山田修義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
山田 修義
オリックス・バファローズ #57
Nobuyoshi Yamada01.jpg
2012年4月29日 春日スタジアムにて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 福井県福井市
生年月日 (1991-09-19) 1991年9月19日(28歳)
身長
体重
184 cm
87 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2009年 ドラフト3位
初出場 2010年9月5日
年俸 1,500万円(2019年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

山田 修義(やまだ のぶよし、1991年9月19日 - )は、オリックス・バファローズに所属する福井県福井市出身のプロ野球選手投手)。左投左打。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

中学生時代に全日本少年硬式野球連盟(ヤングリーグ)のオールスター福井に所属すると、敦賀気比高等学校の2年春に第80回選抜高等学校野球大会、3年夏に第91回全国高等学校野球選手権大会甲子園球場に登場。3年春の福井県大会では1試合20奪三振、3年夏の選手権福井大会では通算49奪三振の大会記録を樹立した[2]。2学年後輩に吉田正尚がいる。

2009年のNPBドラフト会議で、オリックス・バファローズから3巡目で指名。契約金5,000万円、年俸500万円(金額は推定)という条件で入団した。背番号は57

オリックス時代[編集]

2010年には、ウエスタン・リーグ公式戦13試合に登板。投球回数54回で、3勝3敗、防御率3.33という成績を残した。9月5日の対福岡ソフトバンクホークス戦(スカイマークスタジアム)で、先発投手として一軍公式戦へデビュー。オリックスの高卒新人投手による一軍公式戦への先発登板は、1994年平井正史以来であったが、3回1失点という内容で勝敗は付かなかった。

2011年には前年に続いて、ウエスタン・リーグ公式戦13試合に登板。0勝3敗、防御率5.18という成績で、一軍公式戦への登板機会がなかった。

2012年には、8月17日付で自身2年振りの出場選手登録。登録後は一軍公式戦2試合に先発したが、いずれの試合でも敗戦投手になった。以降の公式戦にも敗戦処理要員として4試合に登板したが、9月23日の対千葉ロッテマリーンズ戦(QVCマリンフィールド)で今江敏晃に満塁本塁打を浴びると、翌24日に登録を抹消。そのままシーズンを終えた。なお、ウエスタン・リーグ公式戦では、春先から先発要員として起用。21試合の登板で、5勝7敗、防御率2.43を記録した。

2013年、ウエスタン・リーグ公式戦で、先発要員として16試合に登板。5勝4敗、防御率2.54という成績を残したが、一軍公式戦での登板機会は1試合(投球回数1回1/3)にとどまった。

2014年は、4月に左肘のトミー・ジョン手術を受けたため、一・二軍とも公式戦に登板しなかった[3]。その影響で、10月28日に球団から支配下選手契約の解除を通告[4]11月26日には、育成選手契約を締結するとともに、背番号を121に変更することが球団から発表された[5]

2015年には、7月27日付で支配下登録選手へ復帰するとともに、背番号を57に戻した[6]。復帰後は、一軍公式戦7試合に登板。9月22日の対埼玉西武ライオンズ戦(西武プリンスドーム)では、一軍公式戦3年振りの先発を経験した[7]。その後も1試合で先発したが、通算では0勝1敗、防御率5.51という成績に終わった。

2016年には、故障で出遅れたことから、シーズン初の一軍マウンドは6月18日の対広島東洋カープ戦(MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島)での先発登板にまで持ち越された[8]。この試合から先発陣の一角で好投を続けると、5試合目の登板になった7月27日の対ロッテ戦(ほっともっとフィールド神戸)で、一軍公式戦初勝利を挙げた[9]

2017年には、一軍公式戦4試合に登板。いずれも先発に起用されたが、制球難から0勝3敗、防御率8.76と振るわず[10]、当時の一軍監督だった福良淳一からは「もう(一軍で登板するチャンスは)ない」という言葉で突き放された。シーズン終了後には戦力外通告の候補に挙げられていた[11]が、実際には、推定年俸720万円(前年から180万円減)という条件で辛うじて契約を更改した。

2018年には、レギュラーシーズン後半の8月2日から、中継ぎ要員として一軍に昇格。開幕から81試合連続で先発投手の完投がなく[12]、前半戦だけで10回の延長戦を経験するといった一軍の事情[13][14]を背景に、ウエスタン・リーグ公式戦で6月から救援登板を重ねていた山田に白羽の矢が立てられた[11]。昇格後は、8月の1ヶ月間だけで18試合に登板すると、4日の対ソフトバンク戦(福岡ヤフオク!ドーム)でプロ初ホールドをマーク。11日の対ロッテ戦(京セラドーム)では、7回裏からの救援登板で1回2/3を無失点に抑えると、降板後の逆転勝利によって一軍公式戦2シーズン振りの白星が付いた[15]。一軍公式戦への月間18試合登板は、1956年9月稲尾和久西鉄ライオンズ)、2013年5月益田直也(ロッテ)に並ぶNPBの月間最多記録。奇しくも、山田がこの記録を達成した8月には、セントラル・リーグでもヘロニモ・フランスア広島東洋カープ)が月間18試合登板を成し遂げている[10]。一軍公式戦全体では、8月以降の2ヶ月間で30試合に登板。先発の機会こそなかったものの、1勝2敗10ホールド、防御率3.80という内容で救援陣の窮地を救ったこと[11]から、シーズン終了後には推定年俸1,500万円(前年から780万円増)という条件で契約を更改した[16]

2019年には、7月から一軍に定着すると、公式戦で自己最多の40試合に登板。勝敗は付かなかったが、5ホールド、防御率3.56を記録した。チームの11連戦中につきシーズン初の「ブルペン・デー」に充てられた9月5日の対西武戦(メットライフドーム)では、救援登板から中3日にもかかわらず、一軍公式戦で2年振りの先発登板も経験している[17]。シーズン終了後の12月5日に、推定年俸2,000万円(前年から500万円増)という条件で契約を更改[18]

選手としての特徴・人物[編集]

左肘を柔らかく動かすフォームから投げ込むストレート[19] を軸に、カットボールのようなスライダーカーブなどの変化球を織り交ぜる[19]。低めへの投球のコントロールが安定している[20]。オリックスの支配下登録選手へ復帰した2015年には、レギュラーシーズンの終盤から参加したフェニックス・リーグで、左腕投手の先輩である武田勝北海道日本ハムファイターズ)からチェンジアップを習得[21]。2016年から、実戦で本格的に活用している。

スライダーについては、2018年のオリックス春季二軍キャンプで、二軍投手コーチ(当時)の小松聖から「左打者に合わせるような勝負球」として伝授された。小松からは当初フォークボールの習得を勧められていたが、試投で思うような効果を得られなかったことから、スライダーを勝負球に用いる方針へ転換。同年8月の一軍公式戦18試合登板など、中継ぎ要員としての再スタートにつながった。本人によれば、「ストレートのイメージで腕を振っていたら、ボールの軌道が勝手に曲がるようになっただけで、曲がらなかったら(単なるストレートなので)捕手は焦ると思う」という[11]

オリックスの球団関係者から「榮倉奈々に似ている」と言われるほどの顔立ち[3]が特徴。「長嶋茂雄コレクター」として有名な山田勝三スポーツ・ミュージアム山田コレクション館長)は、大叔父(祖父の弟)に当たる[22]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2010 オリックス 1 1 0 0 0 0 0 0 0 ---- 14 3.0 5 0 1 0 1 0 0 0 1 1 3.00 2.00
2012 6 2 0 0 0 0 2 0 0 .000 78 17.1 19 3 9 0 1 7 1 0 12 11 5.71 1.62
2013 1 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 8 1.1 4 0 0 0 0 1 0 0 3 3 20.25 3.00
2015 7 2 0 0 0 0 1 0 0 .000 79 16.1 17 1 13 0 1 12 0 0 11 10 5.51 1.84
2016 12 12 0 0 0 2 7 0 0 .222 245 58.1 63 7 19 0 0 43 0 0 35 32 4.94 1.41
2017 4 4 0 0 0 0 3 0 0 .000 71 12.1 21 2 10 0 2 13 1 0 16 12 8.76 2.51
2018 30 0 0 0 0 1 2 0 10 .333 84 21.1 14 1 6 0 0 20 0 0 10 9 3.80 0.94
2019 40 1 0 0 0 0 0 0 5 ---- 172 43.0 31 6 18 1 0 44 1 0 17 17 3.56 1.14
通算:8年 101 22 0 0 0 3 15 0 15 .167 751 173.0 174 20 76 1 5 140 3 0 105 95 4.94 1.45
  • 2019年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



投手












2010 オリックス 1 0 1 0 0 1.000
2012 6 0 4 0 1 1.000
2013 1 0 1 0 0 1.000
2015 7 0 4 0 0 1.000
2016 12 2 4 0 0 1.000
2017 4 0 1 0 0 1.000
2018 30 0 4 1 0 .800
2019 40 4 11 0 1 1.000
通算 101 6 30 1 2 .973
  • 2019年度シーズン終了時

記録[編集]

初記録
その他の記録

背番号[編集]

  • 57 (2010年 - 2014年、2015年7月27日 - )
  • 121 (2015年 - 同年7月26日)

登場曲[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ オリックス - 契約更改 - プロ野球. 日刊スポーツ. 2018年12月11日閲覧。
  2. ^ 2009年 プロ野球 ドラフト”. スポニチ Sponichi Annex. 2009年11月18日閲覧。
  3. ^ a b 栄倉奈々似オリックス山田1勝!ソースカツ丼パワー日刊スポーツ2016年7月28日配信
  4. ^ オリックス・八木ら戦力外 日本ハム時代の06年に新人王スポーツニッポン2014年10月29日配信
  5. ^ 育成選手契約締結のお知らせ オリックス・バファローズオフィシャルウェブサイト (2014年11月26日) 2014年12月5日閲覧。
  6. ^ 【オリックス】山田が支配下登録「感謝の気持ちでいっぱい」 2015年7月27日閲覧。
  7. ^ オリックス山田3年ぶり先発も5回に崩れ初黒星日刊スポーツ2015年9月23日配信
  8. ^ オリックス山田が今季初先発で5回1失点「粘れた」日刊スポーツ2016年6月18日配信
  9. ^ オリックス山田プロ初勝利「勝てて本当に良かった」日刊スポーツ2016年7月27日配信
  10. ^ a b c オリックス山田修義、稲尾に並ぶ月間18試合登板”. 日刊スポーツ (2018年8月31日). 2018年9月2日閲覧。
  11. ^ a b c d オリックス・山田修義の人生を変えたスライダー”. FullCount (2018年9月5日). 2019年12月5日閲覧。
  12. ^ オリックス・ディクソン完封勝利&初のチーム完投”. 日刊スポーツ (2018年7月17日). 2018年9月2日閲覧。
  13. ^ オリックス 最近5試合で4度目の延長戦もドロー 福良監督「リリーフ陣が心配ですね…」”. スポーツニッポン (2018年6月28日). 2018年9月2日閲覧。
  14. ^ オリックス延長地獄 ヘトヘト…今季10度目もドロー決着”. 毎日新聞 (2018年7月4日). 2018年9月2日閲覧。
  15. ^ オリックス山田が好救援で約2年ぶり白星 小松二軍コーチに感謝「有効な球ができた」”. Full-Count (2018年8月11日). 2018年9月2日閲覧。
  16. ^ オリックス山田780万増「一軍定着して投げたい」”. 日刊スポーツ (2018年12月6日). 2019年12月5日閲覧。
  17. ^ オリックス、5日に今季初の“ブルペンデー” 11連戦乗り切るため採用、山田が先発へ”. Full-Count (2019-9-41). 2019年12月5日閲覧。
  18. ^ オリックス山田500万増、来季は「開幕から一軍」”. 日刊スポーツ (2019年12月5日). 2019年12月5日閲覧。
  19. ^ a b 山田修義 ~高校生選手名鑑~”. スポニチ Sponichi Annex. 2009年11月18日閲覧。
  20. ^ 2009年度ドラフト会議 契約交渉権獲得選手”. オリックス・バファローズ. 2009年11月18日閲覧。
  21. ^ オリックス山田 チェンジアップ習得し秘密兵器に日刊スポーツ2015年11月30日配信
  22. ^ オリ・D3位山田のおじさんは有名な収集家”. SANSPO.COM. 2010年1月11日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]