧。
  9. ^ 今井金太選手 プロ野球独立リーグ・BCリーグ派遣期間延長のお知らせ”. 横浜DeNAベイスターズ (2014年6月27日). 2014年7月6日閲覧。
  10. ^ 今井金太選手 派遣期間満了のお知らせ”. 群馬ダイヤモンドペガサス (2014年10月10日). 2014年10月12日閲覧。
  11. ^ 2016年度 選手契約について”. 横浜DeNAベイスターズ (2015年10月4日). 2015年11月11日閲覧。
  12. ^ “2015年合同トライアウト速報”. 日刊スポーツ. (2015年11月10日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1562569.html 
  13. ^ 広島国際学院・今井連続完投/広島大会”. nikkan sports.com (2012年7月21日). 2014年2月28日閲覧。
  14. ^ 横浜DeNA・育成1位の今井金太、右打者の急所を突く新球がゴールデン・ボールとなるか”. スポーツ報知 (2013年1月7日). 2014年2月28日閲覧。
  15. ^ 2012年ドラフト 今井金太”. スポニチ Sponichi Annex. 2014年2月28日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]