醍醐猛夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
醍醐 猛夫
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 東京都北区
生年月日 (1938-11-15) 1938年11月15日(79歳)
身長
体重
181 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 1957年
初出場 1957年3月31日
最終出場 1974年10月16日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴
  • ロッテオリオンズ
    千葉ロッテマリーンズ (1974 - 1979, 1984 - 1986, 1991 - 1995, 2001 - 2002)

醍醐 猛夫(だいご たけお、1938年11月15日 - )は、東京都北区出身の元プロ野球選手捕手)・コーチ監督解説者

2001年から2002年までの登録名は醍醐 猛男(読みは同じ)。

経歴[編集]

早稲田実業では3年次に1年生エースの王貞治とバッテリーを組み、捕手・三番打者として1956年夏の甲子園に出場。同期の徳武定之と共にクリーンアップを打ったが、2回戦で県岐阜商に敗退。卒業後の1957年毎日オリオンズへ入団し、1年目から正捕手として活躍。1959年には谷本稔に定位置を譲るが、1964年に正捕手の座を奪還。1965年には初めて全試合に出場し、規定打席にも到達(23位、打率.248)して自己最多の15本塁打を放った。1971年には2試合にまたがる4打席連続本塁打を記録。リーグを代表するキャッチング技術と巧打で活躍し、3度のリーグ優勝(1960年, 1970年, 1974年)に貢献したほか、オールスターにも4度出場(1965年, 1968年 - 1969年, 1971年)。1973年には村上公康に正捕手のポジションを奪われ、榊親一に次ぐ3番手捕手となる。1974年からは一軍バッテリーコーチを兼任し、1975年には出場がゼロになる。ほぼコーチ専任となり、同年限りで現役を引退。引退後はロッテで二軍監督(1976年, 1991年 - 1994年, 2002年)、一軍バッテリーコーチ(1977年 - 1979年, 1984年 - 1986年, 1995年)、ヘッドコーチ(2001年)、スカウト(1987年)、スカウト部長(1988年 - 1990年)を務めた。1991年のみ打撃コーチを兼任。監督・コーチ業の合間を縫って、テレビ埼玉ライオンズアワーヒットナイター解説者1980年 - 1983年)、パドレス極東地区担当スカウト(1998年 - 2000年)も務めた。現在は在宅介護支援デイケア「あさくら」の代表取締役として経営に関わっており、その傍らTwellV プロ野球中継解説者全国野球振興会常務理事としても活動している。

選手として毎日、大毎、東京、ロッテの全てに在籍した人物は醍醐と榎本喜八の2名のみである。

なお、苗字は漢字の画数が多い文字であったため、後楽園球場の電光掲示板[1]東京スタジアムのスコアボードでは片仮名で「ダイゴ」と表記されていた。

5つ違いの弟は産経スワローズに在籍した醍醐俊光であり、息子の醍醐象器は東京医科大学理事長付参与を務める。現在は親子で日本ティーボール協会の役員を務めている。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1957 毎日
大毎
東京
ロッテ
113 322 298 20 68 8 3 4 94 23 0 1 6 1 16 2 1 49 6 .228 .270 .315 .585
1958 92 273 252 10 48 8 1 0 58 11 0 1 2 0 19 1 0 43 7 .190 .247 .230 .477
1959 85 189 169 15 35 4 2 4 55 23 1 0 2 0 16 0 2 50 3 .207 .283 .325 .609
1960 86 189 181 8 37 6 1 3 54 13 2 0 1 1 4 0 2 53 5 .204 .230 .298 .528
1961 53 102 95 5 17 3 0 0 20 6 0 0 0 2 4 0 1 24 5 .179 .220 .211 .431
1962 67 135 126 12 31 6 1 2 45 15 0 0 0 0 7 1 2 33 3 .246 .296 .357 .653
1963 112 196 188 14 50 10 2 2 70 14 0 2 0 1 5 0 2 29 3 .266 .292 .372 .665
1964 117 422 395 30 108 13 2 5 140 44 5 2 9 3 13 3 2 48 13 .273 .300 .354 .654
1965 140 539 505 42 125 17 2 15 191 56 5 4 4 2 24 6 4 75 12 .248 .287 .378 .665
1966 134 497 464 32 99 11 3 6 134 45 8 7 4 3 24 2 2 60 8 .213 .255 .289 .544
1967 124 374 345 24 75 11 1 2 94 26 0 2 4 3 21 2 1 48 5 .217 .264 .272 .537
1968 123 376 348 23 73 9 0 8 106 32 3 3 6 0 20 8 2 51 10 .210 .257 .305 .561
1969 130 436 408 31 107 14 1 9 150 47 6 4 6 6 14 2 2 37 10 .262 .290 .368 .658
1970 127 435 385 33 93 8 1 5 118 49 5 8 8 9 32 2 1 50 6 .242 .301 .306 .608
1971 124 449 415 50 111 21 0 10 162 42 13 4 3 5 22 4 4 56 6 .267 .311 .390 .701
1972 70 205 186 13 39 4 0 5 58 15 0 2 0 0 17 4 2 39 10 .210 .283 .312 .595
1973 45 40 40 1 8 0 0 1 11 6 0 0 0 0 0 0 0 7 1 .200 .200 .275 .475
1974 33 47 43 3 8 2 0 0 10 5 2 0 1 0 3 0 0 6 1 .186 .239 .233 .472
通算:18年 1775 5226 4843 366 1132 155 20 81 1570 472 50 40 56 36 261 37 30 758 114 .234 .277 .324 .601
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • 毎日(毎日オリオンズ)は、1958年に大毎(毎日大映オリオンズ)に、1964年に東京(東京オリオンズ)に、1969年にロッテ(ロッテオリオンズ)に球団名を変更

記録[編集]

初記録
節目の記録
  • 1000試合出場:1967年4月8日、対南海ホークス1回戦(大阪球場)、7番・捕手で先発出場 ※史上121人目
  • 1500試合出場:1970年10月19日、対近鉄バファローズ26回戦(日生球場)、8回表に得津高宏の代打で出場 ※史上36人目
  • 1000本安打:1971年6月15日、対南海ホークス8回戦(東京スタジアム)、8回裏にサッド・ティロットソンから中前安打 ※史上77人目
その他の記録
  • 4打数連続本塁打(1971年7月3日 - 7月4日)
  • オールスターゲーム選出:4回 (1965年、1968年、1969年、1971年)

背番号[編集]

  • 24 (1957年 - 1975年)
  • 88 (1976年 - 1979年)
  • 74 (1984年 - 1986年)
  • 71 (1991年 - 1994年)
  • 82 (1995年、2001年 - 2002年)

脚注[編集]

  1. ^ 1970年の使用開始当初は漢字で表記されていたが、視認性を考慮して引退直前の頃は片仮名表記に変更されていた。なお、改築前の手書き時代は漢字表記だった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]