大田阿斗里

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
大田 阿斗里
20130629 Atori Ohta, pitcher of the Yokohama DeNA BayStars, at Yokohama Stadium.JPG
DeNA時代
(2013年6月29日、横浜スタジアムにて)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 沖縄県中頭郡西原町
生年月日 (1989-08-12) 1989年8月12日(28歳)
身長
体重
190 cm
95 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2007年 高校生ドラフト3巡目
初出場 2008年9月14日
最終出場 2016年9月12日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

大田 阿斗里(おおた あとり、1989年8月12日 - )は、沖縄県中頭郡西原町出身の元プロ野球選手投手)。右投右打。NPB横浜 (DeNA) ベイスターズに所属していた2008年から2012年までは、名前の阿斗里(あとり)を登録名に用いていた。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

3歳まで沖縄で暮らした後に東京へ転居する。小学3年生で江戸川区軟式野球連盟・仲町ビックフィガースで外野手として軟式野球を始め、5年生で投手に転向。6年生の時に江戸川区選抜として世界大会に出場する。

帝京高等学校へ進学し、1年夏からベンチ入りする。2年夏から3季連続で甲子園に出場する。2年夏8強、2007年春のセンバツでは小城打線を相手に、江川卓と並ぶ大会史上2位タイとなる20奪三振の活躍、4強入りに貢献する。しかし、二回戦の市川戦でバントを試みた際に親指を負傷。痛みからフォームが崩れ、夏の東東京大会でも何度もノックアウトされ、時に1アウトも取れない事もあった。最後の夏の甲子園ではこの不調が響き、エースナンバー背番号1は同僚の垣ヶ原達也に奪われ、背番号10を付けての出場となった(チームは8強進出)。この甲子園では2/3イニングしか投げられなかった。

高校時代には、卒業後に直接NPB加盟の球団へ入ることを希望していた。しかし、3年生の夏に不調だったことから、「入団できなかった場合はアメリカへ行ってメジャーリーグを目指すかもしれない」という意向を周囲に漏らしていた。実際には、2007年の高校生ドラフト会議横浜ベイスターズから3巡目指名を受けたことから、契約金5000万円・年俸500万円(金額は推定)という条件で入団。入団後には、名前の「阿斗里」を登録名に用いることを発表した。

横浜・DeNA時代[編集]

2008年のシーズンは大半を二軍(湘南シーレックス)で過ごしたが、イースタン・リーグ選抜の一員としてフレッシュオールスターゲームに出場した。9月14日の対中日ドラゴンズ戦(横浜スタジアム)で救援投手として一軍デビュー。同月25日の対阪神タイガース戦(阪神甲子園球場)で一軍初先発を果たした。しかし、通算では5試合の登板で、0勝2敗、防御率8.03という成績に終わった。2009年イースタン・リーグ公式戦17試合の登板で、5勝6敗、1完投、防御率5.31を記録。一軍公式戦では、8月13日の対広島東洋カープ戦(横浜)に救援で登板しただけだった。

2010年、一軍公式戦16試合に登板。先発・救援の双方を経験したが、0勝7敗、防御率6.51にとどまった。シーズン終了後の契約交渉では、先発にも救援にも対応できることが評価されたため、推定年俸720万円(120万円増)で契約を更改した。2011年、イースタン・リーグ公式戦15試合で、1勝5敗、防御率3.86を記録。一軍では公式戦3試合の登板で0勝1敗に終わったため、一軍初登板からの未勝利連敗記録がNPB歴代3位の10に達した[要出典]2012年はイースタン・リーグ公式戦29試合に登板。3勝0敗、防御率1.73という成績ながら、一軍では公式戦2試合の登板で勝敗が付かず、防御率13.50でシーズンを終えた。

「(この成績で)戦力外通告を覚悟した」と語るほどの危機感を抱いたこと[1]から、シーズン終了後の12月27日には、登録名を本名の「大田阿斗里」に変更することを球団から発表。これを機に、ユニフォームの背ネーム表記も、従来の「ATORI」から「ŌTA」に改められた。なお、この年には結婚。第1子(長男)を授かっている[2]

2013年5月18日にシーズン初の出場選手登録。6月22日の対阪神タイガース戦(横浜)では、1点リードの5回表2死満塁から2番手投手として登板すると、6回表まで無失点に抑えた末に一軍初勝利を挙げた。この勝利で前述の連敗記録を10で止めたことから、試合後に受けた自身初のヒーローインタビューでは、「(初勝利まで)長かった。今日からやっとプロ野球選手になったと思う。一軍で活躍しないとプロ野球選手とは言えない」と語った[2]。シーズン全体では、一軍公式戦で自己最多の38試合に登板。2勝4敗、5ホールド、防御率3.72という成績を残した。この成績を受けて、シーズン終了の契約交渉では、推定年俸1,250万円(600万円増)で契約を更改している。

2014年4月22日にシーズン初の出場選手登録を果たした。公式戦では3試合の登板で無失点にとどめたが、4月30日に登録を抹消。抹消後に一軍へ復帰できなかったため、シーズン終了後の契約交渉では、いったん保留した[3]後に推定年俸950万円(300万円減)で契約を更改した。2015年、一軍公式戦への登板機会はなかった。イースタン・リーグ公式戦でも、24試合の登板で2勝1敗1セーブ、防御率5.96と振るわず、10月4日に球団から戦力外通告を受けた[4]

DeNA退団後[編集]

2015年11月10日に、シートバッティング形式のNPB12球団合同トライアウト草薙球場)へ参加。ストレートで149km/hを計測したほか[5]、2つの三振を奪うなど、打者3人を無安打に抑えた[5]

その一方で、高校時代にメジャーリーグ志向を公言していたこと(前述)を背景に、2015年の11月中旬には同リーグ加盟球団のトライアウトも相次いで受験。ボストン・レッドソックスのトライアウトでは合格に至らなかった[6]が、サンディエゴ・パドレスが日本国内で初開催したトライアウト(同月22日高知東部球場)にも参加した[7]

オリックス時代[編集]

2016年1月18日に、NPBのオリックス・バファローズが、ほっともっとフィールド神戸で大田の投球をチェック。2月1日からの春季キャンプ中に、実戦形式による最終テストを実施した[8]。その結果、2月9日に育成選手として契約することが発表された。当初の背番号は129で、球団本部長の瀬戸山隆三は、支配下選手登録を視野に入れた契約であることを示唆した[9]6月23日には、育成契約から支配下選手契約へ移行するとともに、背番号を98に変更した。9月12日の対東北楽天ゴールデンイーグルス戦(楽天koboスタジアム宮城)に救援投手として自身2年振り・移籍後初の一軍登板であったが、一軍公式戦での登板はこの1試合だけで、10月2日に球団から戦力外通告を受けた[10]。12月2日、自由契約公示された[11]

オリックス退団後[編集]

2016年11月12日には、2年連続で12球団合同トライアウト(甲子園)に参加。ストレートで最速144km/hを計測したほか、打者3人を相手に、1奪三振1与四球という結果を残した[12]。その後、警視庁の採用試験を受け合格、研修終了後に第4機動隊の警視庁硬式野球部に入部予定[13]

選手としての特徴[編集]

平均球速約143km/h[14]。最速151km/h[15]のストレートとスライダーチェンジアップフォークボールが特徴[1][16]

横浜時代に一軍初登板から初勝利まで10連敗を喫したのは、繊細な性格ゆえに、ストレートの球速が一時130km/h台の前半にまで落ち込むほど腕が振れなくなったことが原因とされる[2]

人物[編集]

スズメ目アトリ科の小さな渡り鳥であるアトリが名前の由来であり、野鳥の撮影が趣味の父が名付けた。また姉が2人おり、姉たちの名前もそれぞれ鳥の名前からつけられている[要出典]。横浜時代の背番号は58で、この番号にちなんで、「ハマのゴーヤー」という愛称を自ら命名。「将来は58から40を引いた番号(エースナンバー18)を付けたい」とも話していたが[要出典]、DeNAを退団するまで背番号58の着用を続けた。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2008 横浜
DeNA
5 1 0 0 0 0 2 0 0 .000 58 12.1 17 2 2 0 3 9 0 0 11 11 8.03 1.54
2009 1 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 11 2.0 2 0 2 0 0 1 1 0 1 1 4.50 2.00
2010 16 7 0 0 0 0 7 0 0 .000 214 47.0 56 10 16 1 4 28 0 0 37 34 6.51 1.53
2011 3 0 0 0 0 0 1 0 0 .000 24 6.1 4 0 2 0 0 1 0 0 2 2 2.84 0.95
2012 2 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 14 2.0 3 0 5 0 0 2 0 0 3 3 13.50 4.00
2013 38 0 0 0 0 2 4 0 5 .333 169 38.2 33 3 15 1 4 32 1 0 19 16 3.72 1.24
2014 3 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 20 4.0 3 0 5 0 0 2 0 0 3 0 0.00 2.00
2016 オリックス 1 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 15 3.0 5 2 1 0 0 2 0 0 3 3 9.00 2.00
通算:8年 69 8 0 0 0 2 14 0 5 .125 525 115.1 123 17 48 2 11 77 2 0 79 70 5.46 1.48
  • 横浜(横浜ベイスターズ)は、2012年にDeNA(横浜DeNAベイスターズ)に球団名を変更

記録[編集]

背番号[編集]

  • 58 (2008年 - 2015年)
  • 129 (2016年 - 同年6月22日)
  • 98 (2016年6月23日 - 2016年シーズン終了)

登録名[編集]

  • 阿斗里 (あとり、2008年 - 2012年)
  • 大田 阿斗里 (おおた あとり、2013年 - 2016年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b “2007年高校生ドラフト指名者”. スポーツニッポン. (2007年10月3日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/npb/2007/draft/profile/highschool/ohta.html 
  2. ^ a b c “阿斗里で10連敗→大田で初勝利「やっとプロ野球選手に」”. スポーツニッポン. (2013年6月23日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/06/23/kiji/K20130623006070390.html 
  3. ^ “11年は22人も、今季はここまで保留者2人 今オフの契約更改は大人しい?”. BASEBALL KING. (2015年12月9日). http://baseballking.jp/ns/55739 
  4. ^ “2016年度 選手契約について”. 横浜DeNAベイスターズ. (2015年10月4日). http://www.baystars.co.jp/news/2015/10/1004_01.php 
  5. ^ a b “2015年合同トライアウト速報”. 日刊スポーツ. (2015年11月10日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1562569.html 
  6. ^ “DeNA戦力外・大田阿斗里、パドレスとマイナー契約”. スポーツ報知. (2015年11月26日). http://www.hochi.co.jp/baseball/mlb/20151125-OHT1T50260.html 
  7. ^ “元燕・江村がサイドスロー!パドレス入団テストでキラリ”. サンケイスポーツ. (2015年11月23日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20151123/npb15112305020001-n1.html 
  8. ^ “DeNA戦力外の大田阿斗里をオリックス入団テスト”. 日刊スポーツ. (2016年1月26日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1596835.html 
  9. ^ “オリックス、前DeNAの大田阿斗里と育成契約”. スポーツニッポン. (2016年2月9日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2016/02/09/kiji/K20160209012011550.html 
  10. ^ 戦力外通告のお知らせ”. オリックス・バファローズオフィシャルサイト (2016年10月2日). 2016年10月2日閲覧。
  11. ^ 自由契約選手|2016年度公示”. NPB.jp 日本野球機構 (2016年12月2日). 2016年12月3日閲覧。
  12. ^ “65人が参加/12球団合同トライアウト詳細”. 日刊スポーツ. (2016年11月12日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1736002.html 2016年11月13日閲覧。 
  13. ^ “プロ野球トライアウト 生保や警視庁採用担当も来場し熱視線”. newポストセブン. (2016年11月20日). http://www.news-postseven.com/archives/20171121_630869.html 2017年11月20日閲覧。 
  14. ^ 『2014 プロ野球オール写真選手名鑑』 日本スポーツ企画出版社、2014年、174頁。ISBN 978-4-905411-17-8
  15. ^ “阿斗里 無失点デビュー!最速151キロ”. スポニチSponichi Annex (スポーツニッポン). (2008年9月15日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2008/09/15/kiji/K20080915Z00001320.html 2013年4月26日閲覧。 
  16. ^ “DeNA戦力外の大田阿斗里パドレスとマイナー契約”. 日刊スポーツ. (2015年11月26日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1571274.html 
  17. ^ 神奈川新聞、2008年9月15日。
  18. ^ 神奈川新聞、2008年9月26日。
  19. ^ 神奈川新聞、2013年6月23日。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]