1961年の大洋ホエールズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
1961年の大洋ホエールズ
成績
セントラル・リーグ6位
50勝75敗5分 勝率.404[1]
本拠地
都市 神奈川県川崎市
球場
川崎球場
Kawasaki 1989 02.jpg
球団組織
オーナー 中部謙吉
経営母体 大洋漁業
監督 三原脩
« 1960
1962 »

1961年の大洋ホエールズでは、1961年シーズンの大洋ホエールズの動向をまとめる。

この年の大洋ホエールズは、三原脩監督の2年目のシーズンである。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 近藤昭仁
2 箱田淳
3 近藤和彦
4 桑田武
5 金光秀憲
6 黒木基康
7 鈴木武
8 土井淳
9 秋山登
1961年セントラル・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 9月終了時 最終成績
1位 巨人 --
2位
3位
4位
5位
6位
1961年セントラル・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 読売ジャイアンツ 71 53 6 .569 -
2位 中日ドラゴンズ 72 56 2 .562 1.0
3位 国鉄スワローズ 67 60 3 .527 5.5
4位 阪神タイガース 60 67 3 .473 12.5
5位 広島カープ 58 67 5 .465 13.5
6位 大洋ホエールズ 50 75 5 .404 21.5

[1]

オールスターゲーム[編集]

監督 三原脩
ファン投票 近藤和彦
監督推薦 秋山登 島田源太郎 土井淳 桑田武

できごと[編集]

選手・スタッフ[編集]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
選手名 タイトル 成績 回数
桑田武 打点王 94打点 初受賞
近藤和彦 盗塁王 35個 初受賞
ベストナイン
選手名 ポジション 回数
近藤和彦 外野手 初受賞[注 1]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 1960年に一塁手部門で受賞しており、通算2度目。

出典[編集]

  1. ^ a b 年度別成績 1961年 セントラル・リーグ”. 2017年5月25日閲覧。
  2. ^ 週刊ベースボール』、ベースボール・マガジン社2012年5月21日、 96頁。
  3. ^ 読売新聞1961年12月18日7面「森の大洋入りとその波紋 球界によい教訓 一つの汚点残したが」