1979年の南海ホークス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
1979年の南海ホークス
成績
パシフィック・リーグ5位
年間5位:46勝73敗11分 勝率.387
後期6位:23勝34敗8分 勝率.404
前期5位:23勝39敗3分 勝率.371
本拠地
都市 大阪府大阪市浪速区
球場
大阪球場
Osakastudiam1989.jpg
球団組織
オーナー 川勝傳
経営母体 南海電気鉄道
監督 広瀬叔功
« 1978
1980 »

1979年の南海ホークス(1979ねんのなんかいホークス)では、1979年の南海ホークスにおける動向をまとめる。

このシーズンの南海ホークスは、広瀬叔功監督の2年目のシーズンである。

概要[編集]

前年の最下位からの再浮上を目指し、2年目のシーズンを迎えた広瀬南海だったが、キャンプで主砲門田博光が右足アキレス腱を断裂しいきなり暗雲が立ち込める。それでも前期は西武の開幕12連敗もあり5位を確保。後期は8月に広瀬時代では最長となる5連勝をマークし一時は3位に浮上するも、その後はズルズルと順位を下げ結局最下位となるが、前期の西武の大負けが幸いし、辛うじて年間5位でシーズンを終えた。門田不在の打線は新井宏昌が打率リーグ2位に入るなど、チーム打率はリーグ3位と健闘したが、一方で投手陣はチーム防御率が4点台後半と、前年からさらに悪化した。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 藤原満
2 河埜敬幸
3 片平晋作
4 メイ
5 王天上
6 新井宏昌
7 高柳秀樹
8 定岡智秋
9 黒田正宏
投手 藤田学
1979年パシフィック・リーグ順位変動
前期
順位 4月終了時 5月終了時 前期最終
1位 近鉄 -- 近鉄 -- 近鉄 --
2位 日本ハム 3.0 阪急 7.0 阪急 1.0
3位 阪急 3.5 日本ハム 7.5 日本ハム 6.0
4位 ロッテ 5.0 ロッテ 13.5 ロッテ 14.0
5位 南海 7.5 南海 15.0 南海 18.0
6位 西武 11.0 西武 23.0 西武 21.0
後期
順位 7月終了時 8月終了時 後期最終
1位 阪急 -- 阪急 -- 阪急 --
2位 日本ハム 3.5 ロッテ 3.5 近鉄 2.0
3位 南海 日本ハム 4.5 ロッテ 6.5
4位 ロッテ 4.0 近鉄 7.0 日本ハム 9.0
5位 近鉄 4.5 南海 7.5 西武 9.5
6位 西武 5.5 西武 10.5 南海 12.0
前期成績
順位 球団 勝率
優勝 近鉄バファローズ 39 19 7 .672 --
2位 阪急ブレーブス 39 21 5 .650 1.0
3位 日本ハムファイターズ 34 26 5 .567 6.0
4位 ロッテオリオンズ 26 34 5 .433 14.0
5位 南海ホークス 23 39 3 .371 18.0
6位 西武ライオンズ 18 40 7 .310 21.0
後期成績
順位 球団 勝率
優勝 阪急ブレーブス 36 23 6 .610 --
2位 近鉄バファローズ 35 26 4 .574 2.0
3位 ロッテオリオンズ 29 29 7 .500 6.5
4位 日本ハムファイターズ 29 34 2 .460 9.0
5位 西武ライオンズ 27 33 5 .450 9.5
6位 南海ホークス 23 34 8 .404 12.0
1979年パシフィック・リーグ年間成績
順位 球団 勝率
優勝 近鉄バファローズ 74 45 11 .622
2位 阪急ブレーブス 75 44 11 .630
3位 日本ハムファイターズ 63 60 7 .512
4位 ロッテオリオンズ 55 63 12 .466
5位 南海ホークス 46 73 11 .387
6位 西武ライオンズ 45 73 12 .381

*優勝はプレーオフで決定。2位以下はプレーオフの結果に関係なく勝率順で決定


オールスターゲーム1979[編集]

ファン投票 選出なし
監督推薦 山内新一 藤原満 河埜敬幸

できごと[編集]

選手・スタッフ[編集]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
選手名 タイトル 成績 回数
金城基泰 最優秀救援投手 20SP 初受賞
ベストナイン
選手名 ポジション 回数
新井宏昌 外野手 初受賞
ダイヤモンドグラブ賞
選出なし

ドラフト[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 名取和彦 投手 日産自動車 入団
2位 香川伸行 捕手 浪商高 入団
3位 山内孝徳 投手 電電九州 翌年シーズン後に入団
4位 水谷茂雄 投手 四日市工業高 入団

出典[編集]

[ヘルプ]