1961年の近鉄バファロー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
1961年の近鉄バファロー
成績
パシフィック・リーグ6位
36勝103敗1分 勝率.261[1]
本拠地
都市 大阪府大阪市
球場
日本生命球場
Nissay-Stadium.jpg
球団組織
オーナー 佐伯勇
経営母体 近畿日本鉄道
監督 千葉茂
« 1960
1962 »

1961年の近鉄バファローでは、1961年シーズンについての近鉄バファローの動向をまとめる。

この年の近鉄バファローは、千葉茂監督の3年目のシーズンである。

概要[編集]

過去2年は主に巨人から選手が大量入団したが、この年の補強は新人の徳久利明国鉄を戦力外になった元巨人の岩下守道程度にとどまった。シーズンが始まるといきなり開幕4連敗、4月中旬にも8連敗を喫するなどいきなり低迷、5月中旬にも6連敗を喫し最下位に転落すると、その後も6月から8月にかけて10連敗を3度も記録するなど大型連敗を繰り返し、二度と最下位から浮上することはなかった。打線は小玉明利関根潤三、入団2年目のブルーム以外はパッとせずチーム打率はリーグ5位、投手陣は徳久が15勝を挙げ新人王を獲得した一方でリーグワーストの24敗を喫し、他に2ケタ勝利投手はなくチーム防御率も4点台近くという有様でリーグ最下位。10月4日にとうとう100敗の大台に到達し、最終的にプロ野球ワーストとなる103敗を喫したチームは優勝した南海に実に51.5ゲーム差、5位の阪急にも18ゲーム差と大きく引き離されて4年連続の最下位となり、千葉監督は責任を取って辞任、別当薫が新監督となった。

またこの年は、のちに近鉄の主力打者となる土井正博が入団した年でもあったが、この年は一軍出場はなかった。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 矢ノ浦国満
2 岩下守道
3 ブルーム
4 小玉明利
5 竹下光郎
6 内藤博文
7 加藤昌利
8 関森正治
9 蔦行雄
1961年パシフィック・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 9月終了時 最終成績
1位 南海 -- 南海 -- 南海 -- 南海 -- 南海 -- 東映 -- 南海 --
2位 西鉄 2.0 東映 4.5 東映 4.5 西鉄 4.0 西鉄 5.0 南海 1.0 東映 2.5
3位 東映 2.5 大毎 6.0 西鉄 5.0 東映 4.5 東映 6.0 西鉄 4.0 西鉄 5.5
4位 大毎 4.5 西鉄 7.5 大毎 7.0 大毎 8.0 大毎 11.5 大毎 12.5 大毎 15.0
5位 阪急 8.5 阪急 17.0 阪急 20.5 阪急 25.0 阪急 27.0 阪急 27.5 阪急 33.5
6位 近鉄 9.5 近鉄 19.0 近鉄 26.0 近鉄 33.5 近鉄 43.5 近鉄 47.0 近鉄 51.5
1961年パシフィック・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 南海ホークス 85 49 6 .629 -
2位 東映フライヤーズ 83 52 5 .611 2.5
3位 西鉄ライオンズ 81 56 3 .589 5.5
4位 毎日大映オリオンズ 72 66 2 .521 15.0
5位 阪急ブレーブス 53 84 3 .389 33.5
6位 近鉄バファロー 36 103 1 .261 51.5

[1]

オールスターゲーム1961[編集]

ファン投票 選出なし
監督推薦 ミケンズ ブルーム 小玉明利

できごと[編集]

  • 6月3日 - ブルームが対阪急戦(西宮)で観客の「ヤンキーゴーホーム」の野次に怒り、スタンドに上がって野次った観客に暴行を加えて、退場処分。後に7日間出場停止と、制裁金5万円の処分が下される[2]

選手・スタッフ[編集]

[3]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
選手名 タイトル
徳久利明 新人王
ベストナイン
選出なし

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ a b 年度別成績 1961年 パシフィック・リーグ”. 日本野球機構. 2017年7月30日閲覧。
  2. ^ 『日本プロ野球事件史 1934-2013 秘蔵写真で振り返る衝撃のプロ野球史』ベースボール・マガジン社〈B.B.MOOK スポーツシリーズ〉、2013年、22頁。ISBN 9784583619323
  3. ^ ベースボールマガジン2002夏季号, ベースボールマガジン社, (2002), p. 138