1971年の西鉄ライオンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
1971年の西鉄ライオンズ
成績
パシフィック・リーグ6位
38勝84敗8分 勝率.311[1]
本拠地
都市 福岡県福岡市
球場
平和台野球場
球団組織
オーナー 木本元敬
経営母体 西日本鉄道
監督 稲尾和久
« 1970
1972 »

1971年の西鉄ライオンズでは、1971年シーズンの西鉄ライオンズの動向をまとめる。

この年の西鉄ライオンズは、稲尾和久監督の2年目のシーズンである。前年、黒い霧事件の処分により、主力4選手を永久追放処分で失った西鉄は、2年連続最下位でシーズンを終えた。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 阿部良男
2 基満男
3 ポインター
4 ボレス
5 船田和英
6 竹之内雅史
7 東田正義
8 村上公康
9 高橋明
1971年パシフィック・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 最終成績
1位 近鉄 -- 阪急 -- 阪急 -- 阪急 -- 阪急 -- 阪急 --
2位 阪急 0.5 ロッテ 2.5 ロッテ 6.5 ロッテ 1.0 ロッテ 3.5 ロッテ 3.5
3位 西鉄 1.0 近鉄 6.5 近鉄 14.0 近鉄 15.0 近鉄 15.5 近鉄 18.0
4位 南海 1.5 南海 12.0 南海 17.0 南海 14.5 南海 16.5 南海 22.5
5位 ロッテ 2.0 東映 13.5 東映 21.0 東映 24.0 東映 28.0 東映 35.5
6位 東映 7.0 西鉄 西鉄 24.5 西鉄 26.5 西鉄 32.5 西鉄 43.5
1971年パシフィック・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 阪急ブレーブス 80 39 11 .672 -
2位 ロッテオリオンズ 80 46 4 .635 3.5
3位 近鉄バファローズ 65 60 5 .520 18.0
4位 南海ホークス 61 65 4 .484 22.5
5位 東映フライヤーズ 44 74 12 .373 35.5
6位 西鉄ライオンズ 38 84 8 .311 43.5

[1]

オールスターゲーム1971[編集]

ファン投票 監督推薦
東田正義 基満男

できごと[編集]

選手・スタッフ[編集]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
受賞者なし
ベストナイン
選出なし

ドラフト[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 吉田好伸 投手 丸善石油下津 拒否
2位 柳俊之 投手 電電北海道 拒否
3位 永尾泰憲 内野手 いすゞ自動車 拒否
4位 若菜嘉晴 捕手 柳川商業高 入団
5位 豊田憲司 投手 いすゞ自動車 入団
6位 望月彦男 投手 電気化学工業 入団
7位 児玉正三 投手 愛媛・長浜高 拒否・クラレ岡山入社
8位 斎藤輝美 内野手 横浜高 入団
9位 大屋好正 投手 和歌山・海南高 拒否・専修大学進学

出典[編集]

[ヘルプ]