山田修義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
山田 修義
オリックス・バファローズ #57
Nobuyoshi Yamada01.jpg
2012年4月29日 春日スタジアムにて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 福井県福井市
生年月日 (1991-09-19) 1991年9月19日(27歳)
身長
体重
184 cm
85 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2009年 ドラフト3位
初出場 2010年9月5日
年俸 720万円(2018年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

山田 修義(やまだ のぶよし、1991年9月19日 - )は、福井県福井市出身のプロ野球選手投手)。左投左打。オリックス・バファローズ所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

中学生時代に全日本少年硬式野球連盟(ヤングリーグ)のオールスター福井に所属すると、敦賀気比高等学校2年春3年夏に、甲子園の全国大会へ出場。3年春の福井県大会では1試合20奪三振、3年夏の県大会では通算49個奪三振の大会記録を樹立した[2]。このような活躍から、高校の先輩で自身と同じ左腕投手の内海哲也にちなんで、「内海2世」と評価された[3]。 同じオリックスに所属している吉田正尚は高校の2つ後輩に当たる。

2009年度ドラフト会議で、オリックス・バファローズから3巡目で指名。契約金5,000万円、年俸500万円(金額は推定)という条件で入団した。背番号は57

プロ入り後[編集]

2010年9月5日の対福岡ソフトバンクホークス戦(スカイマークスタジアム)に、先発投手として一軍デビュー。オリックスの高卒新人投手による一軍公式戦への先発登板は、1994年平井正史以来であったが、3回1失点という内容で勝敗は付かなかった。また、ウエスタン・リーグ公式戦13試合に登板。投球回数54回で、3勝3敗、防御率3.33という成績を残した。

2011年は前年に続いて、ウエスタン・リーグ公式戦13試合に登板。0勝3敗、防御率5.18という成績で、一軍公式戦への登板機会がなかった。

2012年8月17日に2年振りの出場選手登録を果たすと、一軍公式戦2試合で先発。しかし、いずれの試合でも敗戦投手になった。以降の公式戦にも敗戦処理要員として4試合に登板したが、9月23日の対千葉ロッテマリーンズ戦(QVCマリンフィールド)で今江敏晃に満塁本塁打を浴びると、翌24日に登録を抹消。そのままシーズンを終えた。なお、ウエスタン・リーグ公式戦では、春先から先発要員として起用。21試合の登板で、5勝7敗防御率2.43を記録した。

2013年、ウエスタン・リーグ公式戦で、先発要員として16試合に登板。5勝4敗、防御率2.54という成績を残したが、一軍公式戦での登板機会は1試合(投球回数1回1/3)にとどまった。

2014年は、4月に左肘のトミー・ジョン手術を受けたため、一・二軍とも公式戦に登板しなかった[4]。その影響で、10月28日に球団から支配下選手契約の解除を通告[5]11月26日には、育成選手契約を締結するとともに、背番号を121に変更することが球団から発表された[6]

2015年7月27日付で支配下登録選手へ復帰するとともに、背番号を57に戻した[7]。復帰後は、一軍公式戦7試合に登板。9月22日の対埼玉西武ライオンズ戦(西武プリンスドーム)では、一軍公式戦3年振りの先発を経験した[8]。その後も1試合で先発したが、通算では0勝1敗、防御率5.51という成績に終わった。

2016年は、故障で出遅れたことから、シーズン初の一軍マウンドは6月18日の対広島東洋カープ戦(MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島)での先発登板にまで持ち越された[9]。この試合から先発陣の一角で好投を続けると、5試合目の登板になった7月27日の対ロッテ戦(ほっともっとフィールド神戸)で一軍初勝利を挙げた[10]

2017年は先発4試合で0勝3敗、防御率8.76と結果を残せなかった[11]

2018年も前半戦は一軍登板を果たせなかったが、この年のオリックスは7月17日にブランドン・ディクソンが完投勝利を挙げるまで開幕から81試合先発投手の完投がなく(2004年の北海道日本ハムファイターズの82試合に次ぐ歴代2位記録[12])、さらに前半戦だけで延長試合が2桁を超え12球団トップの延長12回引き分けを数えるなど[13][14]、ブルペン投手陣の登板数が蓄積していた。こうした状況下で山田は8月2日に中継ぎ要員として一軍昇格すると、同月11日の千葉ロッテマリーンズ戦では7回裏から3番手として1回2/3を無失点に抑えて逆転勝利を呼び込み、2シーズン振りの勝利を挙げる[15]。その後も救援登板を重ね、8月30日の北海道日本ハムファイターズ戦で2004年5月の歌藤達夫に並ぶ月間登板数17試合の球団記録に並ぶと、翌31日の埼玉西武ライオンズ戦にも登板して球団記録を更新するとともに、1956年9月の稲尾和久西鉄)、2013年5月の益田直也ロッテ)、2018年8月のヘロニモ・フランスア広島、山田と同月に達成)に並ぶ月間18試合の月間最多登板記録を達成した[11]

選手としての特徴・人物[編集]

左肘を柔らかく動かす投球フォームから投げ込むストレート[3] や、スライダーカーブなどの変化球が武器[3]。低めへの投球のコントロールが安定している[16]。オリックスの支配下登録選手へ復帰した2015年には、レギュラーシーズンの終盤から参加したフェニックス・リーグで、左腕投手の先輩である武田勝北海道日本ハムファイターズ)からチェンジアップを習得[17]。2016年から、実戦で本格的に活用している。また月間18試合登板のNPBタイ記録を達成した2018年8月には、2軍投手コーチの小松聖から伝授されたスライダーを左打者に対する大きな武器として挙げている[15]

オリックスの球団関係者から「榮倉奈々に似ている」と言われるほどの顔立ち[4]が特徴。「長嶋茂雄コレクター」として有名な山田勝三スポーツ・ミュージアム山田コレクション館長)は、大叔父(祖父の弟)に当たる[18]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2010 オリックス 1 1 0 0 0 0 0 0 0 .--- 14 3.0 5 0 1 0 1 0 0 0 1 1 3.00 2.00
2012 6 2 0 0 0 0 2 0 0 .000 78 17.1 19 3 9 0 1 7 1 0 12 11 5.71 1.62
2013 1 0 0 0 0 0 0 0 0 .--- 8 1.1 4 0 0 0 0 1 0 0 3 3 20.25 3.00
2015 7 2 0 0 0 0 1 0 0 .000 79 16.1 17 1 13 0 1 12 0 0 11 10 5.51 1.84
2016 12 12 0 0 0 2 7 0 0 .222 245 58.1 63 7 19 0 0 43 0 0 35 32 4.94 1.41
2017 4 4 0 0 0 0 3 0 0 .000 71 12.1 21 2 10 0 2 13 1 0 16 12 8.76 2.51
通算:6年 31 21 0 0 0 2 13 0 0 .133 495 108.2 129 13 52 0 5 76 2 0 78 69 5.71 1.67
  • 2017年度シーズン終了時

記録[編集]

初記録
その他の記録

背番号[編集]

  • 57 (2010年 - 2014年、2015年7月27日 - )
  • 121 (2015年 - 同年7月26日)

登場曲[編集]

脚注[編集]

  1. ^ オリックス - 契約更改 - プロ野球.日刊スポーツ.2018年5月31日閲覧。
  2. ^ 2009年 プロ野球 ドラフト”. スポニチ Sponichi Annex. 2009年11月18日閲覧。
  3. ^ a b c 山田修義 ~高校生選手名鑑~”. スポニチ Sponichi Annex. 2009年11月18日閲覧。
  4. ^ a b 栄倉奈々似オリックス山田1勝!ソースカツ丼パワー日刊スポーツ2016年7月28日配信
  5. ^ オリックス・八木ら戦力外 日本ハム時代の06年に新人王スポーツニッポン2014年10月29日配信
  6. ^ 育成選手契約締結のお知らせ オリックス・バファローズオフィシャルウェブサイト (2014年11月26日) 2014年12月5日閲覧。
  7. ^ 【オリックス】山田が支配下登録「感謝の気持ちでいっぱい」 2015年7月27日閲覧。
  8. ^ オリックス山田3年ぶり先発も5回に崩れ初黒星日刊スポーツ2015年9月23日配信
  9. ^ オリックス山田が今季初先発で5回1失点「粘れた」日刊スポーツ2016年6月18日配信
  10. ^ オリックス山田プロ初勝利「勝てて本当に良かった」日刊スポーツ2016年7月27日配信
  11. ^ a b c オリックス山田修義、稲尾に並ぶ月間18試合登板”. 日刊スポーツ (2018年8月31日). 2018年9月2日閲覧。
  12. ^ オリックス・ディクソン完封勝利&初のチーム完投”. 日刊スポーツ (2018年7月17日). 2018年9月2日閲覧。
  13. ^ オリックス 最近5試合で4度目の延長戦もドロー 福良監督「リリーフ陣が心配ですね…」”. スポーツニッポン (2018年6月28日). 2018年9月2日閲覧。
  14. ^ オリックス延長地獄 ヘトヘト…今季10度目もドロー決着”. 毎日新聞 (2018年7月4日). 2018年9月2日閲覧。
  15. ^ a b オリ山田が好救援で約2年ぶり白星 小松2軍Cに感謝「有効な球ができた」”. Full-Count (2018年8月11日). 2018年9月2日閲覧。
  16. ^ 2009年度ドラフト会議 契約交渉権獲得選手”. オリックス・バファローズ. 2009年11月18日閲覧。
  17. ^ オリックス山田 チェンジアップ習得し秘密兵器に日刊スポーツ2015年11月30日配信
  18. ^ オリ・D3位山田のおじさんは有名な収集家”. SANSPO.COM. 2010年1月11日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]