1960年の大洋ホエールズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1960年の大洋ホエールズ
成績
日本一
4勝0敗(対大毎[1]
セントラル・リーグ優勝
70勝56敗4分 勝率.554[2]
本拠地
都市 神奈川県川崎市
球場
川崎球場
Kawasaki 1989 02.jpg
球団組織
オーナー 中部謙吉
経営母体 大洋漁業
監督 三原脩
« 1959
1961 »

1960年の大洋ホエールズでは、1960年シーズンについての大洋ホエールズにおける動向をまとめる。

この年の大洋ホエールズは三原脩監督の1年目のシーズンである。

概要[編集]

前年まで6年連続最下位だった大洋は、前年まで西鉄の監督を務め、西鉄を4度のリーグ優勝、3度の日本一に導いている三原脩を新監督として迎えた。チームは、前年までと同様に貧打に苦しんだが[注 1]、新人の近藤昭仁を二塁に、さらにシーズン中の6月にトレードで近鉄から獲得した鈴木武を遊撃に置き、守りの野球に徹した三原監督が投手陣をやり繰りし、接戦を次々と勝利していった。開幕6連敗を喫した序盤は5月終了時点で借金3と苦戦したが、6月1日の対巨人戦で鈴木隆がセ・リーグ記録の8者連続奪三振を記録してからチームは波に乗り、最終的には2位の巨人に4.5ゲーム差をつけて、初のリーグ優勝を果たした[3]。日本シリーズでは、打者2人で先発を交代させる奇策を見せて、第1戦に勝利したのを皮切りに、「ミサイル打線」擁する大毎を相手に、レギュラーシーズン同様、投手陣のやり繰りで守り切る野球に徹し、全て1点差勝利の4連勝で初の日本一を決めた。前年まで6年連続最下位で、貧打の大洋を日本一に輝かせた三原監督の手腕は「三原マジック」と称された[4]

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー[5]
1 麻生実男
2 近藤和彦
3 岩本堯[注 2]
4 桑田武
5 渡辺清[注 3]
6 黒木基康
7 芝野忠男
8 土井淳
9 幸田優
1960年セントラル・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 最終成績
1位 巨人 -- 中日 -- 中日 -- 中日 -- 大洋 -- 大洋 --
2位 大阪 2.0 巨人 1.5 大洋 0.5 巨人 1.0 中日 1.5 巨人 4.5
3位 国鉄 2.0 広島 2.5 巨人 1.5 大洋 1.5 巨人 4.0 大阪 6.0
4位 中日 2.5 国鉄 3.0 広島 2.0 国鉄 2.5 大阪 6.5 広島 6.5
5位 大洋 3.5 大洋 4.0 国鉄 3.0 大阪 6.0 国鉄 7.5 中日 9.0
6位 広島 5.0 大阪 大阪 5.0 広島 7.0 広島 7.5 国鉄 16.0
1960年セントラル・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 大洋ホエールズ 70 56 4 .554 -
2位 読売ジャイアンツ 66 61 3 .519 4.5
3位 大阪タイガース 64 62 4 .508 6.0
4位 広島カープ 62 61 7 .504 6.5
5位 中日ドラゴンズ 63 67 0 .485 9.0
6位 国鉄スワローズ 54 72 4 .431 16.0

[2]

日本シリーズ[編集]

1960年 日本シリーズ
日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場
10月11日(火) 第1戦 毎日大映オリオンズ 0-1 大洋ホエールズ 川崎球場
10月12日(水) 第2戦 毎日大映オリオンズ 2-3 大洋ホエールズ
10月13日(木) 移動日
10月14日(金) 第3戦 大洋ホエールズ 6-5 毎日大映オリオンズ 後楽園球場
10月15日(土) 第4戦 大洋ホエールズ 1-0 毎日大映オリオンズ
優勝:大洋ホエールズ(初優勝)

[1]

オールスターゲーム1960[編集]

  • 選出選手及びスタッフ
ポジション 名前 選出回数
コーチ 三原脩
投手 秋山登 5
鈴木隆 3
島田源太郎
捕手 土井淳 5
内野手 桑田武 2
外野手 近藤和彦
  • 太字はファン投票による選出。

できごと[編集]

選手・スタッフ[編集]

[6]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
選手名 タイトル 成績 回数
秋山登 最優秀選手 初受賞
最優秀防御率 1.75 初受賞
最高勝率 .677 初受賞
ベストナイン
選手名 ポジション 回数
秋山登 投手 初受賞
土井淳 捕手 初受賞
近藤和彦 一塁手 初受賞

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 本塁打数リーグ最下位、打率リーグ5位
  2. ^ 偵察メンバーの若生照元と交代。
  3. ^ 偵察メンバーの秋山登と交代。

出典[編集]

  1. ^ a b 1960年度日本シリーズ”. 2015年10月22日閲覧。
  2. ^ a b 年度別成績 1960年 セントラル・リーグ”. 2015年10月22日閲覧。
  3. ^ 【4月2日】1960年(昭35) ノックバット直撃しエース昏倒!開幕6連敗も秋には美酒スポニチアネックス 日めくりプロ野球4月
  4. ^ 【4月19日】1960年(昭35) 卒倒から17日 秋山登 いきなり完投勝利で大洋浮上スポニチアネックス 日めくりプロ野球2012年4月
  5. ^ 『読売新聞』1960年4月4日付朝刊、14版、6面
  6. ^ ベイスボール・マガジン 1998年夏季号