1962年の毎日大映オリオンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
1962年の毎日大映オリオンズ
成績
パシフィック・リーグ4位
60勝70敗2分 勝率.462[1]
本拠地
都市 東京都
球場
東京スタジアム
球団組織
オーナー 永田雅一
経営母体 毎日新聞社
監督 宇野光雄
« 1961
1963 »

1962年の毎日オリオンズでは、1962年シーズンの毎日大映オリオンズ(通称:大毎オリオンズ)の動向をまとめる。

この年の毎日大映オリオンズは、宇野光雄監督の2年目のシーズンである。

概要[編集]

前年から着工されていた新球場が5月31日に竣工、「東京スタジアム」と命名され、オリオンズの新たな球場が誕生した。

永田雅一オーナーは「これでリーグ優勝どころか日本一」と張り切っていたが、葛城隆雄山内和弘田宮謙次郎のいわゆる「ミサイル打線」は打ちまくっていたものの、頼れる投手がエース・小野正一だけではどうしようもなく、4位に甘んじた。この状態が、やがて翌年オフの山内と小山正明阪神タイガース)の交換トレード、いわゆる「世紀のトレード」に発展することになる。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 柳田利夫
2 葛城隆雄
3 榎本喜八
4 山内和弘
5 田宮謙次郎
6 谷本稔
7 矢頭高雄
8 上条皇裕
9 坂井勝二
1962年パシフィック・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 最終成績
1位 東映 -- 東映 -- 東映 -- 東映 -- 東映 -- 東映 --
2位 西鉄 4.5 大毎 6.0 大毎 9.5 阪急 15.0 南海 10.5 南海 5.0
3位 阪急 6.5 阪急 6.0 阪急 12.5 大毎 16.0 阪急 13.0 西鉄 16.0
4位 大毎 6.5 西鉄 9.0 近鉄 14.0 南海 17.0 西鉄 14.0 阪急 18.0
5位 近鉄 8.5 近鉄 11.5 西鉄 14.5 近鉄 19.5 大毎 17.5 大毎
6位 南海 10.0 南海 15.5 南海 18.5 西鉄 19.5 近鉄 20.0 近鉄 21.0
1962年パシフィック・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 東映フライヤーズ 78 52 3 .600 -
2位 南海ホークス 73 57 3 .562 5.0
3位 西鉄ライオンズ 62 68 6 .477 16.0
4位 毎日大映オリオンズ 60 70 2 .462 18.0
阪急ブレーブス 60 70 1 .462 18.0
6位 近鉄バファローズ 57 73 1 .438 21.0

オールスターゲーム1962[編集]

コーチ 宇野光雄
ファン投票 山内和弘 榎本喜八 田宮謙次郎
監督推薦 葛城隆雄

できごと[編集]

選手・スタッフ[編集]

[2]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
選手名 タイトル 成績 回数
榎本喜八 最多安打 160本 3年連続3度目
ベストナイン
選手名 ポジション 回数
榎本喜八 一塁手 4年連続5度目
山内一弘 外野手 4年連続8度目

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]