綾部翔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
綾部 翔
横浜DeNAベイスターズ #45
171003 Kakeru Ayabe.jpg
2017年10月3日、横浜スタジアムにて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 茨城県取手市
生年月日 (1997-04-25) 1997年4月25日(21歳)
身長
体重
189 cm
90 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2015年 ドラフト5位
初出場 2017年10月3日
年俸 590万円(2019年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

綾部 翔(あやべ かける、1997年4月25日 - )は、茨城県取手市出身のプロ野球選手投手)。右投右打。横浜DeNAベイスターズ所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

茨城県取手市出身[2]。永山小学校1年時から新取手リトルメッツで野球を始め、永山中学校では取手シニアに所属していた[3]

霞ヶ浦高校進学後、1年の秋から野手としてベンチ入り。2年夏の茨城県大会は控え投手としてベンチ入りしたが、県大会決勝で藤代高校相手に3-12と大敗。綾部も2回2失点と打たれ、これで霞ヶ浦高校は2年連続5度目の県大会決勝敗退となった[4]。その後2年の秋からエースとなる。3年の夏には茨城県大会3年連続で決勝に進出し、日立第一高校と対戦。綾部は2点リードの7回からリリーフし、3回をパーフェクトに抑えて胴上げ投手に。同校は6度目の決勝で悲願の甲子園出場を決めた[5]第97回全国高等学校野球選手権大会では初戦で2年生エース堀瑞輝擁する広島新庄高校と対戦。先発登板したが、6回途中4失点でマウンドを降り、チームも敗れた[6]

2015年のプロ野球ドラフト会議横浜DeNAベイスターズから5巡目指名を受け、11月5日に契約金3,000万円、年俸550万円(金額は推定)で仮契約した[7]。背番号は「45」。

DeNA時代[編集]

2016年、2軍で10試合に登板し、1勝2敗、防御率4.26だった[8]

2017年、10月3日、チームのクライマックスシリーズ出場決定後に1軍初昇格。同日の中日ドラゴンズ戦でプロ初登板・初先発を果たし、5回を投げ4安打無失点5奪三振と好投し、初勝利を挙げる。同じく1軍初昇格を果たし、初打席本塁打を記録した細川成也と共にお立ち台へ登った。

2018年、4月に右肩のクリーニング手術を受け、シーズン中はリハビリに専念した。

選手としての特徴[編集]

横須賀市内のベイスターズ球場から標高133メートルの塚山公園までの10人のルーキーでランニングをして、10分47秒のタイムで1位になる俊足とスタミナを持つ[9]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2017 DeNA 1 1 0 0 0 1 0 0 0 1.000 21 5.0 4 0 2 0 0 5 0 0 0 0 0.00 1.20
NPB:1年 1 1 0 0 0 1 0 0 0 1.000 21 5.0 4 0 2 0 0 5 0 0 0 0 0.00 1.20
  • 2018年度シーズン終了時

記録[編集]

投手記録
打撃記録
  • 初打席:2017年10月3日、対中日ドラゴンズ24回戦(横浜スタジアム)、2回裏に笠原祥太郎から空振り三振

背番号[編集]

  • 45 (2016年 - )

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]