早川大輔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
早川 大輔
オリックス・バファローズ コーチ #84
Hayakawa.bw (2).jpg
オリックス・ブルーウェーブ時代
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 兵庫県伊丹市
生年月日 (1975-06-03) 1975年6月3日(42歳)
身長
体重
177 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 右投両打
ポジション 外野手
プロ入り 2001年 ドラフト5巡目
初出場 2002年4月4日
最終出場 2011年10月18日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • オリックス・バファローズ (2016 - )

早川 大輔(はやかわ だいすけ、1975年6月3日 - )は、兵庫県伊丹市出身の元プロ野球選手外野手、右投両打)、コーチ2016年からオリックス・バファローズ二軍の外野守備走塁コーチを務める。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

兵庫県伊丹市に生まれるも、ほどなく千葉県浦安市に転居。千葉県立船橋高等学校から立教大学へ進学。東京六大学リーグ通算62試合出場、206打数48安打打率.233、1本塁打、9打点、44盗塁。なお、船橋高校および立教大学へは一般入試で進学している(早稲田大学第一文学部・教育学部を受験するも失敗。高校受験では早稲田実業にも落ちている)。

卒業後、本田技研工業に入社。狭山野球部に在籍した4年間で都市対抗野球に3度出場し、2000年には新日本製鐵君津2001年には日本通運の補強選手としてそれぞれチームのベスト4進出に貢献した。

同年オフのドラフト5巡目でオリックス・ブルーウェーブに入団。

オリックス時代[編集]

2002年は外野のレギュラーが決まらないチャンスを生かし、ルーキーながら55試合に出場。打率1割台と打撃はまったく振るわなかったが、6盗塁を記録し、強肩も披露するなど守備・走塁では十分戦力になることをアピールした。

2003年は育成期間としてシーズンのほとんどを二軍で過ごすも、課題の打撃を徐々に向上させた。一軍では代走守備固めとしての出場が多かった。

2004年は左打ちに専念して一軍に定着。アテネオリンピック代表村松有人不在時は1番・中堅手として活躍し、規定打席未満ながらも打率3割、2桁盗塁、プロ初本塁打を記録した。ブルーウェーブ最終戦となった9月27日の対近鉄戦では、6回裏に安打を放ったが、これがブルーウェーブ最後の安打となった。同年秋の分配ドラフトにより、オリックス・バファローズと契約。

2005年は開幕戦で8回表に代打で出場し、松坂大輔から安打を放って出塁すると、オリックス・バファローズとしての初盗塁・初得点を記録した。近鉄との球団合併でライバルが増えたが、前年に続き打撃好調で、前半は3割を超える高打率を維持し、一気にレギュラーを獲得するかに思えた。しかし、5月からは一転して絶不調に陥り、後半は代走・守備要員に戻ってしまった。

2006年は自身の故障や平野恵一の外野コンバート、村松の好調などに押され代走・守備要員としての出場に留まり、21試合の出場で2割に満たない打率に終わった。同年の秋季キャンプからテリー・コリンズ監督の助言で再びスイッチヒッターに挑戦した。

ロッテ時代[編集]

2006年11月、辻俊哉との交換トレード千葉ロッテマリーンズに移籍した。

2007年は外野の層の薄いロッテへの移籍が早川にとって大きなチャンスとなり、打撃も好調で移籍してからは2番・中堅手に定着。前半は3割を維持し、1番・TSUYOSHIとの両打ち俊足1・2番コンビで高い出塁率を誇った。オールスターゲームにも監督推薦で出場する事が決まったが、前半戦最終戦で指を負傷して直前で登録抹消されたこともあり、ベンチ入りしたものの出場する機会は無かった。最終的に自己最多の133試合に出場し、三塁打数はリーグトップで自身初の規定打席にも到達した。さらにオフの契約更改では高評価を受け、旧年俸の倍以上の提示(218%)に一発サインをした。その後の会見で「来季の目標は3割・30盗塁」と公言した。新天地でのあまりの活躍ぶりに、放出したオリックスの宮内義彦オーナーは、「早川は私が(トレード責任者から)聞いていた情報とは全然違った」と嘆いたほどだった[1]

2008年5月5日のオリックス戦、6回表ノーアウト一塁、カウント1ストライク0ボールの場面で、一塁ランナー西岡剛が盗塁した際に捕手日高剛へ向けてバットを投げる。試合は一時中断したが球審柿木園悟の判定はファウルチップで試合再開、西岡の盗塁も認められた。スローで見ても捕球後のタイミングでバットを投げている行為である。7月3日楽天戦の9回の打席で、ヒットエンドランの際に投球はピッチドアウトで大きく外れていたにも関わらず、嶋基宏捕手が二塁へ送球するタイミングでバットを放り投げた(捕手がうまくかわし、二塁へ送球したため結果は盗塁死となった)。8月14日のソフトバンク戦(千葉マリンスタジアム)では、新垣渚からプロ入り初の満塁本塁打を放った。9月10日のオリックス戦(京セラドーム大阪)でも、本柳和也から満塁本塁打を放っている。同年は前年に比べて打率を落とし、規定打席にはあと一歩及ばなかったが、133試合に出場し前年を上回る18盗塁をマークした。

2009年4月5日西武戦において、捕手の細川亨に対して上記のような状況でバットを放り投げ、捕手に当たった。細川は右手首を痛がる様子を見せ二塁に送球することができなかった。このプレーに対し守備妨害が宣告されアウトとなった。上記のとおり以前から類似のプレーが問題となっていた。バットを故意に投げつけてるように見える危険なプレーがYouTubeなどにアップロードされ批判が集中、ロッテファンが運営している応援ブログでも批判コメントが殺到し、日本野球機構にも問い合わせが来ていた。ロッテは公式ホームページで「外角外れたボールに何とかバットを当てようとした結果、バットが捕手に当たってしまった」と主張した[2]。なお、早川は夕刊フジのインタビューで「今後は気をつけます。バットを投げること自体は悪くないでしょ。でも当てちゃまずいですよね。退場になってもおかしくないプレー。(西武)細川君には平謝りしました」と答えた[3]。結局84試合の出場に終わった。

横浜時代[編集]

2009年シーズンオフに横浜ベイスターズへのトレード移籍(金銭トレード)が発表された[4]

2010年阪神タイガースとの開幕戦では2番・中堅手として先発出場。しかし、打撃不振や守備のミスで出場機会を下園辰哉に奪われ、5月30日の古巣の対ロッテ戦の出場を最後に2軍降格。それ以降は1軍から声が掛かることなく、31試合の出場に終わった。

2011年はチームが最下位に沈むという状況の中でも終盤まで1軍出場が無く、10月6日に現役引退を発表した[5]。引退試合は10月18日中日ドラゴンズ戦で、代打で出場して空振り三振に倒れた。試合終了後にはチームメイトから胴上げが行われ、ライト・レフトスタンドの両球団のファンからの早川コールに応えた。12月2日、自由契約公示された。

引退後[編集]

12月29日にオリックスより、2012年1月1日付で球団本部編成部国内グループにスカウトとして復帰することが発表された[6]

2016年より、オリックス二軍の外野守備走塁コーチに就任することが発表された。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2002 オリックス 55 124 113 8 20 4 0 0 24 1 6 4 3 0 2 0 6 34 2 .177 .231 .212 .444
2003 19 13 12 5 4 2 0 0 6 1 0 2 0 0 1 0 0 4 0 .333 .385 .500 .885
2004 68 250 215 35 66 8 3 4 92 21 14 4 13 1 12 0 9 32 1 .307 .367 .428 .795
2005 87 199 177 24 50 5 2 1 62 18 6 2 3 0 14 0 5 41 1 .282 .352 .350 .702
2006 21 55 46 10 9 2 0 1 14 3 5 1 5 0 1 0 3 11 0 .196 .260 .304 .564
2007 ロッテ 133 536 459 72 130 17 8 5 178 44 16 8 23 4 34 2 16 74 3 .283 .351 .388 .739
2008 133 416 369 53 92 14 4 5 129 32 18 8 13 3 18 0 13 60 7 .249 .305 .350 .655
2009 84 189 175 30 39 6 1 1 50 12 5 4 6 1 6 0 1 34 0 .223 .251 .286 .537
2010 横浜 31 100 79 14 15 1 0 1 19 6 6 2 9 0 11 0 1 14 0 .190 .297 .241 .538
2011 1 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
通算:10年 632 1883 1646 251 425 59 18 18 574 138 76 35 75 9 99 2 54 305 14 .258 .320 .349 .669
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別守備成績[編集]



外野手












2002 オリックス 44 63 2 1 0 .985
2003 14 9 0 0 0 1.000
2004 59 125 3 1 1 .992
2005 51 74 0 1 0 .987
2006 18 23 0 0 0 1.000
2007 ロッテ 128 246 6 8 0 .969
2008 126 237 3 2 1 .992
2009 67 89 2 1 0 .989
2010 横浜 24 42 0 1 0 .977
通算:10年 531 908 16 15 2 .984

記録[編集]

背番号[編集]

  • 23 (2002年)
  • 37 (2003年 - 2006年、2010年 - 2011年)
  • 44 (2007年 - 2009年)
  • 84 (2016年 - )

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 宮内オーナー「トレードことごとく失敗」”. 2007年6月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年2月15日閲覧。 - 日刊スポーツ(2007年6月1日)
  2. ^ スコアボード:埼玉西武vs千葉ロッテ(2009/04/05)”. 2009年4月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年4月9日閲覧。 - 千葉ロッテマリーンズ・オフィシャルサイト
  3. ^ ロッテ早川、バットで“殺人未遂”も「悪くないでしょ」 - ZAKZAK 2009年4月8日閲覧
  4. ^ 早川大輔選手のトレードについて - 千葉ロッテマリーンズ・オフィシャルサイト
  5. ^ 早川大輔選手引退のお知らせ - 横浜ベイスターズ・オフィシャルサイト
  6. ^ 【オリックス】年末年始の“大”人事異動 - 日刊スポーツ 2011年12月29日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]