村上之宏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
村上 之宏
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 栃木県塩谷郡高根沢町宝積寺
生年月日 (1956-09-09) 1956年9月9日(62歳)
身長
体重
184 cm
75 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1976年 ドラフト4位
初出場 1978年4月3日
最終出場 1980年10月5日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

村上 之宏(むらかみ ゆきひろ、1956年9月9日 - )は、栃木県塩谷郡高根沢町宝積寺プロ野球選手投手)。

来歴・人物[編集]

高根沢商高では、1973年秋季関東大会県予選準決勝に進むが、宇都宮学園に0-1で惜敗。卒業後は社会人野球の日本通運浦和に入団。1976年都市対抗では東芝府中の補強選手として出場。愛媛相互銀行との2回戦では先発し好投、惜敗するものの各球団に注目される。この時のチームメートに落合博満がいた。1976年のドラフト会議南海ホークスに4位指名されるが、会社の慰留もあったため、ドラフトの交渉権を保留したまま残留。1977年都市対抗に日通のエースとして出場し、1回戦で先発するが丸善石油に敗退。その後ドラフト期限内に南海に入団した。

1年目の1978年は開幕から一軍に上がり、先発、中継ぎ、抑えと幅広く起用される。同年は40試合に登板、5勝8敗3Sを記録し、新人王に選ばれる[1]。翌1979年は6月に故障し、2か月を棒に振るが5勝を挙げる。1980年は開幕から先発陣の一角として起用されるが結果を残せず、5月には一時戦列を離れる。8月に復活し2完投を含む先発3連勝を記録するが、その後は打ち込まれ7連敗を喫した。1981年はキャンプで肘を故障、その後は一軍での登板がなくなり、1982年限りで現役引退した。カーブフォークが武器。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1978 南海 40 11 4 1 0 5 8 3 -- .385 561 132.0 126 9 53 2 5 69 1 0 58 53 3.61 1.36
1979 34 7 1 0 0 5 6 2 -- .455 417 90.1 94 13 54 1 7 52 6 0 57 52 5.20 1.64
1980 24 20 3 0 0 4 11 0 -- .267 509 103.2 116 20 87 0 4 49 5 0 90 85 7.36 1.96
通算:3年 98 38 8 1 0 14 25 5 -- .359 1487 326.0 336 42 194 3 16 170 12 0 205 190 5.25 1.63

表彰[編集]

記録[編集]

背番号[編集]

  • 18 (1978年 - 1980年)
  • 16 (1981年 - 1982年)

脚注[編集]

関連項目[編集]