1953年の毎日オリオンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
1953年の毎日オリオンズ
成績
パシフィック・リーグ5位
56勝62敗2分 勝率.475[1]
本拠地
都市 東京都
球場
後楽園球場
球団組織
経営母体 毎日新聞社
監督 湯浅禎夫(総監督)
若林忠志(選手兼任監督)
« 1952
1954 »

1953年の毎日オリオンズでは、1953年シーズンの毎日オリオンズの動向をまとめる。

この年の毎日オリオンズは、前年のいわゆる平和台事件で職を退いていた湯浅禎夫総監督、若林忠志監督が復帰したシーズンである。湯浅総監督が現代野球の監督にあたる役目をし、若林監督がヘッドコーチの役目をしていた前年までの2監督体制とは異なり、若林監督が文字通り、監督として指揮をした。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 栗木孝幸
2 北村正司
3 別当薫
4 三宅宅三
5 土井垣武
6 山内和弘
7 河内卓司
8 島田恒幸
9 野村武史
1953年パシフィック・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 最終成績
1位 毎日 -- 南海 -- 南海 -- 大映 -- 大映 -- 南海 --
2位 近鉄 1.0 大映 0.5 大映 南海 0.5 阪急 0.5 阪急 4.0
3位 南海 2.0 近鉄 1.5 近鉄 1.0 阪急 2.0 南海 4.0 大映 6.5
4位 西鉄 4.0 毎日 3.0 毎日 1.5 近鉄 5.0 近鉄 7.0 西鉄 13.5
5位 阪急 4.0 阪急 5.0 阪急 4.0 毎日 7.5 毎日 8.0 毎日 14.5
6位 大映 4.5 西鉄 7.0 西鉄 6.5 西鉄 11.5 西鉄 12.5 東急 20.0
7位 東急 5.5 東急 7.5 東急 8.0 東急 12.0 東急 13.5 近鉄 22.0
1953年パシフィック・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 南海ホークス 71 48 1 .597 -
2位 阪急ブレーブス 67 52 1 .563 4.0
3位 大映スターズ 63 53 4 .543 6.5
4位 西鉄ライオンズ 57 61 2 .483 13.5
5位 毎日オリオンズ 56 62 2 .475 14.5
6位 東急フライヤーズ 50 67 3 .427 20.0
7位 近鉄パールス 48 69 3 .410 22.0

オールスターゲーム1953[編集]

コーチ 若林忠志
ファン投票 荒川博 別当薫
監督推薦 荒巻淳 本堂保弥 呉昌征

できごと[編集]

選手・スタッフ[編集]

[2]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
受賞者なし
ベストナイン
選手名 ポジション 回数
別当薫 外野手 6年連続6度目

出典[編集]

[ヘルプ]