1972年のロッテオリオンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1972年のロッテオリオンズ
成績
パシフィック・リーグ5位
59勝68敗3分 勝率.465[1]
本拠地
都市 東京都荒川区
球場
東京スタジアム
Gthumb.svg
球団組織
オーナー 中村長芳
経営母体 ロッテ
監督 大沢啓二
 < 1971 1973 > 

1972年のロッテオリオンズでは、1972年のロッテオリオンズにおける動向をまとめる。

この年のロッテオリオンズは、大沢啓二監督の2年目(途中就任の前年を含む)のシーズンである。また、東京スタジアムを本拠地とした最後のシーズンでもある。

概要[編集]

前年7月より監督に就任し、ロッテ快進撃がきっかけとなって、当時では異例の「5年契約」を結んだ大沢啓二監督は、「打つだけでは勝てない」とアルト・ロペス榎本喜八江藤慎一を放出し、外山義明村上公康野村収をもらい受け、小山正明木樽正明成田文男の3投手を軸とした、5年振りの「守りの野球」を掲げたが、肝心の3投手が働けず、また打線も前年とはうって変わって小粒になってしまい、最終的に5位と低迷。大沢は「5年契約」を破棄されて解雇、400勝投手・金田正一が後任となる。

シーズン中、西日本鉄道の球界撤退を受けた中村長芳オーナーは、西鉄ライオンズの球団譲渡先の紹介を担当したが見つからず、最終的に自ら「福岡野球株式会社」を設立して西鉄ライオンズを買収することになり、そのためロッテオーナーを辞職した。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 山崎裕之
2 ジョンソン
3 有藤通世
4 アルトマン
5 池辺巌
6 前田益穂
7 醍醐猛夫
8 広瀬宰
9 成田文男
1972年パシフィック・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 最終成績
1位
2位
3位
4位
5位
6位
1972年パシフィック・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 阪急ブレーブス 80 48 2 .625 -
2位 近鉄バファローズ 64 60 6 .5161 14.0
3位 南海ホークス 65 61 4 .5158 14.0
4位 東映フライヤーズ 63 61 6 .508 15.0
5位 ロッテオリオンズ 59 68 3 .465 20.5
6位 西鉄ライオンズ 47 80 3 .370 32.5

オールスターゲーム1972[編集]

コーチ 大沢啓二
ファン投票 山崎裕之 有藤通世
監督推薦 野村収 成田文男 アルトマン
  • 取り消し線は出場辞退

できごと[編集]

選手・スタッフ[編集]

[2]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
受賞者なし
ベストナイン
選手名 ポジション 回数
有藤通世 三塁手 4年連続4度目
ダイヤモンドグラブ賞(新設)
選手名 ポジション
有藤通世 三塁手
池辺巌 外野手

ドラフト[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 伊達泰司 外野手 法政大学 入団
2位 三井雅晴 投手 半田商業高 入団
3位 松尾格 投手 長崎・海星高 入団
4位 佐藤博 投手 日立製作所 拒否
5位 古屋英雄 投手 日本鋼管 拒否
6位 新谷嘉孝 外野手 三重高 入団

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]