ダン・ジョンソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ダン・ジョンソン
Dan Johnson
YB-Dan-Johnson.jpg
横浜ベイスターズ時代(2009年)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ミネソタ州アノーカ郡クーンラピッズ
生年月日 (1979-08-10) 1979年8月10日(40歳)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
210 lb =約95.3 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 投手一塁手三塁手外野手
プロ入り 2001年 ドラフト7巡目でオークランド・アスレチックスから指名
初出場 MLB / 2005年5月27日 クリーブランド・インディアンス
NPB / 2009年4月3日 中日ドラゴンズ
最終出場 NPB / 2009年10月2日 読売ジャイアンツ
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ダニエル・ライアン・ジョンソンDaniel Ryan Johnson , 1979年8月10日 - )は、アメリカ合衆国ミネソタ州アノーカ郡クーンラピッズ出身のプロ野球選手投手一塁手)。右投左打。

来歴[編集]

プロ入り後[編集]

2001年MLBドラフト7巡目でオークランド・アスレチックスから指名を受け、プロ入りを果たす。

2005年にメジャーデビューを果たした。同年は、ルーキーイヤーながら15本塁打を放つ活躍を見せ、数年後の中軸打者として期待された。

2006年は不振に陥り、.234という低い打率でシーズンを終えた。

2007年は復調し18本塁打を記録するがその後は出場機会があまり無かった。

2008年4月18日にウェーバーでタンパベイ・レイズへ移籍した。

横浜時代[編集]

2008年12月19日に横浜ベイスターズへ移籍。チームに手薄な左の長距離砲として期待されていた。

2009年は4番の村田修一がWBCで怪我をしたため、4番候補にも挙げられたが開幕では3番として出場。村田の復帰後は主に5番か6番に起用された。守備位置は横浜では外野手登録となっていたが、本職は内野手であり、メジャー時代に外野を守ったことは1試合程度しかない。そのことに加え、キャンプ中に左太ももを痛めるなど下半身に不安があることや、前年一塁を守っていた内川聖一が外野に回ることを承諾したため、試合では本職の一塁手で起用されている。前半戦終了時で本塁打13本と長打力を見せており、四球で出塁することも多い。8月に村田が足の故障で再び離脱すると4番三塁手としても出場している。また、打撃フォームは極端なオープンスタンスから少し足を開く程度に変わっている。シーズン後半から代打起用を中心に打撃成績が向上したものの、シーズン終盤に弱点を徹底的に攻められ再び成績が降下し、低打率から脱することなくシーズンを終えた。年俸と低打率、そして内野しか守れないことがネックとなり球団はシーズン終了後に契約を解除、退団した。

レイズ復帰[編集]

2010年は古巣レイズと年俸50万の1年契約を結んだ。AAA級ダーラム・ブルズでは30本塁打、打率.303、OPS1.053と結果を残し8月にメジャーに昇格。メジャーでは打率.198ながら7本塁打と出塁率.343を残し、9月15日のニューヨーク・ヤンキース戦では2本塁打4打点の活躍を見せ、チームの地区優勝に貢献した。

2011年は開幕から5月まで打率.115、OPS.345と不振に陥り、5月24日には40人枠から外れた。AAA級ダーラムでは93試合の出場で打率.273、13本塁打を残し、9月14日にメジャーに昇格。9月28日に行われたヤンキースとのプレーオフ進出が懸かったシーズン最終戦で、9回裏2死走者なし1点ビハインドの場面で代打で出場。2ストライク2ボールと追い込まれ、ファウルで粘った後に外角低めの球をライトスタンドに運び、土壇場で同点とした。その試合で延長12回サヨナラ勝ちを収めたレイズは、ワイルドカード争い首位で並んでいたボストン・レッドソックスボルチモア・オリオールズに敗れたため、プレーオフ進出を決めた。

レイズ退団後[編集]

2012年2月1日にシカゴ・ホワイトソックスとマイナー契約を結び、ロースター拡大した9月にメジャー昇格した。

2013年1月24日にニューヨーク・ヤンキースとマイナー契約を結んだ。メジャー昇格のないまま8月30日に放出され、同日ボルチモア・オリオールズにマイナー契約で入団。AAA級ノーフォーク・タイズで5試合出場後、9月13日にメジャー昇格を果たし、3試合に出場し、5打数無安打1三振に終わった。11月1日にFAとなり、11月15日にトロント・ブルージェイズとマイナー契約を結んだ[1]。なお、この頃から投手への転向も考えていたという[2]

2014年はAAA級バッファロー・バイソンズで開幕を迎え、94試合に出場。17本塁打54打点、打率.248だった。7月11日に一塁手のアダム・リンドが故障で離脱したため、ブルージェイズとメジャー契約を結んだ[3]。昇格後は13試合に出場したが、7月31日に左ハムストリングのの故障で15日間の故障者リスト入りした。9月2日に再昇格したが、2試合の出場にとどまった。この年は15試合に出場し、1本塁打7打点、打率.211だった。10月3日に40人枠を外れ、AAA級バッファローへ降格し、同日にFAとなった[4]。オフの12月15日にヒューストン・アストロズとマイナー契約を結んだ[5]

2015年3月26日に金銭トレードでマイナー契約のままシンシナティ・レッズに移籍。4月25日に自由契約となり、5月4日にセントルイス・カージナルスとマイナー契約を結び、AAA級メンフィス・レッドバーズに配属された。7月8日にメジャー契約を結び昇格した[6]

投手転向後[編集]

2016年3月5日にタンパベイ・レイズとナックルボーラーとしてマイナー契約を結んだ[7]。しかし3月30日に解雇となり、4月8日に内野手として独立リーグ・アトランティックリーグブリッジポート・ブルーフィッシュと契約し、一塁手の他に投手としても5試合に登板。6月13日にトレードでロングアイランド・ダックスに移籍。ダックスでは野手としての出場のみで29日に解雇となる。7月8日に投手としてアメリカン・アソシエーションセントポール・セインツと契約し7試合に登板。8月23日に投手としてロサンゼルス・ドジャースとマイナー契約を結んだ。

2017年5月15日に内野手としてメキシカンリーグプエブラ・パロッツと契約。6月1日にレオン・ブラボーズに移籍。8月21日にセントポール・セインツへ移籍し、投手登録。

2018年も投手登録でセインツに所属。7月14日にトレードでリンカーン・ソルトドッグスに移籍。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2005 OAK 109 434 375 54 103 21 0 15 169 58 0 1 0 8 50 1 1 52 11 .275 .355 .451 .806
2006 91 331 286 30 67 13 1 9 109 37 0 0 0 5 40 2 0 45 6 .234 .323 .381 .704
2007 117 495 416 53 98 20 1 18 174 62 0 0 0 4 72 4 3 77 12 .236 .349 .418 .768
2008 1 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
TB 10 28 25 3 5 0 0 2 11 4 0 0 0 0 3 0 0 7 0 .200 .286 .440 .726
'08計 11 29 26 3 5 0 0 2 11 4 0 0 0 0 3 0 0 7 0 .192 .276 .423 .699
2009 横浜 117 382 325 43 70 6 1 24 150 57 0 0 0 1 52 1 4 78 10 .215 .330 .462 .791
2010 TB 40 140 111 15 22 3 0 7 46 23 1 0 0 3 25 0 1 27 1 .198 .343 .414 .757
2011 31 91 84 7 10 1 0 2 17 4 0 0 0 0 6 0 1 18 3 .119 .187 .202 .389
2012 CWS 14 31 22 8 8 1 0 3 18 6 0 0 0 0 9 1 0 3 0 .364 .548 .818 1.367
2013 BAL 3 5 5 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
2014 TOR 15 48 38 8 8 2 0 1 13 7 0 0 0 2 7 0 1 10 1 .211 .333 .342 .675
2015 STL 12 21 19 1 3 0 0 0 3 2 0 0 0 0 2 0 0 4 1 .158 .238 .158 .396
MLB:10年 443 1625 1382 179 324 61 2 57 560 203 1 1 0 22 214 8 7 244 34 .234 .335 .405 .741
NPB:1年 117 382 325 43 70 6 1 24 150 57 0 0 0 1 52 1 4 78 10 .215 .330 .462 .791
  • 2018年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



一塁(1B) 三塁(3B) 左翼(LF)




































2005 OAK 101 897 57 6 94 .994 - -
2006 85 689 64 4 96 .995 - -
2007 97 869 40 4 80 .996 - -
2008 TB 8 39 5 0 4 1.000 - 1 3 0 0 0 1.000
2009 横浜 53 451 27 6 31 .988 33 24 42 4 4 .943 -
2010 TB 13 82 3 0 11 1.000 6 5 6 2 0 .846 3 1 0 0 0 1.000
2011 21 151 13 1 10 .994 3 0 2 0 0 1.000 -
2012 CWS 3 12 1 0 2 1.000 - -
2013 BAL 1 1 0 0 1 1.000 - -
2014 TOR 8 44 4 1 2 .980 - -
2015 STL 6 34 4 0 6 1.000 - -
MLB 343 2818 191 16 306 .905 9 5 8 2 0 .867 4 4 0 0 0 1.000
NPB 53 451 27 6 31 .988 33 24 42 4 4 .943 -
  • 2018年度シーズン終了時

表彰[編集]

MiLB

記録[編集]

NPB

背番号[編集]

  • 11 (2005年)
  • 29 (2006年 - 2008年途中、2012年)
  • 24 (2008年途中 - 同年終了、2010年 - 2011年)
  • 3 (2009年)
  • 55 (2013年)
  • 16 (2014年)
  • 30 (2015年)

脚注[編集]

  1. ^ Blue Jays sign veteran Johnson to Minors deal MLB.com
  2. ^ 【MLB】元横浜の一塁手、ナックルボーラー転身で“二刀流”挑戦か[リンク切れ] Yahoo!ニュース(提供元:iSM)、2014年10月10日
  3. ^ Blue Jays Place Lind On Disabled List”. MLB.com Blue Jays Press Release (2014年7月11日). 2014年7月12日閲覧。
  4. ^ Blue Jays Roster Moves”. MLB.com Blue Jays Press Release (Ocotber 4, 2014). 2014年12月18日閲覧。
  5. ^ Greg Johns (2014年12月17日). “Astros sign first baseman Johnson to Minors deal”. MLB.com. 2014年12月18日閲覧。
  6. ^ “Cardinals call up 35-year-old 1B Dan Johnson from Triple A” (英語). FOX Sports Midwest. (2015年7月8日). http://www.foxsports.com/midwest/story/st-louis-cardinals-call-up-35-year-old-1b-dan-johnson-from-triple-a-070815 2015年7月9日閲覧。 
  7. ^ メジャー通算57発男ジョンソンが投手転向 魔球で再出発 スポニチアネックス 2016年3月7日配信、2016年3月18日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]