2010年の横浜ベイスターズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
2010年の横浜ベイスターズ
成績
セントラル・リーグ6位
48勝95敗1分 勝率.336
本拠地
都市 神奈川県横浜市
球場
横浜スタジアム
Yokohama Stadium 2007 -3.jpg
球団組織
オーナー 若林貴世志(TBSHD 取締役相談役)
経営母体 東京放送ホールディングス (TBSHD)
監督 尾花高夫
« 2009
2011 »

2010年の横浜ベイスターズ(2010ねんのよこはまベイスターズ)では、2010年における横浜ベイスターズの動向をまとめる。

この年の横浜ベイスターズは、尾花高夫監督の1年目のシーズンである。4月は借金3と前年より健闘したが[1]、その後は投手陣が崩壊し[2][3]、交流戦では最下位に低迷[4]、早々に優勝戦線及びクライマックスシリーズ争いから脱落した[5]。その後もチーム状態が好転することなく、シーズンをセ・リーグ最下位で終えた[6]。シーズン終盤以降には住生活グループへの買収交渉がチームの話題の中心になったが、最終的に翌年もTBSが球団保有を継続することになった[7][8]

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 石川雄洋
2 早川大輔
3 内川聖一
4 村田修一
5 スレッジ
6 カスティーヨ
7 橋本将
8 吉村裕基
9 ランドルフ
2010年セントラル・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 最終成績
1位 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 阪神 -- 阪神 -- 中日 --
2位 阪神 2.0 阪神 4.5 阪神 5.0 巨人 0.5 巨人 1.0 阪神 1.0
3位 中日 4.5 中日 6.5 中日 8.0 中日 4.0 中日 2.5 巨人 1.0
4位 横浜 6.0 横浜 11.5 ヤクルト 15.0 ヤクルト 12.5 ヤクルト 7.0 ヤクルト 6.5
5位 広島 7.0 広島 12.5 広島 15.5 広島 18.0 広島 18.0 広島 21.5
6位 ヤクルト 7.5 ヤクルト 16.5 横浜 18.5 横浜 21.0 横浜 24.5 横浜 32.0
2010年セントラル・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 中日ドラゴンズ 79 62 3 .560 -
2位 阪神タイガース 78 63 3 .553 1.0
3位 読売ジャイアンツ 79 64 1 .552 1.0
4位 東京ヤクルトスワローズ 72 68 4 .514 6.5
5位 広島東洋カープ 58 84 2 .408 21.5
6位 横浜ベイスターズ 48 95 1 .336 32.0

日本生命 セ・パ交流戦2010[編集]

日本生命セ・パ交流戦2010 最終成績
順位 球団 勝率 前年
優勝 オリックス・バファローズ 16 8 0 .667 - 11位
2位 埼玉西武ライオンズ 14 10 0 .583 2.0 7位
3位 福岡ソフトバンクホークス 13 10 1 .565 2.5 1位
4位 千葉ロッテマリーンズ 13 10 1 .565 2.5 8位
5位 東北楽天ゴールデンイーグルス 13 10 1 .565 2.5 10位
6位 北海道日本ハムファイターズ 12 11 1 .522 3.5 6位
7位 読売ジャイアンツ 12 12 0 .500 4.0 5位
8位 阪神タイガース 11 12 1 .478 4.5 9位
9位 中日ドラゴンズ 11 13 0 .458 5.0 4位
10位 広島東洋カープ 10 12 2 .455 5.0 3位
11位 東京ヤクルトスワローズ 9 14 1 .391 6.5 2位
12位 横浜ベイスターズ 6 18 0 .250 10.0 12位
  • 同率の場合は前年の順位で上位のチームが上位にランクされる


オールスターゲーム2010[編集]

  • 選出選手
ポジション 名前 選出回数
投手 山口俊

個人成績[編集]

主な投手成績[編集]

  • 色付きは規定投球回数(144イニング)以上の選手
  • 太字はリーグ最高
選手















































W
H
I
P
 
/[[]]|

主な打撃成績[編集]

  • 色付きは規定打席(452打席)以上の選手
  • 太字はリーグ最高
  • 10打席以上の選手を表記
選手











































O
P
S
 
/[[]]|

できごと[編集]

入団・退団[編集]

シーズン開幕前[編集]

本節では、前レギュラーシーズン終了から本シーズン開幕までの入退団について記述する。なお、退団の去就はスポーツ関係又は芸能関係の職業に転身した場合のみを記載し、空欄は前述以外の一般職業に転身もしくは去就不明を示す。

支配下選手
入団 退団
No. 選手名 入団区分 前所属 No. 選手名 退団区分 去就
投手
13 坂元弥太郎 トレード2 北海道日本ハムファイターズ 13 那須野巧 トレード1 千葉ロッテマリーンズ
16 加賀繁 ドラフト2位 住友金属鹿島 17 加藤武治 トレード2 北海道日本ハムファイターズ
17 清水直行 トレード1 千葉ロッテマリーンズ 32 松家卓弘 トレード2 北海道日本ハムファイターズ
27 ブーチェック 新外国人 グリン
34 篠原貴行 山北茂利
44 大家友和 三橋直樹
47 眞下貴之 ドラフト4位 東海大学付属望洋高 岡本直也
48 安斉雄虎 ドラフト3位 向上高 47 工藤公康
49 福田岳洋 ドラフト5位 香川オリーブガイナーズ マストニー
56 杉原洋 ウォーランド
64 松山傑 トレード2 北海道日本ハムファイターズ 99 横山道哉
66 王溢正
捕手
10 橋本将 FA移籍 千葉ロッテマリーンズ 齋藤俊雄 トレード1 千葉ロッテマリーンズ
内野手
32 稲田直人 トレード2 北海道日本ハムファイターズ 仁志敏久
42 ハーパー 新外国人 呉本成徳
51 カスティーヨ 新外国人 斉藤秀光
55 筒香嘉智 ドラフト1位 横浜高
外野手
3 スレッジ 新外国人 関口雄大 トレード2 北海道日本ハムファイターズ
37 早川大輔 ジョンソン
育成選手
入団 退団
No. 選手名 入団区分 前所属 No. 選手名 退団区分 去就
投手
111 国吉佑樹 育成ドラフト1位 秀岳館高
115 小林公太 育成ドラフト2位 多摩大学附属聖ヶ丘高

シーズン開幕後[編集]

本節では、本シーズン開幕から本シーズン終了までの入退団について記述する。

入団[編集]

選手名 背番号 前所属 備考
江尻慎太郎(投手) 52 北海道日本ハムファイターズ 4月2日、石井裕也とトレード
井手正太郎(外野手) 12 福岡ソフトバンクホークス 4月20日、吉川輝昭とトレード

退団[編集]

選手名 去就
石井裕也(投手) 4月2日、江尻慎太郎とトレードで日本ハムに移籍
吉川輝昭(投手) 4月20日、井手正太郎とトレードでソフトバンクに移籍
吉見祐治(投手) 5月9日、金銭トレードでロッテに移籍

選手・スタッフ[編集]

  • 背番号変更
  • 育成→支配下

ドラフト[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 須田幸太 投手 JFE東日本 入団
2位 加賀美希昇 投手 法政大学 入団
3位 荒波翔 外野手 トヨタ自動車 入団
4位 小林寛 投手 大阪学院大学 入団
5位 大原慎司 投手 TDK 入団
6位 福山博之 投手 大阪商業大学 入団
7位 大原淳也 内野手 香川オリーブガイナーズ 入団
8位 靍岡賢二郎 捕手 愛媛マンダリンパイレーツ 入団
育成選手ドラフト
順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 松下一郎 捕手 関西外国語大学 入団

出典[編集]

[ヘルプ]