1967年の東京オリオンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1967年の東京オリオンズ
成績
パシフィック・リーグ4位
61勝69敗7分 勝率.469[1]
本拠地
都市 東京都
球場
東京スタジアム
球団組織
オーナー 永田雅一
経営母体 大映
監督 戸倉勝城(6月19日まで)
濃人渉(6月20日から7月31日まで)
戸倉勝城(8月1日から8月14日まで)
濃人渉(8月15日から)
 < 1966 1968 > 

1967年の東京オリオンズでは、1967年シーズンの東京オリオンズの動向をまとめる。

この年の東京オリオンズは、戸倉勝城が監督に就任したが、チーム戦術について、オーナーと意見対立して解任され、シーズン終盤を濃人渉が監督を務めたシーズンである。

概要[編集]

戸倉新監督が就任したシーズン、この年からユニフォームを一新、長きに渡って親しまれた縦縞ユニフォームを廃止し、「ロサンゼルス・ドジャース」をイメージしたユニフォームに変更した。

だが依然として貧弱打線のために低迷、4月25日には坂井勝二投手がノーヒットノーランを続けながらチームは打てず、延長戦で負けるという醜態。その頃セ・リーグでは、中日ドラゴンズ西沢道夫近藤貞雄代行)、サンケイアトムズ飯田徳治中原宏代行)、大洋ホエールズ三原脩別当薫代行)と、3球団で監督途中交代が相次ぎ、その影響はオリオンズまで響き、一旦戸倉監督が休養→濃人ヘッドコーチが代行→戸倉監督復帰するもやがて解任→濃人監督就任と、目まぐるしく監督が替わった。

その後も低迷は続き、近鉄バファローズとの最終2戦に連敗すれば史上初の最下位となる状態へ。結果は連勝して辛くも最下位は免れたものの、これでようやく永田雅一オーナーは「守りの野球」が駄目だった事が分かり、翌1968年からはジョージ・アルトマンアルト・ロペスの2外国人を入団して打線を強化する事になる。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 西田孝之
2 石黒和弘
3 榎本喜八
4 井石礼司
5 前田益穂
6 森徹
7 醍醐猛夫
8 山崎裕之
9 小山正明
1967年パシフィック・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 最終成績
1位
2位
3位
4位
5位
6位
1967年パシフィック・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 阪急ブレーブス 75 55 4 .577 -
2位 西鉄ライオンズ 66 64 10 .508 9.0
3位 東映フライヤーズ 65 65 4 .500 10.0
4位 南海ホークス 64 66 3 .492 11.0
5位 東京オリオンズ 61 69 7 .469 14.0
6位 近鉄バファローズ 59 71 2 .454 16.0

オールスターゲーム1967[編集]

ファン投票 小山正明 榎本喜八 前田益穂 井石礼司
監督推薦 選出なし
補充選手 成田文男

できごと[編集]

選手・スタッフ[編集]

[2]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
選手名 タイトル 成績 回数
西田孝之 盗塁王 32個 初受賞
ベストナイン
選出なし

ドラフト[編集]

順位 選手名 守備位置 所属 結果
1位 村田長次 投手 福山電波工業高 入団
2位 岡田光雄 投手 邇摩高 拒否・松下電器入社
3位 島谷金二 内野手 四国電力 拒否
4位 榊親一 捕手 日本通運 入団
5位 藤村正美 内野手 三田学園高 拒否・法政大学進学
6位 吉岡邦広 投手 三田学園高 入団
7位 中村裕二 捕手 柳川商業高 拒否・法政大学進学
8位 金子勝美 投手 埼玉・大宮高 拒否・早稲田大学進学
9位 堀田芳信 投手 三谷水産高 入団
10位 吉岡悟 内野手 富山商業高 入団
11位 池田和雄 外野手 習志野高 拒否・慶應義塾大学進学
12位 西脇正彦 内野手 関西大学 拒否・電電近畿入社

出典[編集]

[ヘルプ]