吉祥寺駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
吉祥寺駅
中央線吉祥寺駅中央口(北口)(2014年9月13日)
中央線吉祥寺駅中央口(北口)
(2014年9月13日)
きちじょうじ
Kichijōji
所在地 東京都武蔵野市吉祥寺南町
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本・駅詳細
京王電鉄駅詳細
テンプレートを表示
周辺一帯の航空写真国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

吉祥寺駅(きちじょうじえき)は、東京都武蔵野市吉祥寺南町一丁目及び同二丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)・京王電鉄である。

乗り入れ路線[編集]

JR東日本の中央本線と、京王電鉄の井の頭線が乗り入れ、接続駅となっている。

  • JR東日本 : 各線(後述)
  • 京王電鉄 : IN 井の頭線 - 駅番号IN17

JR東日本の駅に乗り入れている路線は中央本線のみであるが、一般列車の運転系統としては、急行線を走る中央線快速電車および緩行線を走る中央・総武線各駅停車の2系統が停車する。加えて成田空港駅へ直通する特急「成田エクスプレス」が停車する。

京王井の頭線は当駅を終点としている。

歴史[編集]

駅構造[編集]

JR東日本[編集]

JR 吉祥寺駅
ホーム(2015年4月)
ホーム(2015年4月)
きちじょうじ
Kichijōji
東京都武蔵野市吉祥寺南町一丁目1番24号
所属事業者 JR logo (east).svg 東日本旅客鉄道(JR東日本)
電報略号 キチ
駅構造 高架駅
ホーム 2面4線
乗車人員
-統計年度-
141,306人/日(降車客含まず)
-2015年-
開業年月日 1899年明治32年)12月30日
乗入路線 2 路線
所属路線 JC 中央線(快速)
(正式には中央本線
駅番号 JC 11
キロ程 21.2km(神田起点)
東京から22.5kmkm
*JC 10 西荻窪 (1.9km)
(1.6km) 三鷹 JC 12
所属路線 JB 中央・総武線(各駅停車)
(正式には中央本線)
駅番号 JB 02
キロ程 中央本線に同じ
千葉から58.6km
*JB 03 西荻窪 (1.9km)
(1.6km) 三鷹 JB 01
備考 みどりの窓口
* この間に東京支社八王子支社境界あり(当駅から三鷹寄りは八王子支社管内)
テンプレートを表示

島式ホーム2面4線を有する高架駅である。早朝や深夜など中央線が快速運転を行っていない時間帯は3・4番線ホームが閉鎖される。

改札口は、中央にある中央口(北口)・公園口(南口)・アトレ本館口(西口)、および西荻窪寄りにあるアトレ東館口(東口)の4ヶ所である。

エスカレーターエレベーターが設置されている。

なお、東隣の西荻窪駅から東京都区部に入るため、当駅が中央本線での八王子支社管内最東の駅となる。そのため、当駅と西荻窪駅の間に東京支社との境界標が設置されている。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 JB 中央・総武線(各駅停車) 西行 三鷹方面
2 東行 新宿千葉方面
T 地下鉄東西線方面
3 JC 中央線(快速) 下り 立川八王子高尾方面
4 上り 中野・新宿・東京方面

(出典:JR東日本:駅構内図

  • 早朝と深夜に運転される中央線東京行各駅停車は2番線、東京始発の各駅停車は1番線から発車する。特に、深夜下りの武蔵小金井・立川・八王子・高尾方面と青梅線直通列車は、1番線・3番線双方から発車するため、電光掲示板の発車時刻を確認する必要がある。
  • 中央線下り快速(3番線発)は当駅から先は各駅に停車するので「各駅停車」と案内され、E233系では「快速」表示も行われない。なお、平日は中野駅から各駅に停車する。
  • JR中央線は、2021年度以降の向う5年以内をめどに快速電車に2階建てグリーン車を2両連結させ12両編成運転を行う。そのため、今後12両編成の列車が停車できるようにホームを延長する工事などが実施される[3][4]


京王電鉄[編集]

京王 吉祥寺駅
井の頭線改札口(2015年10月)
井の頭線改札口(2015年10月)
きちじょうじ
Kichijōji
◄IN16 井の頭公園 (0.6km)
東京都武蔵野市吉祥寺南町二丁目1番25号
駅番号 IN 17
所属事業者 KeioRailway logo.svg 京王電鉄
所属路線 IN 井の頭線
キロ程 12.7km(渋谷起点)
駅構造 高架駅
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
145,460人/日
-2016年-
開業年月日 1934年昭和9年)4月1日
テンプレートを表示

当駅から西武新宿線田無駅方面への延伸計画が存在した名残からか頭端式ホーム2面2線を有する高架駅(地上3階)である。

改札は1ヶ所で、その脇にキラリナ京王吉祥寺への入口がある。正面にはエスカレーターがあり、降りるとJR公園口(南口)改札がある。

のりば[編集]

番線 路線 行先
1・2 IN 井の頭線 久我山永福町明大前下北沢渋谷方面
  • 片面ホームが2面で、双方のホーム間は改札口近くまで戻らないと行き来できない。
  • 2008年8月から2010年度末にかけて行われた当駅の高架橋改築工事では、早朝・深夜帯を片側のホームのみ使用した。また、それと合わせて8月に実施していた夏季特別ダイヤの際も終日片側のホームのみ使用していた[5]
  • ホームの乗車位置には、渋谷駅と同様に緑色とオレンジ色のランプが設置され、それぞれ識別することにより乗車する電車がわかるようになっていたが、改良工事に伴って撤去されている。
  • 当駅においてホームドアの整備を行い、2015年12月より使用を開始した。井の頭線では初。

利用状況[編集]

当駅は北口・南口ともに多くのバス路線が発着しており、当駅の所在地である武蔵野市民の他、三鷹市練馬区杉並区の住民も利用している。吉祥寺は多摩地区でも屈指の繁華街のため、隣接する市区以外からも多くの人が集まる。

中央線東小金井以西の駅と渋谷駅の間を移動する場合、新宿経由で中央線と埼京線または山手線を利用するよりも当駅での乗り換えで井の頭線を利用した方が運賃が安く、同線内で急行を利用すれば乗り換え時間を含めた所要時間もほぼ互角である[6]

年度別1日平均乗降人員[編集]

各年度の1日平均乗降人員の推移は下表のとおり。

年度別1日平均乗降人員[乗降データ 1][乗降データ 2]
年度 京王電鉄
1日平均
乗降人員
増加率
1948年(昭和23年) 18,900
1955年(昭和30年) 35,321
1960年(昭和35年) 57,563
1965年(昭和40年) 82,616
1970年(昭和45年) 94,234
1975年(昭和50年) 124,756
1980年(昭和55年) 144,147
1985年(昭和60年) 148,977
1990年(平成02年) 154,661
[備考 1]1991年(平成03年) 159,782 3.3%
1995年(平成07年) 148,640
2000年(平成12年) 141,415
2001年(平成13年) 143,089 1.2%
2002年(平成14年) 143,166 0.1%
2003年(平成15年) 143,162 0.0%
2004年(平成16年) 142,522 -0.4%
2005年(平成17年) 143,122 0.4%
2006年(平成18年) 144,344 0.9%
2007年(平成19年) 147,424 2.1%
2008年(平成20年) 147,020 -0.3%
2009年(平成21年) 145,197 -1.2%
2010年(平成22年) 142,083 -2.1%
2011年(平成23年) 140,929 -0.8%
2012年(平成24年) 141,475 0.4%
2013年(平成25年) 139,679 -1.3%
2014年(平成26年) 140,880 0.9%
2015年(平成27年) 144,238 2.4%
2016年(平成28年) 145,460 0.8%

年度別1日平均乗車人員(1880年代 - 1930年代)[編集]

各年度の1日平均乗車人員の推移は下表のとおり。

年度別1日平均乗車人員
年度 甲武鉄道 /
国鉄
帝都電鉄 出典
1899年(明治32年) [備考 2] 3 未開業 [東京府統計 1]
1900年(明治33年) 72 [東京府統計 2]
1901年(明治34年) 80 [東京府統計 3]
1902年(明治35年) 76 [東京府統計 4]
1903年(明治36年) 79 [東京府統計 5]
1904年(明治37年) 84 [東京府統計 6]
1905年(明治38年) 86 [東京府統計 7]
1907年(明治40年) 88 [東京府統計 8]
1908年(明治41年) 94 [東京府統計 9]
1909年(明治42年) 102 [東京府統計 10]
1911年(明治44年) 132 [東京府統計 11]
1912年(大正元年) 151 [東京府統計 12]
1913年(大正02年) 165 [東京府統計 13]
1914年(大正03年) 178 [東京府統計 14]
1915年(大正04年) 151 [東京府統計 15]
1916年(大正05年) 168 [東京府統計 16]
1919年(大正08年) 598 [東京府統計 17]
1920年(大正09年) 708 [東京府統計 18]
1922年(大正11年) 1,498 [東京府統計 19]
1923年(大正12年) 1,701 [東京府統計 20]
1924年(大正13年) 3,084 [東京府統計 21]
1925年(大正14年) 3,348 [東京府統計 22]
1926年(昭和元年) 3,836 [東京府統計 23]
1927年(昭和02年) 4,324 [東京府統計 24]
1928年(昭和03年) 4,597 [東京府統計 25]
1929年(昭和04年) 5,341 [東京府統計 26]
1930年(昭和05年) 5,425 [東京府統計 27]
1931年(昭和06年) 5,516 [東京府統計 28]
1932年(昭和07年) 5,828 [東京府統計 29]
1933年(昭和08年) 6,301 [東京府統計 30]
1934年(昭和09年) 6,817 [備考 3] 577 [東京府統計 31]
1935年(昭和10年) 7,352 592 [東京府統計 32]

年度別1日平均乗車人員(1953年 - 2000年)[編集]

年度別1日平均乗車人員
年度 国鉄 /
JR東日本
京王帝都電鉄
/ 京王電鉄
出典
1953年(昭和28年) 35,140 [東京都統計 1]
1954年(昭和29年) 45,012 [東京都統計 2]
1955年(昭和30年) 40,217 [東京都統計 3]
1956年(昭和31年) 51,627 19,823 [東京都統計 4]
1957年(昭和32年) 55,338 21,985 [東京都統計 5]
1958年(昭和33年) 59,195 13,769 [東京都統計 6]
1959年(昭和34年) 68,174 26,388 [東京都統計 7]
1960年(昭和35年) 64,011 28,882 [東京都統計 8]
1961年(昭和36年) 75,716 32,485 [東京都統計 9]
1962年(昭和37年) 80,329 35,941 [東京都統計 10]
1963年(昭和38年) 84,287 37,532 [東京都統計 11]
1964年(昭和39年) 87,805 39,693 [東京都統計 12]
1965年(昭和40年) 87,524 41,009 [東京都統計 13]
1966年(昭和41年) 88,917 41,222 [東京都統計 14]
1967年(昭和42年) 90,721 42,720 [東京都統計 15]
1968年(昭和43年) 90,360 43,534 [東京都統計 16]
1969年(昭和44年) 87,736 46,496 [東京都統計 17]
1970年(昭和45年) 86,293 47,290 [東京都統計 18]
1971年(昭和46年) 85,068 47,675 [東京都統計 19]
1972年(昭和47年) 87,846 54,159 [東京都統計 20]
1973年(昭和48年) 91,066 57,726 [東京都統計 21]
1974年(昭和49年) 99,110 61,597 [東京都統計 22]
1975年(昭和50年) 100,082 63,948 [東京都統計 23]
1976年(昭和51年) 103,019 64,466 [東京都統計 24]
1977年(昭和52年) 102,230 67,162 [東京都統計 25]
1978年(昭和53年) 102,718 69,737 [東京都統計 26]
1979年(昭和54年) 102,574 72,153 [東京都統計 27]
1980年(昭和55年) 99,362 72,685 [東京都統計 28]
1981年(昭和56年) 101,041 73,707 [東京都統計 29]
1982年(昭和57年) 100,507 73,833 [東京都統計 30]
1983年(昭和58年) 105,735 76,836 [東京都統計 31]
1984年(昭和59年) 107,468 76,107 [東京都統計 32]
1985年(昭和60年) 103,255 75,337 [東京都統計 33]
1986年(昭和61年) 106,551 76,099 [東京都統計 34]
1987年(昭和62年) 106,396 75,967 [東京都統計 35]
1988年(昭和63年) 126,792 77,000 [東京都統計 36]
1989年(平成元年) 130,731 76,693 [東京都統計 37]
1990年(平成02年) 135,808 77,786 [東京都統計 38]
1991年(平成03年) 139,917 80,473 [東京都統計 39]
1992年(平成04年) 140,874 78,740 [東京都統計 40]
1993年(平成05年) 140,622 77,189 [東京都統計 41]
1994年(平成06年) 138,455 75,975 [東京都統計 42]
1995年(平成07年) 137,109 74,497 [東京都統計 43]
1996年(平成08年) 138,666 72,137 [東京都統計 44]
1997年(平成09年) 136,039 69,951 [東京都統計 45]
1998年(平成10年) 134,556 70,677 [東京都統計 46]
1999年(平成11年) [JR 1] 135,017 70,590 [東京都統計 47]
2000年(平成12年) [JR 2] 136,927 70,984 [東京都統計 48]

年度別1日平均乗車人員(2001年以降)[編集]

年度別1日平均乗車人員[乗降データ 2]
年度 JR東日本 京王電鉄 出典
2001年(平成13年) [JR 3] 139,168 71,836 [東京都統計 49]
2002年(平成14年) [JR 4] 139,356 71,778 [東京都統計 50]
2003年(平成15年) [JR 5] 139,209 71,582 [東京都統計 51]
2004年(平成16年) [JR 6] 138,644 71,288 [東京都統計 52]
2005年(平成17年) [JR 7] 139,245 71,452 [東京都統計 53]
2006年(平成18年) [JR 8] 140,155 71,890 [東京都統計 54]
2007年(平成19年) [JR 9] 143,932 72,702 [東京都統計 55]
2008年(平成20年) [JR 10] 143,178 72,395 [東京都統計 56]
2009年(平成21年) [JR 11] 141,314 71,468 [東京都統計 57]
2010年(平成22年) [JR 12] 138,420 69,882 [東京都統計 58]
2011年(平成23年) [JR 13] 137,555 69,361 [東京都統計 59]
2012年(平成24年) [JR 14] 138,483 69,284 [東京都統計 60]
2013年(平成25年) [JR 15] 139,282 68,455 [東京都統計 61]
2014年(平成26年) [JR 16] 139,580 69,106 [東京都統計 62]
2015年(平成27年) [JR 17] 141,306 70,854 [東京都統計 63]
備考
  1. ^ 当駅の乗降人員最高値年度
  2. ^ 1899年12月30日開業。開業日から1900年3月31日までの計93日間を集計したデータ。
  3. ^ 1934年4月1日開業。

駅周辺[編集]

駅前北口広場
駅前イルミネーション(写真は2014年)

駅周辺は東京都有数の商業地区である。大型商業施設の他、オープンカフェ、飲食店、ブランドショップなどが所狭しと立ち並んでおり、週末には多くの買い物客が訪れる。

駅から練馬区杉並区三鷹市の境界まで徒歩圏内である。

中央口(北口)は広く、メイン出口である。みどりの窓口があり、待ち合わせ場所として人が多い。公園口(南口)を出ると京王井の頭線の乗り場がある。

中央口(北口)[編集]

駅前は広いロータリーになっており、武蔵関、大泉、石神井、柳沢、西荻窪、中野方面(下記参照)の路線バスが発着している。

アーケード商店街としてサンロードダイヤ街が駅前から伸びており、この2つが北口のメインストリートとなる。駅前から北西に伸びるダイヤ街 (East→West zone) を抜けた先に東急百貨店吉祥寺店がある。そのさらに北西側は急速に商業地化が進んだ一帯で、通称「東急裏」と呼ばれており、オープンカフェやブランドショップが密集している。

駅の北東にはヨドバシ吉祥寺があり、その東側の一帯は風俗店などが立ち並ぶ歓楽街となっている。現在のヨドバシ吉祥寺の建物はかつて近鉄百貨店東京店だったため、周辺一帯は通称「近鉄裏」と呼ばれていた。2000年代以降では東急裏を始めとする他地区のテナント料高騰を嫌ったエスニックショップなどが進出している。

中央口・北口にある主な施設・店舗

公園口(南口)[編集]

公園口(南口)
公園口(南口)
商店街を徐行するバス
商店街を徐行するバス

南口も商業地区だが、その範囲は北口側に比べて狭い。南口のパークロード商店街はバスの通り道になっているにもかかわらず幅員が狭く、かつ人通りが昼夜を問わず多い。そのため、人や自転車すれすれの所をバスが徐行し、安全面で問題となっている。

駅から徒歩5分の場所に、行楽地である井の頭恩賜公園がある。特に花見の時期には多くの人が訪れる。公園までの道(七井橋通り)沿いには焼き鳥店「いせや」を始め、個性的な店舗が立地する。

公園口・南口にある主な施設・店舗

バス路線[編集]

のりばは、北口・中央口と公園口の2つに大別される。

北口[編集]

駅近くの吉祥寺駅(当駅北口のロータリー)に関東バス西武バスの路線が乗り入れる。主に北側に向かう路線と東側に向かう路線が発着する。

関東バスは五日市街道営業所 (E) ・武蔵野営業所 (B) ・青梅街道営業所 (C) 、西武バスは上石神井営業所滝山営業所(吉64のみ)がそれぞれ担当する。各路線の詳細は営業所記事を参照。

のりば0

  • ムーバス:東循環、北西循環、三鷹・吉祥寺循環 (B)

のりば1

  • 吉54:緑町一丁目経由 武蔵野市役所行 (B)
  • 吉55:武蔵野市役所・北裏経由 柳沢駅行 (B)
  • 吉72:成蹊学園前・武蔵野大学経由 桜堤団地行 (B)
  • 吉73:武蔵野大学・柳橋経由 向台町五丁目行 (B)
  • 吉74:成蹊学園前・武蔵野大学経由 関前西公園行 (B)
  • 吉75:武蔵野大学・柳橋経由 ヴィーガーデン西東京行(B)(土曜以外)

のりば2

  • 吉50:成蹊学園行 (B)(学休ダイヤ時と休日は全便運休)
  • 吉50直行:成蹊学園行 (B)(朝の通学時間帯のみ運行、学休ダイヤ時と休日は全便運休)
  • 吉51:成蹊学園前経由 武蔵野営業所行 (B)
  • 吉52:成蹊学園前・武蔵野住宅経由 電通裏行 (B)(早朝1本のみ)
  • 吉53:成蹊学園前・武蔵野住宅経由 柳沢駅行(B)
  • 臨吉50:急行成蹊学園行(成蹊大学において入試及び祭事開催時のみ運行 成蹊学園まで無停車) (B)

のりば3

のりば4

  • 吉61:都民農園セコニック
  • 吉61-1:大泉学園駅南口・都民農園セコニック経由 新座栄行
  • 吉62:西武車庫行
  • 吉62-1:大泉学園駅南口行
  • 吉62-2:武蔵関駅入口行(土曜のみ)

のりぱ5

  • 吉63:柳沢駅通り経由 保谷駅南口行

のりば6

のりば7

  • 吉60:石神井公園駅北口経由 成増町
  • 吉60-1:吉祥寺通り入口・上石神井駅経由 西武車庫前行
  • 吉60-3:吉祥寺通り入口・上石神井駅経由 石神井公園駅北口行
  • 吉60-4:吉祥寺通り入口経由 上石神井駅行(平日のみ)

のりば8

中央口[編集]

以下のバスの発着以外にも路線バスの降車専用停留所にもなっている。停車するのは小田急バス京王バス東の公園口から発車する便で、吉03と境92の両系統は終日、宿44の一部の便、また、それ以外の便でも夕方以降はすべて中央口に到着する。なお、小田急バスの中央口に到着するバスの行先は「吉祥寺駅中央口」に設定されている。

のりば10

公園口[編集]

駅近くの吉祥寺駅(当駅南口の井の頭通り沿い)に小田急バスと京王バス東の路線が、同停留所近くの吉祥寺駅南口に関東バス(ムーバス)が乗り入れる。主に南西側に向かう路線が発着する。

小田急バスは吉祥寺営業所 (A) と武蔵境営業所 (C) 、関東バスは武蔵野営業所 (B) 、京王バスは調布営業所 (L) がそれぞれ担当する。各路線の詳細は営業所記事を参照。

のりば1

のりば2

  • 吉02:新川・下本宿・ときわ橋経由 千歳烏山駅行 (A)
  • 吉12:三鷹台団地・下本宿経由 北野行 (A)

のりば3

  • 吉01:新川・三鷹市役所前経由 大沢行、新川・大沢経由 武蔵境駅南口行 (A, C)
  • 吉15:新川循環( A)
  • 境92:野崎八幡経由 武蔵境駅南口行 (C)

のりば4

のりば5

  • 吉13:牟礼団地行 (A)

のりば6

  • 吉04:新川・中原三丁目経由 野ヶ谷行、新川・中原三丁目・神代植物公園前経由 深大寺行 (A)
  • 吉05:新川・杏林大学病院前経由 調布駅北口行 (A)

のりば7

  • 吉03:新川・杏林大学病院前・新川団地中央経由 仙川行 (A)

のりば8

のりば11

  • 吉祥寺営業所行 (A)

のりば12

  • ムーバス:三鷹・吉祥寺循環 (B)

駅改良工事[編集]

北口仮設駅舎(2011年3月)
工事中の駅北口(2013年4月)

JR東日本[編集]

2009年8月より、JR東日本が吉祥寺駅の高架橋耐震化と利便性改善のため、改修工事に着手[8]2014年に完成した。

改修内容としては、

  • 北口と南口の自由通路を、現行の幅8メートルから倍の16メートルに拡幅・直線化し、構内の混雑緩和と利便性の向上を図る。
  • 改札の内外にエレベーター計3基を新たに設置し、多機能トイレも改札内に設け、バリアフリー化を進める。緩行線側は2011年2月26日から、快速線側は同年2月17日から使用を開始。
  • 中央口を1階から2階に移設して3つの改札口をすべて2階に集約させ、移動しやすいように改良。京王吉祥寺駅ビル・井の頭線コンコースとの通路も新設する。
  • びゅうプラザは2階中央改札前に移設。
  • 駅ビル「吉祥寺ロンロン」も開業以来初めて本格改修。店舗がリニューアルされ、耐震補強工事も実施される。第1期として本館2階部分が2010年4月に新装開業。第2期として他の部分が同年10月に新装開業。これに伴い名称が『アトレ吉祥寺』に変更された。
  • 街の顔となる駅ファサード等を整備する。

中央改札口の工事期間中は北口歩道上に仮設駅舎が設置され、仮改札口から北口方面に出入りしていた。

京王電鉄[編集]

高架橋となっている井の頭線の駅舎は、コンクリート躯体が井の頭公園・吉祥寺間開通時の1934年、鉄骨橋梁が1977年に構築されたもので、老朽化が進んでいたほか、耐震化工事も必要になっていた。そのため、2007年12月から2010年にかけて高架橋の改築とホームの改良工事を行った。工事の際には度々2つある井の頭線のホームのうち1つを閉鎖した。そして、2011年10月1日より公園口の南北自由通路の右側にエレベーターが新設され、2階の切符売り場・JR改札口だけでなく、3階の井の頭線の改札前へも運転されることとなった。

また、駅舎に隣接する京王吉祥寺駅ビル1970年の建築から40年近く経過し老朽化が進んでいたこともあり、2010年4月上旬から建て替え工事を行い、2014年4月に完成した。工事の間、テナントであるユザワヤ啓文堂書店丸井吉祥寺店内に仮移転していたが、新ビル完成後に各テナントとして再出店した。

付記[編集]

隣の駅[編集]

※東日本旅客鉄道の特急「成田エクスプレス」の隣の停車駅は列車記事を参照のこと。

JR logo (east).svg 東日本旅客鉄道
JC 中央線(快速)
  • 特急「成田エクスプレス」停車駅
特別快速「ホリデー快速おくたま・あきがわ」・通勤特快・中央特快・青梅特快
通過
通勤快速(下りのみ)・快速(土曜・休日、下り高尾方面は「各駅停車」扱い)
荻窪駅 (JC 09) - 吉祥寺駅 (JC 11) - 三鷹駅 (JC 12)
快速(平日、下り高尾方面は「各駅停車」扱い)
西荻窪駅 (JC 10) - 吉祥寺駅 (JC 11) - 三鷹駅 (JC 12)
JB 中央・総武線(各駅停車)・T 東西線直通
西荻窪駅 (JB 03) - 吉祥寺駅 (JB 02) - 三鷹駅 (JB 01)
KeioRailway logo.svg 京王電鉄
IN 井の頭線
急行
久我山駅 (IN14) - 吉祥寺駅 (IN17)
各駅停車
井の頭公園駅 (IN16) - 吉祥寺駅 (IN17)
  • 沿線でのイベントなどの開催時には、通常の隣の停車駅との間にある以下の駅に停車することがある。
    • 花見シーズンの土曜・休日には、一部の急行が井の頭公園駅に臨時停車する。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「停車場設置」『官報』1900年1月10日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  2. ^ PDF 株式会社アトレのホームページよりプレスリリース
  3. ^ 中央快速線等へのグリーン車サービスの導入について 東日本旅客鉄道 2015年2月4日
  4. ^ JR東日本、中央線のグリーン車計画を延期 産経新聞 2017年3月24日
  5. ^ 京王電鉄2008年6月30日付ニュースリリース (PDF)
  6. ^ えきから時刻表 乗り換え案内検索結果より。
  7. ^ 新店舗情報”. ヤマダ電機. 2014年10月14日閲覧。
  8. ^ 武蔵野市ホームページ

出典[編集]

JR・私鉄の1日平均利用客数
  1. ^ 各駅の乗車人員 - JR東日本
  2. ^ 1日の駅別乗降人員 - 京王電鉄
JR東日本の1999年度以降の乗車人員
JR・私鉄の統計データ
  1. ^ 各種報告書 - 関東交通広告協議会
  2. ^ a b 統計でみる武蔵野市 - 武蔵野市
東京府統計書
東京都統計年鑑


外部リンク[編集]