1952年の毎日オリオンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1952年の毎日オリオンズ
成績
パシフィック・リーグ2位
75勝45敗 勝率.625[1]
本拠地
都市 東京都
球場
後楽園球場
球団組織
経営母体 毎日新聞社
監督 湯浅禎夫(総監督、7月まで)
若林忠志(選手兼任監督、7月まで)
別当薫(7月から選手兼任監督)
« 1951
1953 »

1952年の毎日オリオンズでは、1952年シーズンの毎日オリオンズの動向をまとめる。

この年の毎日オリオンズは、湯浅禎夫総監督、若林忠志監督の2監督体制の3年目のシーズンである。西鉄との試合中のトラブルが機動隊出動に発展した、いわゆる平和台事件の責任を取って、湯浅総監督が解任され、若林監督が2軍監督に降格された。事件後は別当薫が選手兼任でシーズン終了まで監督を務めた。2監督は翌年復帰した。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 西本幸雄
2 呉昌征
3 別当薫
4 伊藤庄七
5 土井垣武
6 本堂保弥
7 河内卓司
8 長谷川善三
9 野村武史
1952年パシフィック・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 予選終了時 最終成績
1位 毎日 -- 毎日 -- 南海 -- 南海 -- 南海 -- 南海 --
2位 大映 1.0 大映 3.0 大映 4.0 毎日 3.5 毎日 5.5 毎日 1.0
3位 南海 2.0 南海 4.0 毎日 4.5 西鉄 6.5 西鉄 9.0 西鉄 8.5
4位 東急 4.0 東急 6.5 西鉄 6.0 大映 8.0 大映 18.0 大映 21.0
5位 西鉄 5.0 阪急 8.5 阪急 9.0 阪急 8.5 阪急 21.0 予選敗退
6位 阪急 6.5 西鉄 9.5 東急 12.5 東急 13.0 東急 21.5
7位 近鉄 9.5 近鉄 17.5 近鉄 23.5 近鉄 27.5 近鉄 40.5

※各108試合の予選リーグ後、上位4チームでの決勝リーグ(4試合ずつの総当り)を行い、最終順位を決定

1952年パシフィック・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 南海ホークス 76 44 1 .663 -
2位 毎日オリオンズ 75 45 0 .625 1.0
3位 西鉄ライオンズ 67 52 1 .563 8.5
4位 大映スターズ 55 65 1 .4583 21.0
5位 阪急ブレーブス 49 58 1 .4579 20.5
6位 東急フライヤーズ 49 59 0 .454 21.0
7位 近鉄パールス 30 78 0 .278 40.0

*1-4位は予選リーグ(108試合)と決勝リーグ(12試合)の通算勝率、5位以下は予選リーグの勝率順で決定


オールスターゲーム1952[編集]

コーチ 湯浅禎夫
ファン投票 土井垣武 別当薫
監督推薦 野村武史 山根俊英 末吉俊信 本堂保次 三宅宅三

できごと[編集]

  • 7月16日 - 雨天による天候不順の中、平和台球場で行われた西鉄ライオンズ戦、2・3回と度々中断した後、4回から毎日側は雨天中止を狙うべく、頻繁にタイムをかけるなどの遅延行為を行い、4対9とリードされた5回表に遂に雨天中止・ノーゲームとなる。これに激怒した西鉄ファンがグラウンドに飛び込んで大暴れ、20時過ぎに警備員たちによって毎日選手はようやく球場外に避難した。世に言う「平和台事件」である。

選手・スタッフ[編集]

[2]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
受賞者なし
ベストナイン
選手名 ポジション 回数
土井垣武 捕手 6年連続6度目
別当薫 外野手 5年連続5度目

出典[編集]

[ヘルプ]