西川龍馬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
西川 龍馬
広島東洋カープ #63
西川龍馬2016.06.17.jpg
2016年6月17日、マツダスタジアムにて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府大阪市港区
生年月日 (1994-12-10) 1994年12月10日(27歳)
身長
体重
176 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 外野手三塁手
プロ入り 2015年 ドラフト5位
初出場 2016年3月26日
年俸 7600万円(2022年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
獲得メダル
男子 野球
日本の旗 日本
アジア プロ野球チャンピオンシップ
2017

西川 龍馬(にしかわ りょうま、1994年12月10日 - )は、大阪府大阪市港区出身(出生地は島根県出雲市)のプロ野球選手外野手内野手)。右投左打。広島東洋カープ所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

島根県出雲市で出生。実父が歴史好きであることから、坂本龍馬にちなんで「龍馬」と名付けられた[2][3]

大阪府大阪市港区へ転居していた小学校1年時に、福崎ヤンチャーズで軟式野球を始めると、大阪市立築港中学校在学中に大正リトルシニアへ所属していた。

中学校からの卒業後に、福井県敦賀気比高等学校へ進学し、硬式野球部で1年時の夏からレギュラーの座をつかんだ。主将へ任命された2年時秋の北信越地区高等学校野球大会でチームが優勝し、3年時の春には第84回選抜高等学校野球大会へ出場したが、浦和学院高等学校の前に初戦敗退を喫した[4]。夏の全国高等学校野球選手権福井大会では準決勝で菅原秀擁する福井工大福井高等学校に敗れた[5]。硬式野球部の1学年先輩には吉田正尚、1学年後輩には玉村祐典岸本淳希喜多亮太がいる。

高校卒業後は、「(大学へ行くと)甘えてしまうと思った。自分で稼ぎながら野球をやろうと。1年でも早くプロに行きたいという思いが強かった」との理由で大学進学はせず、社会人野球の王子製紙に入社した[6]愛知県の春日井工場に配属され、工場を拠点に活動する硬式野球部に入部。3年目の2015年に3番打者に定着すると、第86回都市対抗野球の本大会に出場。9月には社会人野球日本代表チームの一員として、BFAアジア大会に参加した。

2015年のNPBドラフト会議で、内野手として広島東洋カープから5巡目で指名。契約金4000万円、年俸750万円(金額は推定)という条件で入団し[7]、チームの主力選手である丸佳浩田中広輔が入団時から数年間着用していた背番号63を与えられた[8]。ちなみに、広島はこの会議で、王子硬式野球部の船越涼太捕手を4巡目で指名。広島でも西川のチームメイトになった[9]が、2019年限りで退団すると、2020年から王子硬式野球部へ復帰している。

広島時代[編集]

打席に立つ西川

2016年は、レギュラーシーズンの開幕を一軍で迎えると、3月26日に横浜DeNAベイスターズとの開幕カード第2戦(MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島)で公式戦にデビュー。翌3月27日の同カードで、公式戦初安打を三塁打で記録した。広島の新人選手が一軍公式戦での初安打を三塁打で記録した事例は、NPBドラフト制度を導入した1965年以降の入団選手としては初めてであった[10]。7月14日のフレッシュオールスターゲーム倉敷マスカットスタジアム)では、ウエスタン・リーグ選抜チームの「1番・二塁手」としてフル出場を果たした[11]。一軍公式戦全体では62試合の出場で打率.294を記録した。

2017年は、4月30日の対DeNA戦(横浜スタジアム)8回表に代打へ起用されると、一軍公式戦での初本塁打を三上朋也からの2点本塁打でマーク。通算では98試合の出場で、打席数が前年の58から220へ大きく増えたほか、5本塁打や長打率.417を記録した。シーズン終了後には、第1回アジア プロ野球チャンピオンシップ日本代表として出場[12]

2018年は、開幕一軍入りを果たしながら、打撃が振るわず5月2日[13]から20日間にわたって二軍で調整。一軍への復帰後は好調[14]で、不振の安部友裕に代わって正三塁手に定着した。打撃面では、セントラル・リーグ規定打席に届かなかったものの、プロ入り後初めて打率3割を記録。チームのリーグ3連覇達成に大きく貢献したが、三塁の守備では送球難を露呈したほか、この年のリーグ守備規定を満たした三塁手では最も多い17失策を記録した[15]

2019年は、内野手登録のまま外野手へ転向した。前年の終盤に送球難などから安部に正三塁手の座を再び明け渡したことに加えて、前年までの正中堅手だった丸佳浩が、国内FA権の行使によって読売ジャイアンツへ移籍したことによる[16]。シーズン序盤にはクリーンアップの一角を任されたほか、令和時代初の公式戦であった5月1日の対阪神タイガース戦(阪神甲子園球場)から6月5日の対埼玉西武ライオンズ戦(西武プリンスドーム)まで、出場27試合連続安打を記録した。7月15日の対DeNA戦(横浜)から「1番・中堅手」に定着すると、7月21日の対巨人戦、7月24日の対中日ドラゴンズ戦(いずれもマツダスタジアム)、同27日の東京ヤクルトスワローズ戦(明治神宮野球場)、同31日の対巨人戦(東京ドーム)で初回先頭打者本塁打を記録。「月間4本の初回先頭打者本塁打」という球団記録[17]に加えて、「4カード連続の初回先頭打者本塁打」という日本プロ野球公式戦新記録を達成した[18]。さらに、8月の一軍公式戦における通算安打数は42本で、月間最多安打の球団タイ記録を樹立[19]。シーズンを通じて好調を維持し、一軍公式戦には138試合の出場で、プロ入り後初めてリーグの規定打席へ到達。打率こそ3割へわずか届かなかった(.293)ものの、プロ入り後初めてのシーズン2桁本塁打(16本)を記録した。守備面では、127試合で外野を守った一方で、本職の内野では5試合で一塁の守備に就いただけにとどまった[20]。シーズン終了後の秋季キャンプでは、「西川に2つのポジションを守らせれば攻守の幅がさらに広がる」という首脳陣の方針で三塁の守備練習を再開している[21]

2020年も、内野手登録を続けながら、事実上外野手として起用。レギュラーシーズンの開幕から2か月間は、主に3番打者として、リーグ4位の打率.318を記録していた[19][22]。8月25日の対DeNA戦(横浜)にもスタメンで起用されていたが、2打席で退いた後に、翌26日に出場選手登録を抹消。球団では抹消の理由を「コンディション不良」と発表していた[19]が、開幕の直前から右足首を痛めていたことに加えて、患部をかばうあまり脇腹痛も発症していたことが後に判明している[23]。実際には1か月半ほど実戦を離れ、一時は三軍でリハビリに専念していた[24]。レギュラーシーズン終盤の10月11日に一軍へ復帰してからは好調[25]で、同18日の対ヤクルト戦(マツダ)で自身初の1試合2本塁打を記録[26]。翌19日の対阪神戦(甲子園)では、プロ入り後初めて4番打者に起用されたことで一軍公式戦への全打順スタメン出場、3回表の打席で2点先制打を放ったことで全打順安打を記録した[27]。最終的には76試合の出場に留まり[28]セ・リーグの規定打席には届かなかったものの、通算打率.304でシーズンを終了。11月11日には右腓骨筋腱腱鞘形成術を受けた。翌2021年の開幕から逆算したうえで踏み切った手術だったが、12月3日に臨んだ契約交渉では、手術の原因になった右足首の故障が球団から「公傷」と認められなかった。わずか12分間の交渉の末に、推定年俸6300万円(前年から500万円減)という条件で契約を更改し、記者会見では「今年は野球に取り組んだ感覚も、良いイメージも全くなく、『ケガとの戦い』で1年が終わってしまった」と述懐している[23]

2021年は開幕から3番打者を務め[29]3月26日の中日ドラゴンズとの開幕戦で福谷浩司から1号本塁打を放った[30]。4月で5本塁打を放ったが[31]、5月に入ると不振に陥り7番を務める試合も見られ[32][33]、7月に入っても打率は2割5分と不振を脱却できなかった[34]。後半戦ではバットをより軽いタイプに変更した[35]。最終的にはチーム最多の137試合に出場し打率.286、2年ぶりとなる2桁本塁打を記録した。年俸は1300万円増となる7600万円で更改した[36]

選手としての特徴・人物[編集]

中堅守備につく西川

高いミート力と卓越したバットコントロールで[37][38]、見逃せばボールであるワンバウンドやインコース高めの球を安打や本塁打にするなど[38]、その打撃センスから「天才」と称されることが多い[39]。走力も兼ね備えており、50m走のタイム6秒0を記録している[37]

広島入団後の一軍公式戦ではチーム事情に応じて打順を動かされることが多く、出場463試合目で4番打者に初めて起用された[26]。この時点で、9番打者としても7試合に出場している[27]

実父と祖父が広島のファン[7]。目標は敦賀気比高等学校の先輩に当たる東出輝裕で、自身と同じく広島で内野手として活躍した後に、打撃コーチとして西川を指導している[7]

広島への入団後は、手術を受けた右足首のリハビリに専念した2020年度を除いて、シーズンが終わるたびに近藤健介などと合同で自主トレーニングに臨んでいる[23]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2016 広島 62 58 51 8 15 3 1 0 20 3 0 1 2 1 4 0 0 9 0 .294 .339 .392 .731
2017 95 220 204 23 56 10 2 5 85 27 4 1 3 2 10 0 1 35 4 .275 .309 .417 .725
2018 107 361 327 44 101 22 3 6 147 46 5 3 4 1 27 3 2 51 4 .309 .364 .450 .814
2019 138 585 535 70 159 23 3 16 236 64 6 7 11 5 32 4 2 81 9 .297 .336 .441 .777
2020 76 328 296 36 90 18 0 6 126 32 6 1 2 0 28 1 2 52 6 .304 .368 .426 .794
2021 137 551 504 57 144 19 1 12 201 60 3 3 4 4 37 1 2 70 14 .286 .335 .399 .733
通算:6年 615 2103 1917 238 565 95 10 45 815 232 24 16 26 13 138 9 9 298 37 .295 .343 .425 .768
  • 2021年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



一塁 二塁 三塁 外野
















































2016 広島 - 12 5 8 0 1 1.000 27 7 13 1 2 .952 -
2017 - 4 5 6 2 1 .846 48 28 51 2 6 .975 -
2018 3 26 0 0 1 1.000 1 1 0 0 0 1.000 86 47 119 17 10 .907 -
2019 5 34 1 0 5 1.000 - - 127 250 3 2 1 .992
2020 - - - 74 138 2 1 0 .993
2021 1 2 0 0 1 1.000 - - 127 241 6 2 3 .992
通算 9 62 1 0 7 1.000 17 11 14 2 2 .926 161 82 183 20 18 .930 328 629 11 5 4 .992
  • 2021年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

表彰[編集]

記録[編集]

初記録
その他の記録
  • 月間4本の初回先頭打者本塁打:2019年7月 ※史上7人目(8度目)、球団記録[17][18]
  • 4カード連続初回先頭打者本塁打:2019年7月19日 - 21日の巨人戦から同7月30日 - 8月1日の巨人戦まで ※史上初[18]
  • 全打順安打:2020年10月20日、対阪神タイガース戦(阪神甲子園球場[27]

背番号[編集]

  • 63(2016年 - )

代表歴[編集]

登場曲[編集]

関連情報[編集]

CM[編集]

  • 東亜地所 カープ選手4人篇(2017年) 東亜地所イメージキャラクターを務める
  • もみじ銀行(2019年)もみじ銀行イメージキャラクターを田中広輔と務める
  • 東亜地所(2019年)會澤翼捕手と出演

関連番組[編集]

  • カーチカチ!テレビ 初夢SP 〜新井さん家の新年会〜(2019年1月1日、RCCテレビ)サプライズ訪問のコーナーに出演
    • 女子ソフトボール部をサプライズ訪問
    • 西川ファンの小学生をサプライズ訪問
  • スポラバ新春特番 なにわカープ男子旅〜やっぱ地元も好きやねんSP〜(2020年1月2日、テレビ新広島

脚注[編集]

  1. ^ 広島 - 契約更改 - プロ野球”. 日刊スポーツ. 2021年12月18日閲覧。
  2. ^ 「2016ルーキー 輝けコイの七つ星(5) 西川龍馬内野手 父と特訓 磨いた打撃」中国新聞 2016年1月23日、22面
  3. ^ CARP TIMES 2017年6号7頁
  4. ^ 浦和学院 対 敦賀気比
  5. ^ 福井工大福井 4-2 敦賀気比
  6. ^ 誰もが認める西川龍馬の天才的打撃力。広島のセンター争いが面白い” (日本語). web Sportiva (2019年3月6日). 2021年6月21日閲覧。
  7. ^ a b c “広島5位は運命? 王子・西川はカープ男子の系譜”. 日刊スポーツ. (2015年10月22日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/1556207.html 2017年5月1日閲覧。 
  8. ^ “楽天森原8球プロ1勝、勝利球は「おじいちゃんに」”. 日刊スポーツ. (2017年5月1日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1816095.html 2017年5月1日閲覧。 
  9. ^ “広島ドラフト4位船越 目指せ城島!ドラフト5位西川は東出先輩に弟子入り志願”. スポーツニッポン. (2015年11月10日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2015/11/10/kiji/K20151110011480110.html 2016年3月21日閲覧。 
  10. ^ “ドラフト5位西川 広島初プロ初安打が三塁打”. デイリースポーツ. (2016年3月28日). http://www.daily.co.jp/baseball/carp/2016/03/28/0008934510.shtml 2020年10月21日閲覧。 
  11. ^ 2016年度フレッシュオールスター・ゲーム 試合結果NPB日本野球機構
  12. ^ 大会出場メンバー25名を発表 3監督が記者会見で意気込みを語る 野球日本代表 侍ジャパン オフィシャルサイト (2017年10月12日) 2017年10月22日閲覧
  13. ^ “西川、打撃不振で二軍降格 高コーチ「下でどんどん試合にでてもらう」”. デイリースポーツ. (2018年5月2日). https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2018/05/02/0011219117.shtml 2018年11月19日閲覧。 
  14. ^ “広島西川V1号、再昇格後は「すごい数字」緒方監督”. 日刊スポーツ. (2018年6月11日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201806110000049.html 2018年11月19日閲覧。 
  15. ^ “広島逆転負け初3連覇お預け…M1ままでビール撤収”. 日刊スポーツ. (2018年9月25日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201809250000049.html 2018年11月19日閲覧。 
  16. ^ “広島西川1100万増 外野挑戦「ポスト丸」期待”. 日刊スポーツ. (2018年12月17日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201812170000428.html 2018年2月24日閲覧。 
  17. ^ a b “広島・西川 7月4本目の先頭アーチ!緒方ら抜いた球団月間新 菊池と初アベック弾”. スポーツニッポン. (2019年8月1日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/08/01/kiji/20190801s00001173104000c.html 2019年8月4日閲覧。 
  18. ^ a b c “広島西川がプロ野球史上初、4カード連続先頭打者弾”. 日刊スポーツ. (2019年8月1日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201907310000870.html 2019年8月4日閲覧。 
  19. ^ a b c “最下位広島にさらなる試練…3番・西川が登録抹消 前夜のDeNA戦で途中交代 セ打率4位好調も…”. スポーツニッポン. (2020年8月26日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2020/08/26/kiji/20200826s00001173303000c.html 2020年10月21日閲覧。 
  20. ^ 2019年度 広島東洋カープ 個人守備成績(セントラル・リーグ)NPB日本野球機構
  21. ^ “気持ちは外野一本も…広島 西川龍馬 三塁に再挑戦「幅が広がることなので」”. スポーツニッポン. (2019年10月13日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/10/13/kiji/20191013s00001173004000c.html 2020年10月21日閲覧。 
  22. ^ “西川離脱の広島は「ノマキクドウ」の上位打線 DeNA戦のスタメン発表”. BASEBALL KING. (2019年8月26日). https://baseballking.jp/ns/244419 2020年10月21日閲覧。 
  23. ^ a b c “広島西川「野球やった感ない」交渉わずか12分で判”. 日刊スポーツ. (2020年12月3日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202012030001104.html 2020年12月3日閲覧。 
  24. ^ “広島・西川が二軍戦で1か月半ぶり実戦復帰「早く上がれるように状態を上げていきたい」”. 東京スポーツ. (2020年10月6日). https://www.tokyo-sports.co.jp/baseball/npb/2251698/ 2020年10月21日閲覧。 
  25. ^ “広島・龍馬が帰ってきた! 即日の3安打2打点 大盛、宇草ら躍動に危機感持つも焦らず復帰”. スポーツニッポン. (2020年10月11日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2020/10/12/kiji/20201012s00001173065000c.html 2020年10月21日閲覧。 
  26. ^ a b “広島・西川龍馬 通算463試合目でプロ初の先発4番 2日前に自身初の1試合2発 誠也は3番で変わらず”. スポーツニッポン. (2020年10月20日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2020/10/20/kiji/20201020s00001173373000c.html 2020年10月21日閲覧。 
  27. ^ a b c “広島西川が初4番先制打で全打順安打 3戦連続打点”. 日刊スポーツ. (2020年10月20日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202010200001068.html 2020年10月21日閲覧。 
  28. ^ カープ西川龍馬、セ界最速1号アーチ 初打席の初球ガツン!手術から完全復活”. デイリースポーツ (2021年3月27日). 2022年3月29日閲覧。
  29. ^ 広島、西川の好走塁で先制 前日、右膝負傷で交代も元気いっぱい”. デイリースポーツ (2021年4月2日). 2022年3月29日閲覧。
  30. ^ 広島・龍馬 今季チーム1号で先制点挙げる 右足首手術から完全復活!今季こそタイトル争いだ” (日本語). スポニチ Sponichi Annex (2021年3月26日). 2022年3月29日閲覧。
  31. ^ 【広島】西川龍馬が1カ月半ぶりアーチ 3回まで無安打の打線がお目覚め” (日本語). スポーツ報知 (2021年6月9日). 2022年3月29日閲覧。
  32. ^ 【広島】西川龍馬、見せた“曲芸打ち”タイムリー「ワンバンを打つぐらいのイメージで」” (日本語). スポーツ報知 (2021年5月17日). 2022年3月29日閲覧。
  33. ^ お見事、悪球打ち!広島・西川が2年ぶりの7番で「奮起」の左前適時打” (日本語). スポニチ Sponichi Annex (2021年5月16日). 2022年3月29日閲覧。
  34. ^ 【広島】2か月半ぶり3連勝で自力V復活 4安打の西川龍馬に佐々岡監督「意地を見せてくれた」” (日本語). スポーツ報知 (2021年7月13日). 2022年3月29日閲覧。
  35. ^ 広島西川龍馬にニューバット メジャー本塁打競争で大谷破ったソトモデル”. 日刊スポーツ (2021年8月7日). 2022年3月29日閲覧。
  36. ^ 広島・西川龍馬が1300万円増の自己最高7600万円 「上げてもらった方かな」 自ら背番号「63」継続を明言” (日本語). サンスポ (2021年12月17日). 2022年3月29日閲覧。
  37. ^ a b “躍動するルーキー” 鈴木誠也に「天才」と言わしめた男・西川龍馬” (日本語). BASEBALL KING (2016年9月21日). 2021年11月5日閲覧。
  38. ^ a b 広島・西川、華麗なショーにもなりうる悪球打ち(写真=共同)” (日本語). 日本経済新聞 (2019年8月6日). 2021年2月17日閲覧。
  39. ^ 誰もが認める西川龍馬の天才的打撃力。広島のセンター争いが面白い” (日本語). web Sportiva (2019年3月6日). 2021年2月17日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]