醍醐猛夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
醍醐 猛夫
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 東京都北区
生年月日 (1938-11-15) 1938年11月15日
没年月日 (2019-12-11) 2019年12月11日(81歳没)
身長
体重
181 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 1957年
初出場 1957年3月31日
最終出場 1974年10月16日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴
  • ロッテオリオンズ
    千葉ロッテマリーンズ (1974 - 1979, 1984 - 1986, 1991 - 1995, 2001 - 2002)

醍醐 猛夫(だいご たけお、1938年11月15日 - 2019年12月11日[1])は、東京都北区出身の元プロ野球選手捕手)・コーチ監督解説者

2001年から2002年までの登録名は醍醐 猛男(読みは同じ)。

5つ違いの弟・俊光も国鉄→サンケイに在籍した元プロ野球選手(投手)であった。息子・象器は東京医科大学理事長付参与を務め、生前は親子で日本ティーボール協会の役員を務めていた。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

早稲田実業では1年次の1954年から捕手として活躍し、同年の秋季関東大会都予選では決勝に進むが、高林恒夫を擁する立教高に惜敗。2年次の1955年には夏の甲子園都予選で準決勝へ進出するが、エースで4番の並木輝男を擁する日大三高に9回逆転サヨナラ負けを喫する。3年次の1956年には1年生で外野手兼控え投手王貞治とバッテリーを組み、夏の都予選では王が新宿高戦でノーヒットノーランを達成するなどの好投もあって勝ち進む。準決勝では村田元一を擁する明治高戦に2-1で辛勝したが、決勝では伏兵の成蹊高に13-1で大勝。同期の徳武定之と共にクリーンアップを打ち、捕手・3番打者として夏の甲子園本大会に出場。1回戦で新宮高を破って2回戦に進出するが、大会ナンバーワン左腕の清沢忠彦を擁する県岐阜商に抑えられ敗退[2]

現役時代[編集]

高校卒業後の1957年毎日オリオンズへ入団し、1年目から早実の先輩である佃明忠を差し置いて正捕手に定着。3月31日西鉄戦(平和台)で9回裏に初出場を果たすと、4月8日南海戦(後楽園)では初めて先発マスクを被って山根俊英の完投勝利をアシストし、8回裏に東実から適時三塁打を放って初安打・初打点を記録。5月30日近鉄戦ダブルヘッダー第1試合(大阪)で8回表に吹田俊明から初本塁打となる2ラン本塁打を放つと、第2試合でも黒田勉から1日2試合連続本塁打を記録。第1号を放った時の試合は、1回裏に病気明けの毎日先発・江崎照雄から小玉明利戸口天従の適時打、大石雅昭の犠飛でいきなり3点を先制され、さらに5回裏と6回裏にも追加点を許し、近鉄の一方的なペースで試合は進み、ようやく8回表に近鉄先発・吹田から醍醐が2ラン本塁打を放ち反撃したが、その裏さらに2点を追加され万事休す。吹田に完投勝利を許し2対7で敗れたが、第2試合は勝利に貢献した[3]10月3日の西鉄戦(後楽園)では稲尾和久から勝ち越しタイムリーを放ってチームの勝利に貢献し、稲尾の連勝記録を20でストップさせた[4]。この試合で醍醐は8回裏1死一、二塁、1-1のタイスコアの場面でカウント2-1と追い込まれたが、稲尾が投じた4球目のシュートに反応した。醍醐曰く「真っ直ぐだと思ってフルスイングした」が、確かにシュートはしたものの、連投続きの稲尾のボールは、6回からリリーフに立った時からキレがなく、回を追うごとに変化球が甘く入るようになっていた。醍醐へのウイニングショットもキレはなく、真ん中付近にきた打球は中西太豊田泰光の三遊間を真っ二つに割った左前打になり、二塁走者の葛城隆雄が疾走して本塁を陥れた。新人捕手の殊勲打でチームは4連敗中であった稲尾の攻略と逆転に成功し、試合後に別当薫監督は「醍醐?よく打ってくれた。稲尾の球威がいつもほどではないにしても追い込まれてからだからね。まだ新人だけど、しぶといよ」と、してやったりの顔でベタ褒めした[4]。この年は左腕の小野正一が26勝を挙げたが、19歳の醍醐は好リードで小野をサポートした[5]1959年には打撃不振もあって谷本稔に正捕手の座を奪われるが、8月22日南海戦(夕張鹿谷)で杉浦忠の連勝を12でストップさせると[4]9月30日の近鉄戦(後楽園)では5回裏に後藤修村田康一バッテリーから初盗塁を決める。1960年には10年ぶりのリーグ優勝に貢献するが、大洋との日本シリーズでは出場機会が無かった。1961年には現役復帰した杉下茂が加入しているが、杉下のフォークボールを取り損なってを損傷し、突き指もして、大きく指が曲がってしまった[6] [7]。杉下は引退後、プロ野球OB会などで醍醐と顔を合わせるたびに「杉さん、この指見てよ。曲がったままだよ」と言われたという[5]。同年からは代打での起用も多くなったが[5]1964年には正捕手の座を奪還し、規定打席不足ながら自己最高の打率.273を記録。1965年には谷本の阪神移籍で不動の正捕手となり、自身初の全試合出場で規定打席にも到達(23位、打率.248)して自己最多の15本塁打を放った。オールスターゲームにも初めて選出され、1966年には2年連続全試合出場。1967年4月8日に行われた開幕戦の南海戦(大阪)で1000試合出場を達成し、1968年1969年には2年連続でオールスターに出場。1970年には10年ぶりのリーグ優勝に貢献し、10月19日の近鉄戦(日生)では8回表に得津高宏の代打で1500試合出場を達成。巨人との日本シリーズでは全5戦で先発マスクを被るが、1勝4敗で巨人のV6を許す。1971年には6月15日の南海戦(東京)で8回裏にサッド・ティロットソンから1000安打を達成したが、ちなみにこの試合中に南海のドン・ブレイザーヘッドコーチと先発のティロットソンが大喧嘩する騒ぎがあった。理由は些細なことであり、ティロットソンがロッテ打線に無死から4連打を食らった際にブレイザーがマウンドに行き、「このボールを醍醐にやれ」と言った。頭に血がのぼっていたティロットソンはブレイザーの説明をすべて聞く前に「いやだ。このボールは投げやすいんだ。変えたくない」と言い張り、「1000本目なんだ」と言っても聞かなかったので、結局、ブレイザーはそのボールを強引に奪い取った。その後に交代となったティロットソンはベンチに戻ると、ブレイザーにつかみかからんばかりの勢いでまくし立て、周囲のコーチが必死で止め、やっと収まった。後でティロットソンは「1000本目という意味が分からなかった。分かっていたら、すぐ渡した」と神妙な顔をし、ブレイザーにも謝罪している[8]7月3日から4日にかけては東映戦(後楽園)で2試合にまたがり、杉田久雄尾崎行雄金田留広からプロ野球タイ記録の4打席連続本塁打を放ち、「これで王にも少しは近づいた記録ができた」と喜んだ[4]。同年は前半戦の活躍もあってオールスターに2年ぶり4度目の出場も果たしたほか、6年ぶりとなる2桁本塁打となる10本塁打も記録。リーグを代表する柔らかいキャッチング技術で投手陣から「的が大きい」と好評で信頼され[5]、打撃も荒いものの大物打ち[6]で勝負強かったが、1973年には村上公康に正捕手のポジションを奪われる。榊親一の台頭もあって3番手捕手となる。この頃から肩の衰えをリードでカバーし、現役最古参で選手達から兄貴的な存在となり、1974年には一軍バッテリーコーチを兼任。金田正一監督から投手起用を任され[1]、4年ぶりのリーグ優勝と24年ぶりの日本一に貢献。ほぼコーチ専任となった1975年限りで現役を引退。

選手として毎日、大毎、東京、ロッテの歴代オリオンズ全てに在籍した人物は醍醐と榎本喜八の2名のみである。

苗字は漢字の画数が多い文字であったため、後楽園球場の電光掲示板や東京スタジアムのスコアボードでは片仮名で「ダイゴ」と表記されていた[9]。後楽園では1970年の使用開始当初こそ漢字で表記されていたが、視認性を考慮して引退直前の頃は片仮名表記に変更されていた。なお、改築前の手書き時代は漢字表記であった。

引退後[編集]

引退後もオリオンズ(川崎)→マリーンズ(千葉)とロッテ一筋に二軍監督(1976年, 1991年[10] - 1994年, 2002年)、一軍バッテリーコーチ(1977年 - 1979年, 1984年 - 1986年, 1995年)、ヘッドコーチ(2001年)、スカウト(1987年)、スカウト部長(1988年 - 1990年)を歴任。監督・コーチ業の合間を縫って、テレビ埼玉ライオンズアワーヒットナイター」解説者(1980年 - 1983年)、パドレス極東地区担当スカウト(1999年 - 2000年)も務めた。コーチ1期目と2期目にはレロン・リー打撃投手をいつも務め、1期目は1977年の後期優勝に貢献するも、山内一弘監督との対立で辞任[4]。テレビ埼玉解説者時代に西武の野球をじっくり見続けて分析し、2期目は稲尾監督、佐藤道郎一軍投手コーチとのトロイカ体制で弱体投手陣の建て直しに成功[11]。スカウト時代は小宮山悟等を担当し[12]、二軍監督2期目には内野の経験がない大塚明遊撃手で育てようと我慢強く起用[13]。エラーばかりで守備では足を引っ張ってばかりの大塚を「お前さんの長所はバッティングだ、打てるショートとして期待してるから、少々のエラーは気にするな。思い切ってやれ!」といつも励まし、後に外野手転向を勧めた[13]。投手として入団したものの、を痛め、投球も出来ない日々を送っていた[14]1年目の福浦和也に野手転向を勧めた[15]。コーチ3期目にはアメリカカリフォルニアリーグへの野球留学に大村巌立川隆史らを連れていくため、オープン戦が終わると、米国へ旅立った[16]。勉強家で現場から離れた時期には「何かの役に立つかもしれない」と心理学の学校に3年間(1996年 - 1998年[16]も通い[17]、パドレススカウト時代には仙台工を出た吉田修章投手をルーキーリーグに送り込んだ[16]東京都豊島区で在宅介護支援デイケア「有限会社あさくらケアハウス」の代表取締役として経営に関わる傍ら[18]TwellV プロ野球中継解説者・全国野球振興会常務理事としても活動していた。

2019年12月11日急性骨髄性白血病のため死去。81歳没。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1957 毎日
大毎
東京
ロッテ
113 322 298 20 68 8 3 4 94 23 0 1 6 1 16 2 1 49 6 .228 .270 .315 .585
1958 92 273 252 10 48 8 1 0 58 11 0 1 2 0 19 1 0 43 7 .190 .247 .230 .477
1959 85 189 169 15 35 4 2 4 55 23 1 0 2 0 16 0 2 50 3 .207 .283 .325 .609
1960 86 189 181 8 37 6 1 3 54 13 2 0 1 1 4 0 2 53 5 .204 .230 .298 .528
1961 53 102 95 5 17 3 0 0 20 6 0 0 0 2 4 0 1 24 5 .179 .220 .211 .431
1962 67 135 126 12 31 6 1 2 45 15 0 0 0 0 7 1 2 33 3 .246 .296 .357 .653
1963 112 196 188 14 50 10 2 2 70 14 0 2 0 1 5 0 2 29 3 .266 .292 .372 .665
1964 117 422 395 30 108 13 2 5 140 44 5 2 9 3 13 3 2 48 13 .273 .300 .354 .654
1965 140 539 505 42 125 17 2 15 191 56 5 4 4 2 24 6 4 75 12 .248 .287 .378 .665
1966 134 497 464 32 99 11 3 6 134 45 8 7 4 3 24 2 2 60 8 .213 .255 .289 .544
1967 124 374 345 24 75 11 1 2 94 26 0 2 4 3 21 2 1 48 5 .217 .264 .272 .537
1968 123 376 348 23 73 9 0 8 106 32 3 3 6 0 20 8 2 51 10 .210 .257 .305 .561
1969 130 436 408 31 107 14 1 9 150 47 6 4 6 6 14 2 2 37 10 .262 .290 .368 .658
1970 127 435 385 33 93 8 1 5 118 49 5 8 8 9 32 2 1 50 6 .242 .301 .306 .608
1971 124 449 415 50 111 21 0 10 162 42 13 4 3 5 22 4 4 56 6 .267 .311 .390 .701
1972 70 205 186 13 39 4 0 5 58 15 0 2 0 0 17 4 2 39 10 .210 .283 .312 .595
1973 45 40 40 1 8 0 0 1 11 6 0 0 0 0 0 0 0 7 1 .200 .200 .275 .475
1974 33 47 43 3 8 2 0 0 10 5 2 0 1 0 3 0 0 6 1 .186 .239 .233 .472
通算:18年 1775 5226 4843 366 1132 155 20 81 1570 472 50 40 56 36 261 37 30 758 114 .234 .277 .324 .601
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • 毎日(毎日オリオンズ)は、1958年に大毎(毎日大映オリオンズ)に、1964年に東京(東京オリオンズ)に、1969年にロッテ(ロッテオリオンズ)に球団名を変更

記録[編集]

初記録
節目の記録
  • 1000試合出場:1967年4月8日、対南海ホークス1回戦(大阪スタヂアム)、7番・捕手で先発出場 ※史上121人目
  • 1500試合出場:1970年10月19日、対近鉄バファローズ26回戦(日生球場)、8回表に得津高宏の代打で出場 ※史上36人目
  • 1000安打:1971年6月15日、対南海ホークス8回戦(東京スタジアム)、8回裏にサッド・ティロットソンから中前安打 ※史上77人目
その他の記録
  • 4打席連続本塁打(1971年7月3日 - 7月4日)
  • オールスターゲーム出場:4回(1965年、1968年、1969年、1971年)

背番号[編集]

  • 24 (1957年 - 1975年)
  • 88 (1976年 - 1979年)
  • 74 (1984年 - 1986年)
  • 71 (1991年 - 1994年)
  • 82 (1995年、2001年 - 2002年)

脚注[編集]

  1. ^ a b “4打席連発の醍醐猛夫さん死去 急性骨髄性白血病”. 日刊スポーツ. (2019年12月11日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201912110000669.html 2019年12月11日閲覧。 
  2. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年
  3. ^ クラシックSTATS鑑賞 醍醐猛夫、全本塁打一覧|本塁打大全
  4. ^ a b c d e 【10月3日】1957年(昭32) “連勝ストップ”男・醍醐猛夫 鉄腕の記録阻んだ
  5. ^ a b c d 元ロッテ醍醐氏が死去 球団5位の1775試合出場、捕手として1698試合は史上8位
  6. ^ a b 醍醐猛夫 NPB1000本安打列伝 50 - 野球の記録で話したい
  7. ^ 変化球はいつ誕生した? サイ・ヤング、沢村栄治、杉下茂ら“魔球”の歴史
  8. ^ 南海・野村克也にコンバート案浮上?/週べ回顧
  9. ^ 日本人選手なのにカタカナ表示? 懐かしの野球場・東京スタジアム
  10. ^ この年のみ打撃コーチを兼任。
  11. ^ 打倒GLへ動き出した4人の新監督 ロッテ・稲尾和久,中日・山内一弘 日本ハム・植村義信,近鉄・岡本伊三美」『週刊ベースボール』1983年12月号、p135~139
  12. ^ 元ロッテ・醍醐猛男氏通夜 八木沢荘六氏、早大・小宮山監督らが参列
  13. ^ a b 醍醐猛夫さん|大塚明オフィシャルウェブサイト(4スタンス理論)
  14. ^ 千葉愛があふれる名球会入りした強打者の半生
  15. ^ デイリースポーツonline 福浦に打者転向勧めた24年前 当時の2軍監督・醍醐氏「まさかここまでの打者に…」
  16. ^ a b c ロッテ・醍醐ヘッドコーチに聞く
  17. ^ 元ロッテの名捕手 醍醐猛夫さん死去 現役時代に4打席連続本塁打を記録
  18. ^ 有限会社あさくらケアハウス

関連項目[編集]

外部リンク[編集]