1953年の大洋松竹ロビンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1953年の大洋松竹ロビンス
成績
セントラル・リーグ5位
52勝77敗1分 勝率.403[1]
本拠地
都市 大阪府大阪市
球場
大阪スタヂアム
Osakastudiam1989.jpg
球団組織
オーナー 中部謙吉
経営母体 大洋漁業
監督 小西得郎
 < 1952
 < 松竹
1954 > 

1953年の大洋松竹ロビンスでは、1953年シーズンの大洋松竹ロビンスの動向をまとめる。

この年の大洋松竹ロビンスは、小西得郎監督の2年目のシーズンである。前年、セントラル・リーグ最下位に終わった松竹ロビンスが大洋ホエールズと合併し、この年から、「大洋松竹ロビンス」という名称となった。名目上は対等合併であるが、翌シーズンいっぱいで松竹が経営から撤退しており、実質的には吸収合併である。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 小林章良
2 宮崎剛
3 青田昇
4 岩本義行
5 藤井秀郎
6 目時春雄
7 平野謙二
8 宮崎仁郎
9 江田貢一
1953年セントラル・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 最終成績
1位 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 --
2位 名古屋 2.5 名古屋 3.0 名古屋 3.5 名古屋 5.5 名古屋 7.5 大阪 16.0
3位 洋松 4.5 大阪 6.0 大阪 5.5 大阪 8.0 大阪 9.5 名古屋 18.5
4位 大阪 5.0 洋松 11.0 広島 13.5 広島 16.5 広島 18.0 広島 36.0
5位 国鉄 9.0 広島 12.5 洋松 16.0 洋松 17.5 洋松 23.5 洋松 37.5
6位 広島 9.0 国鉄 21.5 国鉄 24.5 国鉄 30.5 国鉄 31.5 国鉄 42.0
1953年セントラル・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 読売ジャイアンツ 87 37 1 .702 -
2位 大阪タイガース 74 56 0 .569 16.0
3位 名古屋ドラゴンズ 70 57 3 .551 18.5
4位 広島カープ 53 75 2 .414 36.0
5位 大洋松竹ロビンス 52 77 1 .403 37.5
6位 国鉄スワローズ 45 79 1 .363 42.0

[1]

オールスターゲーム[編集]

コーチ 小西得郎
ファン投票 選出なし
監督推薦 岩本義行
補充選手 青田昇

できごと[編集]

選手・スタッフ[編集]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
選手名 タイトル
権藤正利 新人王
ベストナイン
選出なし

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 年度別成績 1953年 セントラル・リーグ”. 2017年5月22日閲覧。
  2. ^ a b c d 『ホエールズ&ベイスターズ60年の軌跡』 ベースボール・マガジン社〈B.B.MOOK スポーツシリーズ〉、2009年、66頁。ISBN 9784583616179