小林太志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
小林 太志
20120304 Hutosi Kobayasi pitcher of the Yokohama DeNA BayStars,at Yokohama DeNA BayStars Baseball Integrated training field.JPG
2012年3月4日、横浜DeNAベイスターズ総合練習場にて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 群馬県富岡市
生年月日 (1983-05-11) 1983年5月11日(35歳)
身長
体重
184 cm
87 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2007年 大学生・社会人ドラフト1巡目
初出場 2008年4月9日
最終出場 2014年8月20日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

小林 太志(こばやし ふとし、1983年5月11日 - )は、群馬県富岡市出身の元プロ野球選手投手)。右投右打。

来歴・人物[編集]

プロ入り前[編集]

群馬県立富岡高等学校在籍時には最速144kmのストレートで注目されたが、初戦敗退を喫する。一般入試で進学した立教大学ではエースとして東京六大学リーグで活躍し、リーグ戦通算10勝を挙げた。

大学卒業後の2006年JR東日本に入社。堀井哲也監督の指導のもと、JR東日本硬式野球部で1年目からチーム投手陣の主軸に抜擢され、第77回都市対抗野球では2試合先発シダックスから補強された森福允彦らと共にチームのベスト4入りに貢献した。

プロ入り後[編集]

2007年11月9日ドラフト会議横浜ベイスターズに分離ドラフトによる1巡目で指名され、11月30日契約金1億円+出来高5000万円で契約した。

2008年
開幕一軍は逃したが4月中に昇格し、4月9日にプロ初登板を果たす。4月27日の対広島東洋カープ戦ではプロ初先発で初勝利を挙げた。これはセ・リーグの新人では一番乗りとなる勝利だった。その後は主にローテーション投手として登板、プロ初完封を達成するなど活躍し、6勝を挙げた。
2009年
初の開幕一軍スタートを飾る。シーズン序盤は勝ち星には恵まれなかったものの、ある程度試合を作り好投を続けていたが、交流戦突入後に調子を落とし自らのまずい守備も重なり失点していくケースが増えていった。5月31日オリックス・バファローズ戦では8回3失点で完投を記録するものの6月7日に登録抹消。その3か月後の9月13日に1軍復帰、阪神タイガース戦で登録即先発し7回2失点と好投し復調の気配を見せたが、わずか1週間足らずで再び登録抹消されるなど一軍定着はならず2年目は満足のいく結果を残せなかった。
2010年
2009年8月25日
4月18日の阪神戦での初登板からロングリリーフなどで起用され安定した投球を続け、5月27日のオリックス戦で先発し好投するが、その後はローテーションに定着できず結局未勝利に終わった。
2011年
開幕は二軍でスタート。一軍昇格後は中継ぎ、ロングリリーフとして登板を重ねるが、定着できず、二軍で肘を僅かに下げ、シュートボールを多用するスタイルに変える。これが功を奏し、9月以降は先発ローテーションに組み込まれ、5試合で3勝と、来季に期待を持たせる内容を残した。最終的にはシーズンを通して4勝を記録した。
2012年
主に中継ぎで35試合に登板し、ロングリリーフに回る機会が多かった。ローテーションの谷間で先発する機会もあったが、先発としては2勝3敗と振るわなかった。
2013年
前年と同様に中継ぎ(主に敗戦処理)として起用されるも安定感を欠き、わずか11試合の登板に留まった。契約更改の席では「野球協約で定められた減額制限の20%を超える提示額での合意か、自由契約」の二択を迫られ[1]、前年比50%減の年俸1200万(推定)で契約した[2]
2014年
8月中旬に一軍登録されると8月19日の広島戦で初登板し2回無失点に抑える。8月20日の同カードでは、2点リードの4回表無死1,2塁の場面で山口俊の後を受けて登板。天谷宗一郎を三振に抑えるが、菊池涼介にヒットを打たれると続く丸佳浩に逆転満塁ホームランを打たれた。
10月3日に球団から戦力外通告を受けた[3]

現役引退後[編集]

現役引退後は、大手不動産系の企業で経営企画職の正社員として働くという[4]

2016年学生野球資格回復研修を受講した上で、翌2017年2月7日に日本学生野球協会より学生野球資格回復の適性認定を受けたことにより、学生野球選手への指導が可能となった[5]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2008 横浜
DeNA
31 22 1 1 1 6 5 1 0 .545 561 128.2 136 19 43 0 11 69 0 0 63 63 4.41 1.39
2009 12 12 1 0 0 1 8 0 0 .111 295 66.1 69 5 24 1 4 37 4 2 41 33 4.48 1.40
2010 20 3 0 0 0 0 2 0 0 .000 171 37.2 42 8 17 0 2 26 2 0 27 26 6.21 1.57
2011 17 8 0 0 0 4 3 0 0 .571 268 62.1 61 5 19 0 3 40 0 0 25 24 3.47 1.28
2012 35 5 0 0 0 2 3 0 1 .400 337 77.0 76 8 23 2 11 44 3 0 36 32 3.74 1.29
2013 11 0 0 0 0 0 1 0 0 .000 67 13.1 18 2 9 0 1 9 0 0 13 13 8.78 2.02
2014 2 0 0 0 0 0 1 0 0 .000 12 3.0 4 1 0 0 0 2 0 0 2 2 6.00 1.33
通算:7年 128 50 2 1 1 13 23 1 1 .361 1711 388.1 404 48 135 3 32 227 9 2 207 193 4.47 1.39
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • 横浜(横浜ベイスターズ)は、2012年にDeNA(横浜DeNAベイスターズ)に球団名を変更

記録[編集]

投手記録
打撃記録

背番号[編集]

  • 14 (2008年 - 2014年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ DeNA厳冬の嵐 小林太には制限超え減額か自由契約の選択迫る Sponichi Annex 2013年10月30日
  2. ^ DeNA - 2014年度契約更改 Archived 2014年2月18日, at the Wayback Machine. SANSPO.COM
  3. ^ 2015年度選手契約についてDeNA球団公式サイト2014年10月3日配信
  4. ^ “プロ野球引退「セカンドキャリア支援」その後 元横浜DeNA小林太志さん「スムーズに決まって良かった」”. キャリコネニュース. (2015年3月26日). https://news.careerconnection.jp/?p=9137 2015年11月21日閲覧。 
  5. ^ 元ヤクルト宮本慎也氏ら132人が学生野球資格回復 - 大学・社会人”. 日刊スポーツ (2017年2月8日). 2017年2月8日閲覧。
  6. ^ a b 神奈川新聞、2008年4月10日。
  7. ^ 神奈川新聞、2008年4月28日。
  8. ^ 神奈川新聞、2008年6月2日。
  9. ^ a b 神奈川新聞、2008年7月17日。
  10. ^ 神奈川新聞、2012年4月22日。
  11. ^ 神奈川新聞、2008年7月24日。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]