峰国安

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
峰 国安
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 長崎県西彼杵郡野母崎町
生年月日 (1940-10-18) 1940年10月18日(77歳)
身長
体重
175 cm
81 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1959年
初出場 1959年
最終出場 1968年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 大洋ホエールズ (1975 - 1976)

峰 国安(みね くにやす、1940年10月18日[1][2] - )は、長崎県西彼杵郡野母崎町出身の元プロ野球選手投手)・コーチ

来歴・人物[編集]

実家は漁師。海星高校では3年次の1958年夏の甲子園県予選で準決勝へ進出するが、西海学園に延長11回サヨナラ負けで甲子園出場を逃す。卒業後の1959年大洋ホエールズへ入団し、1960年4月10日中日戦(川崎)で初勝利を挙げる。球団史上初のリーグ優勝・日本一に貢献し、その後も主にリリーフとして起用される。1962年には一軍出場ゼロに終わったが、1964年には自己最多の45試合に登板して5勝を挙げた。1968年引退。その後は読売ジャイアンツ打撃投手1969年 - 1974年)を務め、王貞治の専属打撃投手として知られていた。巨人退団後は古巣・大洋の二軍投手コーチ補佐(1975年)、一軍投手コーチ(1976年)を務めた。退団後はスナック「峰」を経営。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]






















































W
H
I
P
1959 大洋 3 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 20 3.2 8 2 3 0 0 2 0 0 8 6 14.72 3.00
1960 27 4 0 0 0 1 2 -- -- .333 296 67.2 65 6 30 0 3 44 0 0 36 29 3.86 1.40
1961 30 8 0 0 0 1 3 -- -- .250 267 67.0 55 4 23 0 3 15 0 0 27 25 3.36 1.16
1963 18 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 116 25.1 31 4 11 0 0 13 4 0 16 14 4.97 1.66
1964 45 4 0 0 0 5 2 -- -- .714 400 97.1 88 10 28 0 6 45 0 0 41 38 3.51 1.19
1965 21 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 124 26.2 28 1 14 1 0 15 0 0 10 8 2.70 1.58
1966 12 0 0 0 0 0 1 -- -- .000 76 17.2 15 3 6 0 2 9 0 1 11 10 5.09 1.19
1967 23 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 137 32.1 29 2 13 2 2 20 1 0 16 13 3.62 1.30
1968 10 0 0 0 0 0 1 -- -- .000 84 18.2 21 5 11 0 0 15 0 0 16 12 5.79 1.71
通算:9年 189 16 0 0 0 7 9 -- -- .438 1520 356.1 340 37 139 3 16 178 5 1 181 155 3.91 1.34

記録[編集]

背番号[編集]

  • 55 (1959年 - 1966年)
  • 33 (1967年 - 1968年)
  • 67 (1969年 - 1974年)

脚注[編集]

  1. ^ 週刊ベースボールオンライン 峰国安 プロフィール
  2. ^ 『プロ野球80周年企画 日本プロ野球 世代別ベストナイン』 ベースボール・マガジン社、2014年8月20日、92頁。

関連項目[編集]