1979年のロッテオリオンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
1979年のロッテオリオンズ
成績
パシフィック・リーグ4位
年間4位:26勝34敗5分 勝率.433
後期3位:29勝29敗7分 勝率.500
前期4位:26勝34敗5分 勝率.433[1]
本拠地
都市 神奈川県川崎市
球場
川崎球場
Kawasaki 1989.jpg
球団組織
オーナー 重光武雄
経営母体 ロッテ
監督 山内一弘
« 1978
1980 »

1979年のロッテオリオンズでは、1979年のロッテオリオンズにおける動向をまとめる。

この年のロッテオリオンズは、山内一弘監督の1年目のシーズンである。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 飯塚佳寛
2 弘田澄男
3 有藤通世
4 リー
5 レオン
6 得津高宏
7 芦岡俊明
8 袴田英利
9 水上善雄
投手 村田兆治
1979年パシフィック・リーグ順位変動
前期
順位 4月終了時 5月終了時 前期最終
1位 近鉄 -- 近鉄 -- 近鉄 --
2位 日本ハム 3.0 阪急 7.0 阪急 1.0
3位 阪急 3.5 日本ハム 7.5 日本ハム 6.0
4位 ロッテ 5.0 ロッテ 13.5 ロッテ 14.0
5位 南海 7.5 南海 15.0 南海 18.0
6位 西武 11.0 西武 23.0 西武 21.0
後期
順位 7月終了時 8月終了時 後期最終
1位 阪急 -- 阪急 -- 阪急 --
2位 日本ハム 3.5 ロッテ 3.5 近鉄 2.0
3位 南海 日本ハム 4.5 ロッテ 6.5
4位 ロッテ 4.0 近鉄 7.0 日本ハム 9.0
5位 近鉄 4.5 南海 7.5 西武 9.5
6位 西武 5.5 西武 10.5 南海 12.0
前期成績
順位 球団 勝率
優勝 近鉄バファローズ 39 19 7 .672 --
2位 阪急ブレーブス 39 21 5 .650 1.0
3位 日本ハムファイターズ 34 26 5 .567 6.0
4位 ロッテオリオンズ 26 34 5 .433 14.0
5位 南海ホークス 23 39 3 .371 18.0
6位 西武ライオンズ 18 40 7 .310 21.0
後期成績
順位 球団 勝率
優勝 阪急ブレーブス 36 23 6 .610 --
2位 近鉄バファローズ 35 26 4 .574 2.0
3位 ロッテオリオンズ 29 29 7 .500 6.5
4位 日本ハムファイターズ 29 34 2 .460 9.0
5位 西武ライオンズ 27 33 5 .450 9.5
6位 南海ホークス 23 34 8 .404 12.0
1979年パシフィック・リーグ年間成績
順位 球団 勝率
優勝 近鉄バファローズ 74 45 11 .622
2位 阪急ブレーブス 75 44 11 .630
3位 日本ハムファイターズ 63 60 7 .512
4位 ロッテオリオンズ 55 63 12 .466
5位 南海ホークス 46 73 11 .387
6位 西武ライオンズ 45 73 12 .381

*優勝はプレーオフで決定。2位以下はプレーオフの結果に関係なく勝率順で決定


オールスターゲーム1979[編集]

ファン投票 選出なし
監督推薦 村田兆治 有藤通世 リー 白仁天

できごと[編集]

選手・スタッフ[編集]

[2]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
選手名 タイトル 成績 回数
村田兆治 最多奪三振 230個 2年ぶり3度目
ベストナイン
選出なし
ダイヤモンドグラブ賞
選出なし

ドラフト[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 竹本由紀夫 投手 新日本製鐵室蘭 拒否
2位 高沢秀昭 投手 王子製紙苫小牧 入団
3位 佐藤和史 投手 日南高 入団
4位 中居謹蔵 内野手 小高工業高 入団

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]