小川裕介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
小川 裕介
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 京都府宇治市
生年月日 (1979-06-16) 1979年6月16日(39歳)
身長
体重
183 cm
78 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2001年 自由獲得枠
初出場 2002年10月9日
最終出場 2003年8月1日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

小川 裕介(おがわ ゆうすけ、1979年6月16日 - )は、京都府宇治市[1]出身の元プロ野球選手投手)。

来歴・人物[編集]

小学3年で野球を始め、当時は捕手だったが中学で投手となる[1]立命館宇治高校時代は3年夏の京都府大会ベスト4が最高成績で、甲子園には出場できず[1]立命館大学時代には4年春からエースになると7連勝を記録し、リーグ通算26試合に登板し、9勝3敗防御率1.77の成績を残した[1]。2001年にオリックス・ブルーウェーブ(当時)初の自由枠選手として入団[1]

プロ入り後[編集]

2002年10月9日西武ライオンズ戦でプロ初登板。同年は3試合に登板した。

翌年2003年は2試合に登板するも大きく打ちこまれ、防御率は135.00と散々たるものだった。また、8月1日の福岡ダイエーホークス戦でも登板したが、この試合はチームが1-29と記録的大敗を喫した試合であり、小川も大きく打ちこまれてしまった。

2004年は一軍登板はなかった。

2005年からは大阪近鉄バファローズとの合併に伴い行われた分配ドラフトによりオリックス・バファローズに残留したが一軍登板はなかった。

2006年に二軍の広島戦で初勝利を挙げた。二軍でも入団から13連敗を喫しており、その連敗を止めての初勝利だったが一軍登板はこの年もできず、10月に戦力外通告を受けた。その年の12球団合同トライアウトに参加するが獲得する球団はなく現役を引退した。

鳴り物入りで入団したが、二軍でも入団から4年間で13連敗を記録し勝利を挙げられないなど全く活躍できなかった。

引退後[編集]

引退後は保険のセールスをしている。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2002 オリックス 3 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 14 3.0 4 0 1 1 0 4 0 0 2 2 6.00 1.67
2003 2 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 7 0.1 3 1 3 0 0 0 0 0 6 5 135.00 18.00
通算:2年 5 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 21 3.1 7 1 4 1 0 4 0 0 8 7 18.90 3.30

記録[編集]

背番号[編集]

  • 19 (2002年 - 2004年)
  • 68 (2005年 - 2006年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、123ページ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]