小川龍也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
小川 龍也
中日ドラゴンズ #57
CD-Ryuya-Ogawa20110506.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 千葉県千葉市花見川区
生年月日 (1991-09-03) 1991年9月3日(25歳)
身長
体重
182 cm
70 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2009年 ドラフト2位
初出場 2011年10月20日
年俸 1,300万円(2017年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム フィリピンの旗 フィリピン
WBC 2013年

小川 龍也(おがわ りゅうや、1991年9月3日 - )は、中日ドラゴンズに所属するプロ野球選手投手)。

日本人の父とフィリピン人の母を持つハーフ[2]

経歴[編集]

両親の薦めで野球を始める。小学1年で軟式の少年野球チーム「こてはし台ヤングライオンズ」に入り小学4年から投手。中学時代は硬式の「千葉北シニア」でプレーした。

千葉英和高時代は、1年時の夏から外野手として出場。2年時の秋から本格的に投手へ転向した。3年時の夏は、千葉県予選5回戦で木更津総合高を相手に延長15回引き分けによる再試合の末に敗れた。いずれの試合も小川一人で投げ切った。

2009年10月29日、プロ野球ドラフト会議中日ドラゴンズから2位指名を受け、入団が決まった[3]

ルーキーイヤーの2010年は一軍登板はなかった。

2011年は春季キャンプで一軍組に抜擢され完走し、ブルペンではチームの全投手中で一番多くの球を投げ込んだ。シーズン中はほとんど二軍暮らしであったが、10月20日に初昇格。その日の対広島戦(マツダスタジアム)で一軍初登板を果たし、プロ初ホールドを記録した。

2012年には、プロ入り初先発を果たす。そして、第3回WBCフィリピン代表からオファーを受け[2]、フィリピン代表入りした[4]

2013年も一軍登板は1試合に終わる。

2014年には背番号を57に変更。

2015年は、1軍登板は2試合に終わった。

2016年は開幕を1軍で迎え、8月5日の対横浜DeNAベイスターズ18回戦(横浜スタジアム)でプロ初勝利を挙げ、自己最多の44試合に登板し、1勝1敗9ホールド、防御率2.27という成績を残し、左の中継ぎとして活躍した。

選手としての特徴・人物[編集]

最速144km/hのストレートと、右打者にはフォーク、左打者にはスライダーを決め球にする。時折、スローカーブも交えた変幻自在のピッチングが持ち味。2015年より投球フォームを サイドスローに変更している。

WBCのフィリピン代表入りした際にチームメイトとなった元メジャーリーガーのジェノ・エスピネリから、カーブチェンジアップの握りを教わった[5]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2011 中日 1 0 0 0 0 0 0 0 1 ---- 3 1.0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0.00 0.00
2012 1 1 0 0 0 0 1 0 0 .000 17 4.0 4 1 1 0 0 3 1 0 2 2 4.50 1.25
2013 1 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 14 3.0 3 1 2 0 1 0 0 0 2 2 6.00 2.00
2014 7 1 0 0 0 0 1 0 0 .000 60 12.1 11 1 12 0 0 5 3 0 9 5 3.65 1.86
2015 2 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 10 2.0 3 0 1 0 1 1 0 0 2 2 9.00 2.00
2016 44 0 0 0 0 1 1 0 9 .500 126 31.2 21 1 9 0 3 34 1 0 10 8 2.27 0.95
通算:5年 56 2 0 0 0 1 3 0 10 .250 230 54.0 42 4 25 0 5 44 5 0 25 19 3.17 1.24
  • 2016年度シーズン終了時

記録[編集]

背番号[編集]

  • 16 (2010年‐2013年)
  • 57 (2014年‐)

登場曲[編集]

  • 「2 Minutes To Midnight」Iron Maiden(2016年‐)

脚注[編集]

  1. ^ 中日 - 契約更改 - プロ野球.日刊スポーツ.2016年11月25日閲覧。
  2. ^ a b 中日小川にWBCフィリピン代表オファー”. 日刊スポーツ (2012年10月29日). 2012年10月29日閲覧。
  3. ^ 2009年 ドラフト入団選手
  4. ^ 中日・小川、WBCフィリピン代表入り”. サンケイスポーツ (2012年11月14日). 2012年11月15日閲覧。
  5. ^ フィリピン代表の中日・小川 WBC予選で収穫大”. スポニチ Sponichi Annex (2012年12月26日). 2013年1月29日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]