阿南徹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
阿南 徹
Giants anan.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大分県大野郡緒方町(現:豊後大野市
生年月日 (1984-07-28) 1984年7月28日(34歳)
身長
体重
182 cm
81 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2009年 ドラフト5位
初出場 2010年3月27日
最終出場 2014年10月2日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

阿南 徹(あなん とおる、1984年7月28日 - )は、大分県大野郡緒方町(現在の豊後大野市)出身の元プロ野球選手投手)。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

小学3年時に野球を始める[1]柏原高では怪我の影響で公式戦未勝利に終わった。首都大学野球連盟所属の城西大学では4年時の春季リーグ戦で最優秀選手賞を受賞した[2]

2007年社会人野球日本通運に入団。2009年には、比嘉幹貴らと共に第38回IBAFワールドカップ日本代表に選出された[3]

2009年のプロ野球ドラフト会議で、オリックス・バファローズから5巡目で指名。契約金4,000万円、年俸1,000万円(金額は推定)という条件で入団した[4]。背番号は43

オリックス時代[編集]

オリックス時代
2010年
チームの新人選手から唯一の開幕一軍入りを果たすが、制球が定まらず失点する場面が多く、一軍と二軍を往復した。6月20日の対北海道日本ハムファイターズ戦(京セラドーム大阪)では、8回表に小谷野栄一金子誠からの満塁本塁打によって、1イニング8自責点を記録。この登板を最後に、一軍から遠ざかった。NPBの一軍公式戦で1人の投手が1イニングに2本の満塁本塁打を浴びた事例は、吉井理人がオリックス在籍中の2007年に記録して以来で、史上3例目(パシフィック・リーグ史上2例目)であった。また、「中継ぎ登板の投手」「ホームチーム側の投手」「失策の絡まない自責点8」という条件ではNPB史上初の記録に当たる。シーズン終了後の12月27日には、タレントの野口綾子と結婚したことが球団から発表された[5]が、後に離婚している。
2011年
日本通運時代のチームメイトだった比嘉が入団。阿南自身は一軍公式戦5試合に登板したが、勝敗は付かず、防御率は10.43であった。
2012年
ウエスタン・リーグ公式戦26試合に登板したが、0勝2敗、防御率4.78を記録するなど不振。プロ入り後初めて、一軍公式戦への登板機会がなかった。

巨人時代[編集]

2012年11月5日に、東野峻山本和作との交換トレードによって、香月良太と共に読売ジャイアンツ(巨人)へ移籍することが発表された[6]。背番号は99

2013年
イースタン・リーグ公式戦では、主に先発で21試合に登板。8勝5敗、リーグ4位の防御率2.93を記録した。9月6日の対阪神タイガース戦(阪神甲子園球場)で救援投手として移籍後初の一軍マウンド[7]を経験すると、一軍公式戦でのプロ入り初先発であった10月1日の対東京ヤクルトスワローズ戦(明治神宮野球場)では、5回を無失点に抑えて一軍初勝利を挙げた[8]。しかし、一軍公式戦への登板機会は、以上2試合にとどまった。
2014年
イースタン・リーグ公式戦22試合に登板。8勝6敗ながら、リーグの最終規定投球回へ到達するとともに、防御率2.76で最優秀防御率のタイトルを獲得した。しかし、一軍公式戦には4試合の登板で、勝敗は付かなかった。
2015年
春先に一般女性と再婚[9]。イースタン・リーグ公式戦14試合で3勝3敗を記録したが、一軍公式戦への登板機会はなかった。
2016年
一・二軍とも公式戦への登板機会がないまま、10月2日に球団から戦力外通告を受けた[10]ことを機に、現役引退を表明した。10月25日に、NPBから任意引退選手として公示[11]

現役引退後[編集]

巨人に球団職員として引き続き在籍。2017年からは、球団が運営する少年野球スクール「ジャイアンツアカデミー」のコーチとして活動する[12]

選手としての特徴[編集]

低めにボールを集めゴロを打たせてとるタイプ[13]。最速140km/hを超える直球[14]縦のスライダー[15]フォークボール[15]ツーシーム[16]が持ち球。先発とリリーフの両方をこなせると評価されている[17]川口和久コーチはストレートを評価する一方、変化球の精度が課題だとしている[18]。オリックス時代はスライダーを中心とした変化球投手だったが、巨人移籍後は新たに習得したツーシームと直球で攻めるタイプに変わった[19]

2012年秋にサイドスローに転向したが、翌2013年の春季キャンプでは腕の位置を再び高くするなどフォームを模索している[20]

左腕投手では珍しいスイッチヒッターであったが、プロ二年目の2011年より左打ちに登録を変更している。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2010 オリックス 17 0 0 0 0 0 0 0 2 ---- 75 14.2 23 2 9 0 2 10 1 0 17 17 10.43 2.19
2011 5 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 36 9.0 8 1 1 0 0 8 1 0 4 4 4.00 1.00
2013 巨人 2 1 0 0 0 1 0 0 0 1.000 27 7.0 6 0 1 0 0 3 2 0 2 2 2.57 1.00
2014 4 1 0 0 0 0 0 0 0 ---- 24 5.0 7 1 3 0 0 4 0 0 3 3 5.40 2.00
通算:4年 28 2 0 0 0 1 0 0 2 1.000 162 35.2 44 4 14 0 2 25 4 0 26 26 6.56 1.63

記録[編集]

背番号[編集]

  • 43 (2010年 - 2012年)
  • 99 (2013年 - 2016年)

脚注[編集]

  1. ^ 2009ドラフト名鑑”. スポーツ報知. 2009年11月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年11月24日閲覧。
  2. ^ 2006年春季一部リーグ戦試合結果”. 首都大学野球連盟. 2009年11月24日閲覧。
  3. ^ 阿南 徹選手 オリックス・バファローズから5位指名を受ける! 日本通運スポーツサイト
  4. ^ オリ5位阿南仮契約「1年目から活躍を」 日刊スポーツ 2009年11月24日
  5. ^ オリ阿南タレント野口綾子と結婚 日刊スポーツ 2010年12月27日
  6. ^ 巨人・東野とオリックス香月ら交換トレード 朝日新聞 2012年11月5日閲覧
  7. ^ 【巨人】阿南、移籍後初登板は2回2失点 日刊スポーツ 2013年9月6日
  8. ^ プロ初先発の阿南 5回無失点でうれしい初勝利「自信になった」スポーツニッポン 2013年10月1日配信
  9. ^ 巨人阿南再婚していた「僕にはもったいない女性」日刊スポーツ 2015年11月22日
  10. ^ 来季の契約について”. 読売巨人軍公式サイト (2016年10月2日). 2016年10月3日閲覧。
  11. ^ 任意引退選手”. NPB.jp 日本野球機構 (2016年10月25日). 2016年10月25日閲覧。
  12. ^ 元巨人阿南、芳川、北之園がアカデミーのコーチ就任日刊スポーツ 2016年12月14日
  13. ^ プロ初先発の阿南 5回無失点快投 川口コーチ「十分一軍で通用」 Sponichi Annex 2013年10月1日
  14. ^ 阿南徹投手 ストレートに磨き 宮古毎日新聞 2010年2月14日
  15. ^ a b 阿南徹 ~社会人選手名鑑~”. スポニチ Sponichi Annex. 2009年11月24日閲覧。
  16. ^ おばあちゃん子が大仕事!G阿南が初先発初勝利 サンスポ 2013年10月1日
  17. ^ 2009年度ドラフト会議 契約交渉権獲得選手”. オリックス・バファローズ. 2009年11月24日閲覧。
  18. ^ 【巨人】阿南、課題は変化球全般の精度 日刊スポーツ 2013年2月14日
  19. ^ 阿南、プロ初先発初勝利!5回0封、移籍1年目集大成だ スポーツ報知 2013年10月2日
  20. ^ 巨人移籍の阿南に原監督「チャンスありでしょう」”. スポニチ Sponichi Annex (2013年2月8日). 2013年2月8日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]