この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

松井佑介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松井 佑介
オリックス・バファローズ #56
Chunichi matsuiyusuke 20150322.JPG
中日時代
2015年3月22日 阪神鳴尾浜球場にて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府大阪市平野区
生年月日 (1987-07-10) 1987年7月10日(32歳)
身長
体重
183 cm
83 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 2009年 ドラフト4位
初出場 2010年3月26日
年俸 1,500万円(2019年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

松井 佑介(まつい ゆうすけ、1987年7月10日 - )は、大阪府大阪市平野区出身のプロ野球選手外野手)。右投右打。オリックス・バファローズ所属。

来歴

プロ入り前

小3からソフトボールを始め、三塁手兼投手だった。中学時代は大阪平野富士ボーイズに所属。主にサードを守っていた。

大商大堺高校では、1年夏からベンチ入りし、秋からレギュラー。高校3年次の夏の決勝戦では、先発投手として辻内崇伸平田良介中田翔擁する大阪桐蔭に敗れ甲子園出場はならなかった。投手としても143km/hの球を投げていた。

大学は東京農業大学に進み1年春よりレギュラーとして出場。強打・俊足・強肩の外野手として東都二部で通算98試合.310、104安打、20本塁打、63打点。

2009年のドラフト会議で中日から4位指名を受け入団。背番号は56

中日時代

2010年、新人ながら開幕一軍入りを果たす。3月27日の広島東洋カープ戦で、プロ初安打を放った。

2011年ウエスタンリーグ3、4月度月間MVPを受賞するなど好成績を残していたが、4月26日のオリックス・バファローズ戦で死球を受け右手首尺骨を骨折した。復帰後の9月18日に一軍昇格を果たしたが8打数1安打と結果を残せず、9月28日に出場選手登録を抹消された。

2012年、打撃を買われ、夏以降に一軍での出場が多くなる。8月2日の読売ジャイアンツ東京ドーム)戦で、杉内俊哉からプロ初ホームランを放った。

2013年、初めて開幕戦に7番右翼手で先発出場を果たす。4月19日の横浜DeNAベイスターズ戦で遊ゴロを打った際の違和感で途中交代[2]、同月20日に左腹斜筋挫傷と診断され、出場選手登録を外れた[3]

2014年は52試合に出場した。

2015年は打撃不振で30試合の出場に留まった。

2016年も14試合の出場に終わった。

2017年は、シーズン中盤に出場選手登録され、打撃好調を買われ、クリーンアップでスタメン出場することもしばしばあった。シーズン全体では平田良介のケガによる離脱もあって、自己最高の56試合に出場し4本塁打・18打点をマークするなどキャリアハイの成績を残した。

2018年は17試合の出場に留まった。

オリックス時代

2019年6月30日、武田健吾松葉貴大との交換トレードで松井雅人と共にオリックス・バファローズに移籍した[4]。背番号は中日時代と同じ56

人物

東京農業大学硬式野球部時代の同級生にELLY安藤龍、1学年上に鈴江彬、2学年下に吉原正平、3学年下に高木伴がいる。2015年にはELLYの所属する三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBEの楽曲「R.Y.U.S.E.I.」を登場曲に使用していた。

同期入団で同姓の松井雅人がいるためスコアボード等の表記は「松井佑」と表記されている。

詳細情報

年度別打撃成績

















































O
P
S
2010 中日 35 56 55 2 16 2 0 0 18 3 0 0 0 0 1 0 0 15 1 .291 .304 .327 .631
2011 4 8 8 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 4 0 .125 .125 .125 .250
2012 42 67 65 5 15 4 0 1 22 6 0 1 2 0 0 0 0 13 0 .231 .231 .338 .569
2013 43 91 81 7 14 3 0 1 20 11 0 0 5 2 2 0 1 16 3 .173 .198 .247 .445
2014 52 102 96 11 24 7 0 2 37 6 1 0 2 0 2 0 2 27 3 .250 .280 .385 .665
2015 30 32 31 0 6 0 0 0 6 0 0 0 1 0 0 0 0 6 0 .194 .194 .194 .387
2016 14 21 21 1 4 2 0 0 6 0 0 0 0 0 0 0 0 8 0 .190 .190 .286 .476
2017 56 129 119 17 33 7 0 4 52 18 0 0 1 0 6 1 3 38 2 .277 .328 .437 .765
2018 17 22 22 2 3 0 0 0 3 0 0 0 0 0 0 0 0 12 0 .136 .136 .136 .273
NPB:9年 293 528 498 45 116 25 0 8 165 44 1 1 11 2 11 1 6 139 9 .233 .257 .331 .589
  • 2018年度シーズン終了時

年度別守備成績



外野












2010 中日 14 16 0 0 0 1.000
2011 3 2 0 0 0 1.000
2012 32 30 1 0 0 1.000
2013 21 26 2 1 0 .966
2014 34 44 1 0 0 1.000
2015 22 19 1 1 0 .952
2016 8 9 0 0 0 1.000
2017 33 63 0 1 0 .984
2018 4 2 0 0 0 1.000
通算 171 211 5 3 0 .986
  • 2018年度シーズン終了時

記録

登場曲

背番号

  • 56 (2010年 - )

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ 中日 - 契約更改 - プロ野球.日刊スポーツ.2018年11月13日閲覧。
  2. ^ “松井佑 左脇腹痛め途中交代 試合中に名古屋に戻る”. スポニチSponichi Annex (スポーツニッポン). (2013年4月19日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/04/19/kiji/K20130419005644730.html 2013年4月22日閲覧。 
  3. ^ “松井佑は左腹斜筋挫傷 痛みがひくまで3~4週間…”. スポニチSponichi Annex (スポーツニッポン). (2013年4月20日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/04/20/kiji/K20130420005649790.html 2013年4月22日閲覧。 
  4. ^ 中日W松井とモヤ放出、オリックス松葉と武田を獲得日刊スポーツ 2019年6月30日掲載

関連項目

外部リンク