ディック・ディサ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ディック・ディサ
Dick Desa
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ハワイ準州
生年月日 (1941-12-03) 1941年12月3日
没年月日 (2012-01-30) 2012年1月30日(70歳没)
身長
体重
182 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1961年
初出場 1961年4月23日
最終出場 1965年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

リチャード・オーガスティン・ディサRichard Augustine Desa, 1941年12月3日 - 2012年11月30日[1])は、アメリカ合衆国ハワイ準州Territory of Hawaii)出身のプロ野球選手投手)。

来歴・人物[編集]

ヒロ高校、ノンプロの地元球団・ハワイ朝日(チームメイトにジョン・サディナがいた)を経て、1960年12月14日に大毎オリオンズに入団[2]。ハワイ朝日で高校1年目ながら2度のノーヒットノーランを含む14勝をマークし、メジャーリーグ8球団,日本のプロ野球3球団(大毎、東映南海。ディサを紹介したのは、熊谷組を中心とする社会人野球の日本代表チームだった。)が争奪戦を繰り広げた末の入団だった。契約金の面もさることながら(メジャーリーグ側より約3倍の額を日本の球団は提示)、東京の球団でプレーしたかったこと、同じハワイ出身の田中義雄(カイザー田中)が大毎のコーチをやっていたことが入団の決め手になった[2]

1961年4月23日の対東映戦(駒澤野球場)でプロ初先発。5月14日の対南海戦(後楽園球場)でプロ初勝利を完投して挙げた[2]。鳴り物入りで入団しただけあって剛速球も投げ、球の切れもあった。加えて重心の高い上体を生かした投球フォームから、打者を圧倒するような球威があった。しかし、剛速球投手に付き物の制球難があり、与四球が多く不安定だった。それに加えて練習嫌いで、遅刻や無断欠勤もしょっちゅうあった。1963年のシーズン前に飲酒運転による交通事故を起こし、右肘を痛めたことで選手寿命を縮めた。素質がありながら遊び好きの性格が嫌われ、1964年シーズン途中に日本球界において外国人初のウェーバー公示によって、近鉄バファローズに移籍した。しかし、近鉄では1勝も挙げることができないまま、1965年シーズン終了後、現役引退した。投手登録だったが、外野手として2試合出場した経験がある。

引退後は、ハワイに帰り、保険会社の社員としてサラリーマン生活をしていたが、まもなく辞職。1968年に再度日本を訪れ、アメリカ空軍立川基地にあった「レクレーションセンター」の職員となり、基地内の野球チーム(立川AIO)の監督になった。その後、貿易会社に勤務。長く日本との関係を続けた[2]

2012年11月30日、71歳で死去。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1961 大毎 23 18 5 1 0 5 4 -- -- .556 426 101.1 72 5 55 0 2 76 2 2 40 33 2.93 1.25
1962 44 18 5 1 0 9 9 -- -- .500 558 127.2 111 8 78 2 2 88 3 1 72 59 4.16 1.48
1963 26 6 1 1 0 2 5 -- -- .286 257 62.1 51 2 25 0 2 30 2 1 36 26 3.75 1.22
1964 近鉄 2 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 15 3.0 4 0 2 0 1 1 0 0 3 3 9.00 2.00
1965 7 1 0 0 0 0 1 -- -- .000 59 12.2 11 3 10 0 0 6 0 0 9 8 5.68 1.66
通算:5年 102 43 11 3 0 16 19 -- -- .457 1315 307.0 249 18 170 2 7 201 7 4 160 129 3.78 1.36
  • 各年度の太字はリーグ最高

背番号[編集]

  • 28 (1961年 - 1964年途中)
  • 44 (1964年途中 - 1965年)

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]