1978年のクラウンライターライオンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
1978年のクラウンライターライオンズ
成績
パシフィック・リーグ5位
年間成績:51勝67敗12分 勝率.432
後期5位:23勝36敗6分 勝率.390
前期4位:28勝31敗6分 勝率.475
本拠地
都市 福岡県福岡市
球場
平和台野球場
球団組織
オーナー 中村長芳
経営母体 福岡野球クラウンライター
監督 根本陸夫
« 1977
1979 »

1978年のクラウンライターライオンズでは、1978年シーズンのクラウンライターライオンズの動向をまとめる。

この年のクラウンライターライオンズは、根本陸夫監督の1年目のシーズンである。このシーズン終了後、ライオンズの経営権が、福岡野球クラウンライター)から国土計画(現:コクド)西武グループ)に移ったため、クラウンライターライオンズとしての最後のシーズンである。また、平和台野球場を本拠地とした最後のシーズンでもある。

概要[編集]

監督が鬼頭政一から根本陸夫に代わったが、ドラフト会議で指名した江川卓法政大学)に入団を拒否され、更に春季キャンプ中に江田孝コーチが急逝と、次から次へと災難が起こる中のシーズン、真弓明信立花義家といった若手や、中日から移籍したウィリー・デービスの活躍はあったものの、投手陣がエース東尾修以外は頼りにならず、結局1位上がっただけの5位となった。

シーズンオフに衝撃的な事件が起きた。10月12日、福岡野球が国土計画に経営権を移管する事を発表、これに伴い本拠地も福岡県から埼玉県所沢市に移動、1950年以来29年続いた福岡のライオンズの歴史は幕を降ろした。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 吉岡悟
2 広瀬宰
3 立花義家
4 デービス
5 土井正博
6 ハンセン
7 竹之内雅史
8 若菜嘉晴
9 山村善則
投手 山下律夫
1978年パシフィック・リーグ順位変動
前期
順位 4月終了時 5月終了時 前期最終
1位 阪急 -- 阪急 -- 阪急 --
2位 ロッテ 2.0 近鉄 5.0 近鉄 9.0
3位 近鉄 3.5 ロッテ 日本ハム 13.0
4位 南海 8.0 日本ハム 9.0 クラウン 13.5
5位 日本ハム 9.0 クラウン 15.0 ロッテ 16.0
6位 クラウン 10.5 南海 17.0 南海 20.5
後期
順位 7月終了時 8月終了時 後期最終
1位 阪急 -- 阪急 -- 阪急 --
2位 近鉄 1.0 近鉄 3.0 近鉄 0.0
3位 ロッテ 5.5 クラウン 8.5 ロッテ 10.0
4位 クラウン 6.5 日本ハム 10.0 日本ハム 12.5
5位 南海 7.5 ロッテ 11.5 クラウン 16.0
6位 日本ハム 9.5 南海 15.0 南海 18.5
前期成績
順位 球団 勝率
優勝 阪急ブレーブス 44 20 1 .688 --
2位 近鉄バファローズ 32 26 7 .552 9.0
3位 日本ハムファイターズ 29 31 5 .483 13.0
4位 クラウンライターライオンズ 28 31 6 .475 13.5
5位 ロッテオリオンズ 25 33 7 .431 16.0
6位 南海ホークス 22 39 4 .361 20.5
後期成績
順位 球団 勝率
優勝 阪急ブレーブス 38 19 8 .667 --
2位 近鉄バファローズ 39 20 6 .661 0.0
3位 ロッテオリオンズ 28 29 8 .491 10.0
4位 日本ハムファイターズ 26 32 7 .448 12.5
5位 クラウンライターライオンズ 23 36 6 .390 16.0
6位 南海ホークス 20 38 7 .345 18.5
1978年パシフィック・リーグ年間成績
順位 球団 勝率
優勝 阪急ブレーブス 82 39 9 .678
2位 近鉄バファローズ 71 46 13 .607
3位 日本ハムファイターズ 55 63 12 .466
4位 ロッテオリオンズ 53 62 15 .461
5位 クラウンライターライオンズ 51 67 12 .432
6位 南海ホークス 42 77 11 .353

*阪急が前後期完全優勝したため、プレーオフは行わずそのまま年間優勝

オールスターゲーム1978[編集]

ファン投票 監督推薦
選出なし 東尾修
真弓明信
土井正博

できごと[編集]

選手・スタッフ[編集]

[1]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
受賞者なし
ベストナイン
選手名 ポジション 回数
真弓明信 遊撃手 初受賞
土井正博 指名打者 初受賞[注 1]
ダイヤモンドグラブ賞
選出なし

ドラフト[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 森繁和 投手 住友金属 入団
2位 柴田保光 投手 あけぼの通商 入団
3位 山川猛 捕手 西川物産 入団
4位 黒原祐二 投手 都城工業高 入団

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 外野手部門で2度受賞しており、通算3度目。

出典[編集]

  1. ^ 西武ライオンズ公式HP 背番号の歴史”. 2017年4月22日閲覧。