松井佑介

半保護されたページ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

松井 佑介
オリックス・バファローズ 外野守備・走塁コーチ #70
Yusuke Matsui Orix Buffaloes 20220702.jpg
2022年7月2日、阪神甲子園球場にて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府大阪市平野区
生年月日 (1987-07-10) 1987年7月10日(35歳)
身長
体重
185 cm
87 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 2009年 ドラフト4位
初出場 2010年3月26日
最終出場 2020年10月31日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • オリックス・バファローズ (2021 - )

松井 佑介(まつい ゆうすけ、1987年7月10日 - )は、大阪府大阪市平野区出身の元プロ野球選手外野手)、コーチ。右投右打。

来歴

プロ入り前

小3からソフトボールを始め、三塁手兼投手だった。中学時代は大阪平野富士ボーイズに所属。主にサードを守っていた。

大商大堺高校では、1年夏からベンチ入りし、秋からレギュラー。高校3年次の夏の決勝戦では、先発投手として辻内崇伸平田良介中田翔擁する大阪桐蔭に敗れ甲子園出場はならなかった。投手としても143km/hの球を投げていた。

大学は東京農業大学に進み1年春よりレギュラーとして出場。強打・俊足・強肩の外野手として東都二部で通算98試合.310、104安打、20本塁打、63打点。大学の同級生にELLY安藤龍、1学年上に鈴江彬、2学年下に吉原正平、3学年下に髙木伴がいる。

2009年のドラフト会議で中日から4位指名を受け入団。背番号は56。同期入団で同姓の松井雅人がいるためスコアボード等の表記は「松井佑」と表記された。

中日時代

2010年、新人ながら開幕一軍入りを果たす。3月27日の広島東洋カープ戦で、プロ初安打を放った。

2011年ウエスタンリーグ3、4月度月間MVPを受賞するなど好成績を残していたが、4月26日のオリックス・バファローズ戦で死球を受け右手首尺骨を骨折した。復帰後の9月18日に一軍昇格を果たしたが8打数1安打と結果を残せず、9月28日に出場選手登録を抹消された。

2012年、打撃を買われ、夏以降に一軍での出場が多くなる。8月2日の読売ジャイアンツ東京ドーム)戦で、杉内俊哉からプロ初ホームランを放った。

2013年、初めて開幕戦に7番右翼手で先発出場を果たす。4月19日の横浜DeNAベイスターズ戦で遊ゴロを打った際の違和感で途中交代[1]、同月20日に左腹斜筋挫傷と診断され、出場選手登録を外れた[2]

2014年は52試合に出場した。

中日時代
(2015年3月22日 阪神鳴尾浜球場にて)

2015年は打撃不振で30試合の出場に留まり、2016年も14試合の出場に終わった。

2017年は、シーズン中盤に出場選手登録されると、打撃好調を買われ、クリーンアップでスタメン出場することもしばしばあった。9月19日の巨人戦では吉川光夫からソロ本塁打、田原誠次から満塁本塁打を放ち、自身初となる2打席連続ホームランを記録した[3]。その後は15打席安打が出なかったが、10月1日の東京ヤクルトスワローズ戦でジョシュ・ルーキーから決勝3ラン本塁打を放った[4]。シーズン全体では平田良介のケガによる離脱もあって、自己最高の56試合に出場し4本塁打・18打点を記録するなどキャリアハイの成績を残した。

2018年は17試合の出場に留まった。

オリックス時代

2019年6月30日、武田健吾松葉貴大との交換トレードで松井雅人と共にオリックス・バファローズに移籍した[5]。背番号は武田が着用していた、中日時代と同じ56。移籍後は7月に7試合に出場して以降一軍での出番はなかった。7月20日の対福岡ソフトバンクホークス戦(福岡 ヤフオク!ドーム)で二保旭から移籍初本塁打を打ったが、この試合の初回に本塁打を打ったスティーブン・モヤ(松井らと同日に中日から金銭トレードで移籍していた)とのアベック本塁打となった。

2020年、11月4日に球団から戦力外通告を受け[6]、現役引退[7]

現役引退後

12月8日、2021年よりオリックスの打撃コーチに就任することが発表された[8]2022年からは外野守備・走塁コーチに配置転換された[9]

選手としての特徴・人物

左投手に強く[10]、パンチ力が魅力の外野手[11]。アマチュア時代に50メートル走で6秒0を記録した俊足と強肩も武器である[12]。ドラフト同期であり、同学年で同姓の松井雅人とのコンビは「W松井」と呼ばれた[13]

現役時代はチームメイトからイジられたり、ツッコミ役を買っていた[14]

ハスキーボイスの持ち主であり、松井自身もそれを売りにしている[15]

東京農大時代を振り返り、松井は「(同硬式野球部は)明るく楽しい雰囲気で、上下関係もあまりなく、洗濯も自分のものは自分でやっていた」と語っている。また、学生生活では経済学部生であったが、農業大学というだけあり、2週間ほど米農家に住み込みで実習に励んでいる。この時を振り返り、「(実習を通して)米ができるまでの過程を少しでも見られたことが良い経験になった」と語っている[16]

詳細情報

年度別打撃成績

















































O
P
S
2010 中日 35 56 55 2 16 2 0 0 18 3 0 0 0 0 1 0 0 15 1 .291 .304 .327 .631
2011 4 8 8 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 4 0 .125 .125 .125 .250
2012 42 67 65 5 15 4 0 1 22 6 0 1 2 0 0 0 0 13 0 .231 .231 .338 .569
2013 43 91 81 7 14 3 0 1 20 11 0 0 5 2 2 0 1 16 3 .173 .198 .247 .445
2014 52 102 96 11 24 7 0 2 37 6 1 0 2 0 2 0 2 27 3 .250 .280 .385 .665
2015 30 32 31 0 6 0 0 0 6 0 0 0 1 0 0 0 0 6 0 .194 .194 .194 .387
2016 14 21 21 1 4 2 0 0 6 0 0 0 0 0 0 0 0 8 0 .190 .190 .286 .476
2017 56 129 119 17 33 7 0 4 52 18 0 0 1 0 6 1 3 38 2 .277 .328 .437 .765
2018 17 22 22 2 3 0 0 0 3 0 0 0 0 0 0 0 0 12 0 .136 .136 .136 .273
2019 16 37 32 3 7 2 0 0 9 2 0 0 2 0 3 0 0 13 0 .219 .286 .281 .567
オリックス 7 18 18 2 6 1 0 1 10 1 0 0 0 0 0 0 0 3 1 .333 .333 .556 .889
'19計 23 55 50 5 13 3 0 1 19 3 0 0 2 0 3 0 0 16 1 .260 .302 .380 .682
2020 29 53 53 2 11 2 1 0 15 2 0 0 0 0 0 0 0 12 1 .208 .208 .283 .491
通算:11年 345 636 601 52 140 30 1 9 199 49 1 1 13 2 14 1 6 167 11 .233 .257 .331 .588

年度別守備成績



外野












2010 中日 14 16 0 0 0 1.000
2011 3 2 0 0 0 1.000
2012 32 30 1 0 0 1.000
2013 21 26 2 1 0 .966
2014 34 44 1 0 0 1.000
2015 22 19 1 1 0 .952
2016 8 9 0 0 0 1.000
2017 33 63 0 1 0 .984
2018 4 2 0 0 0 1.000
2019 13 18 0 0 0 1.000
オリックス 6 8 1 0 0 1.000
'19計 19 26 1 0 0 1.000
2020 20 12 0 0 0 1.000
通算 210 249 6 3 0 .988

記録

初記録

登場曲

背番号

  • 56(2010年 - 2020年)
  • 70(2021年 - )

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ “松井佑 左脇腹痛め途中交代 試合中に名古屋に戻る”. スポニチ Sponichi Annex (スポーツニッポン). (2013年4月19日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/04/19/kiji/K20130419005644730.html 2013年4月22日閲覧。 
  2. ^ “松井佑は左腹斜筋挫傷 痛みがひくまで3~4週間…”. スポニチ Sponichi Annex (スポーツニッポン). (2013年4月20日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/04/20/kiji/K20130420005649790.html 2013年4月22日閲覧。 
  3. ^ 中日松井佑介が連発!先制2号2ラン&3号満塁弾 - 野球 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. 2022年2月14日閲覧。
  4. ^ 中日松井佑介「初球から思い切り」自画自賛の決勝弾 - プロ野球 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. 2022年2月14日閲覧。
  5. ^ 中日W松井とモヤ放出、オリックス松葉と武田を獲得日刊スポーツ 2019年6月30日掲載
  6. ^ オリックスが8選手に戦力外通告 東明、白崎、松井佑ら 山崎勝は引退”. デイリースポーツ online (2020年11月4日). 2021年7月30日閲覧。
  7. ^ オリックス小島、松井佑が引退 今後はコーチ就任へ”. 日刊スポーツ (2020年11月6日). 2021年7月30日閲覧。
  8. ^ 新コーチングスタッフ決定のお知らせ”. オリックス・バファローズ (2020年12月8日). 2020年12月8日閲覧。
  9. ^ オリックスが2022年度のコーチ陣容を発表 Vシーズンから5ポジションで変更”. ベースボールキング (2021年12月6日). 2021年12月12日閲覧。
  10. ^ オリ福良GM、モヤ&W松井の獲得を決めた理由 「若月への刺激」「欠けている長打力」” (日本語). Full-Count (2019年7月3日). 2021年6月14日閲覧。
  11. ^ オリックス トレード加入の松井佑介が二軍で移籍後初アーチ | 野球コラム” (日本語). 週刊ベースボールONLINE (2019年7月17日). 2021年6月14日閲覧。
  12. ^ スポーツコミュニケーションズ (2010年1月20日). “中日4位・松井佑介「開幕一軍を目指して」” (日本語). 2021年6月14日閲覧。
  13. ^ オリックス有利に見えるトレード。中日の狙いと松井雅人の数奇な運命。(小西斗真)” (日本語). Number Web - ナンバー (2019年7月4日). 2021年6月14日閲覧。
  14. ^ 【スポーツ報知・プロ野球】中日ドラゴンズ選手名鑑 松井 佑介” (日本語). スポーツ報知. 2021年6月14日閲覧。
  15. ^ 56 松井 佑介 選手名鑑2019|オリックス・バファローズ” (日本語). オリックス・バファローズ オフィシャルサイト. 2021年6月14日閲覧。
  16. ^ 中日・松井佑介外野手 「お米ができる過程を見られました」/大学生のころ | 野球コラム” (日本語). 週刊ベースボールONLINE (2017年9月23日). 2021年6月14日閲覧。

関連項目

外部リンク