1978年の南海ホークス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
1978年の南海ホークス
成績
パシフィック・リーグ6位
年間6位:42勝77敗11分 勝率.353
後期6位:20勝38敗7分 勝率.345
前期6位:22勝39敗4分 勝率.361
本拠地
都市 大阪府大阪市浪速区
球場
大阪球場
Osaka Stadium 1989.jpg
球団組織
オーナー 川勝傳
経営母体 南海電気鉄道
監督 広瀬叔功
« 1977
1979 »

1978年の南海ホークス(1978ねんのなんかいホークス)では、1978年の南海ホークスにおける動向をまとめる。

このシーズンの南海ホークスは、広瀬叔功監督の1年目のシーズンである。

概要[編集]

野村克也前監督の解任を受けて監督に就任した広瀬は「泥まみれ野球」を掲げ、鶴岡野球への回帰と野村色の一掃を図った。しかし野村に続き野村派の江夏豊柏原純一まで抜けたチームの戦力低下は明白で、4月中旬の8連敗に続いて5月にも8連敗を喫し、5月下旬に最下位に転落するとそのまま浮上することなく前期が終了。後期に入っても、開幕早々7連敗で最下位に転落、その後一時は5位に浮上するが、8月12日の日本ハムとのダブルヘッダーに連敗し再び最下位になると、チームに再び這い上がる力は残っていなかった。戦力が大幅ダウンしたチームは成績も大きく下落し、チーム打率はリーグ唯一の2割3分台で本塁打も唯一3桁に届かず。チーム防御率も前年のリーグ1位から1点近く落としリーグ最下位に沈む中、2年目の村上之宏が5勝8敗という平凡な成績ながら新人王に輝き、数少ない明るい話題を提供した。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 藤原満
2 新井宏昌
3 門田博光
4 メイ
5 片平晋作
6 小田義人
7 桜井輝秀
8 黒田正宏
9 定岡智秋
投手 山内新一
1978年パシフィック・リーグ順位変動
前期
順位 4月終了時 5月終了時 前期最終
1位 阪急 -- 阪急 -- 阪急 --
2位 ロッテ 2.0 近鉄 5.0 近鉄 9.0
3位 近鉄 3.5 ロッテ 日本ハム 13.0
4位 南海 8.0 日本ハム 9.0 クラウン 13.5
5位 日本ハム 9.0 クラウン 15.0 ロッテ 16.0
6位 クラウン 10.5 南海 17.0 南海 20.5
後期
順位 7月終了時 8月終了時 後期最終
1位 阪急 -- 阪急 -- 阪急 --
2位 近鉄 1.0 近鉄 3.0 近鉄 0.0
3位 ロッテ 5.5 クラウン 8.5 ロッテ 10.0
4位 クラウン 6.5 日本ハム 10.0 日本ハム 12.5
5位 南海 7.5 ロッテ 11.5 クラウン 16.0
6位 日本ハム 9.5 南海 15.0 南海 18.5
前期成績
順位 球団 勝率
優勝 阪急ブレーブス 44 20 1 .688 --
2位 近鉄バファローズ 32 26 7 .552 9.0
3位 日本ハムファイターズ 29 31 5 .483 13.0
4位 クラウンライターライオンズ 28 31 6 .475 13.5
5位 ロッテオリオンズ 25 33 7 .431 16.0
6位 南海ホークス 22 39 4 .361 20.5
後期成績
順位 球団 勝率
優勝 阪急ブレーブス 38 19 8 .667 --
2位 近鉄バファローズ 39 20 6 .661 0.0
3位 ロッテオリオンズ 28 29 8 .491 10.0
4位 日本ハムファイターズ 26 32 7 .448 12.5
5位 クラウンライターライオンズ 23 36 6 .390 16.0
6位 南海ホークス 20 38 7 .345 18.5
1978年パシフィック・リーグ年間成績
順位 球団 勝率
優勝 阪急ブレーブス 82 39 9 .678
2位 近鉄バファローズ 71 46 13 .607
3位 日本ハムファイターズ 55 63 12 .466
4位 ロッテオリオンズ 53 62 15 .461
5位 クラウンライターライオンズ 51 67 12 .432
6位 南海ホークス 42 77 11 .353

*阪急が前後期完全優勝したため、プレーオフは行わずそのまま年間優勝

オールスターゲーム1978[編集]

コーチ 広瀬叔功
ファン投票 選出なし
監督推薦 藤田学 藤原満

できごと[編集]

選手・スタッフ[編集]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
選手名 タイトル
村上之宏 新人王
ベストナイン
選出なし
ダイヤモンドグラブ賞
選出なし

ドラフト[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 高柳秀樹 外野手 国士舘大学 入団
2位 藤田達也 投手 八代東高 入団
3位 岡本光 投手 串本高 拒否・松下電器入社
4位 吉田博之 捕手 横浜高 入団

出典[編集]

[ヘルプ]