1954年の西鉄ライオンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
1954年の西鉄ライオンズ
成績
日本シリーズ敗退
3勝4敗(対中日[1]
パシフィック・リーグ優勝
90勝47敗3分 勝率.657[2]
本拠地
都市 福岡県福岡市
球場
平和台野球場
1954 0602 Heiwadai Baseball stadium 1st night geme.jpg
球団組織
経営母体 西日本鉄道
監督 三原脩
« 1953
1955 »

1954年の西鉄ライオンズでは、1954年の西鉄ライオンズにおける動向をまとめる。

この年の西鉄ライオンズは、三原脩監督の4年目のシーズンであり、球団創設5年目にして初めてのリーグ優勝を果たしたシーズンである。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 塚本悦郎
2 豊田泰光
3 中西太
4 大下弘
5 関口清治
6 永利勇吉
7 河野昭修
8 太田正男
9 田部輝男
1954年パシフィック・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 9月終了時 最終成績
1位 西鉄 -- 毎日 -- 西鉄 -- 西鉄 -- 西鉄 -- 西鉄 -- 西鉄 --
2位 毎日 1.5 西鉄 1.5 毎日 0.5 毎日 0.5 南海 5.0 南海 0.5 南海 0.5
3位 南海 2.5 南海 4.0 南海 1.0 南海 5.5 毎日 5.5 毎日 10.0 毎日 10.5
4位 阪急 4.5 阪急 6.0 近鉄 8.0 近鉄 10.0 近鉄 11.5 近鉄 16.5 近鉄 16.0
5位 近鉄 近鉄 8.5 阪急 8.5 阪急 10.5 阪急 14.5 阪急 阪急 23.5
6位 大映 5.0 東映 11.0 大映 16.0 東映 20.5 高橋 24.5 高橋 30.0 高橋 37.0
7位 東映 6.5 大映 11.5 東映 16.5 大映 20.5 東映 28.0 東映 33.0 東映 38.5
8位 高橋 11.5 高橋 13.5 高橋 17.5 高橋 20.5 大映 31.0 大映 37.5 大映 46.0
1954年パシフィック・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 西鉄ライオンズ 90 47 3 .657 -
2位 南海ホークス 91 49 0 .650 0.5
3位 毎日オリオンズ 79 57 4 .581 10.5
4位 近鉄パールス 74 63 3 .540 16.0
5位 阪急ブレーブス 66 70 4 .485 23.5
6位 高橋ユニオンズ 53 84 3 .387 37.0
7位 東映フライヤーズ 52 86 2 .377 38.5
8位 大映スターズ 43 92 5 .319 46.0

日本シリーズ[編集]

1954年 日本シリーズ
日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場
10月30日(土) 第1戦 西鉄ライオンズ 1-5 中日ドラゴンズ 中日球場
10月31日(日) 第2戦 西鉄ライオンズ 0-5 中日ドラゴンズ
11月1日(月) 移動日
11月2日(火) 第3戦 中日ドラゴンズ 0-5 西鉄ライオンズ 平和台球場
11月3日(水) 第4戦 中日ドラゴンズ 0-3 西鉄ライオンズ
11月4日(木) 第5戦 中日ドラゴンズ 3-2 西鉄ライオンズ
11月5日(金) 移動日
11月6日(土) 第6戦 西鉄ライオンズ 4-1 中日ドラゴンズ 中日球場
11月7日(日) 第7戦 西鉄ライオンズ 0-1 中日ドラゴンズ
優勝:中日ドラゴンズ(初優勝)

[1]

オールスターゲーム1954[編集]

選出選手及びスタッフ
ポジション 名前 選出回数
コーチ 三原脩
投手 西村貞朗
河村久文
捕手 日比野武
三塁手 中西太 2
外野手 大下弘 4
関口清治
  • 太字はファン投票による選出。

できごと[編集]

選手・スタッフ[編集]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
選手名 タイトル 成績 回数
大下弘 最高殊勲選手 初受賞
中西太 本塁打王 31本 2年連続2度目
西村貞朗 最高勝率 .815 初受賞
ベストナイン
選手名 ポジション 回数
西村貞朗 投手 初受賞
中西太 三塁手 2年連続2度目
大下弘 外野手 6年連続7度目
関口清治 初受賞

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 1954年度日本シリーズ”. 2016年6月18日閲覧。
  2. ^ 年度別成績 1954年 パシフィック・リーグ”. 2016年6月18日閲覧。